ちょっと遅めのお盆 小川記その4

3日目
ちょっと疲れてきてますね〜なんて感じるのも当たり前!
昨日は調子に乗って12時近くまで焚き火を囲んで
みんなで話してたからね〜 タノシカッタ
今日はそんな朝の怠さをぬぐい去るように
昨日のメンバーとボルダーの日です!

まずは行ったことのない水晶スラブ下ボルダーから
犬岩にある簡単な8〜10級でアップ。

一通り皆さん(総勢10人)のアップをしている間に
右にあるルーフ5級をやってみる・・・一撃
さらに右から横にクラックが走っててチョークもある。
ちょっとやってみる。。。 難しい、体感で2〜3級かな?

調べてみると犬小屋(二段!)SDらしい。
でもこれは何となく出来そうな気がしますよ〜!!!

皆さんがルーフ5級をやっている隙間をぬってトライ。
SDからヒール掛けて左手を飛ばす。
右をマッチしてヒールを外して一瞬足ブラに・・・パワー ゼンカイ

c0173794_1138121.jpg


足を壁にこすりつけながら左手を更に飛ばす、当然足ブラ ・・・ウ~ 
さらに右手を持ってきて、やっぱり足ブラ ・・・ウォ〜 
次の一手で5級のスタートまで到着、続けて足ブラ ・・・ウギャ~

叫びながらここまで来たからにはもう落ちれません、
後は2回も練習したヒール〜マントルを残すのみ!
これは初の二段が見えてきましたよ〜 メラメラ

ヒールを掛けて左手出して、ウォ~ 辛いぞ〜 ・・・バタバタバタ

・・・ポテ・・・

落ちました。。。(TT)  

次のトライでは右手が見事に外れて血豆になってしまった・・・
時間と共にだんだん血豆が大きく育ってきたのでトライを断念。。。

二段の道は険しい ムム~

と、思いきや
その後、転戦したクジラ岩で会ったT氏に確認したところ
どうやら私のやっていたのはYMルーフ3級だったらしい。

犬小屋二段はルーフ下のもの凄く狭いところから
SD(シットダウンスタート)で
クラックからスタートはYMルーフだよ〜って・・・(TT)

その後の会話
私   SDでクラックスタートしたのに〜
T氏  手が長いんだね〜
私   ・・・(TT)
T氏  因みに犬小屋のスタートは悪すぎてあり得ないよ〜

確かにあり得えません、さすが二段。
スタンスで足を擦りつけるくらいしか出来ないところを
どうやってSDで保持しろって言うのさ!

乾いているであろうビクターに転戦する気力もなくなり
あとは濡れてベチョベチョのクジラ岩付近でちょっと遊んで帰宅。


帰りの渋滞は凄かった(らしい)。。。
limac運転ありがとうm(_ _)m
談合坂で運転交代して気が付いたら八王子手前だったよ。
寝るまで0.3秒もかからなかったかも知れない・・・(苦笑)
個人的には余り渋滞のイメージは無かったけど
帰るまで時間だけはやたらとかかった気がする

恐るべし日本のお盆? (海外にお盆があるのかは不明)


c0173794_11384128.jpgc0173794_11385238.jpg
[PR]
トラックバックURL : https://crazyjam.exblog.jp/tb/9659213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kunkung at 2008-10-24 18:14
ボン・ドカ 2006年08月19日 18:58
これはいったい何?

アイロンヘッド 2006年08月19日 21:58
これはクライミングと言うスポーツ?で
「廻り目平」と言うところでで「キャンプ生活」をしながら
数日間キャンプ場の周りにある岩場で遊んでいたりします。
ここ以外も含めると年間で30日くらいテント生活してます(笑)

やったことのない人には理解ないらしいけどかなり楽しいよ〜
今度いっしょに来る?
ボン・ドカはかなり身体能力が高いから
あっという間に登れるようになるよ!

クライミングの特徴としては下記を参照
・中毒症状があります。
・限界ぎりぎりで登った後は宇宙と交信できます。
・いまだに「贅沢は敵だ!」が通用する世界です。

クライマーの見分け方
・「僕、無職なんだよね・・・」って言ってみる。

・普通の人の反応は  同情と侮蔑を交えながら 
「大変ですね〜」 と返事が来るが

・クライマーの反応は 羨望とあこがれの目で 
「素敵ですね〜」 と目をキラキラさせながら帰ってきます。

ディープな世界を知りたければ案内してあげるよ!(笑)

ボン・ドカ 2006年08月20日 01:15
普通に登山がしたいです・・・。
Commented by kunkung at 2008-10-24 18:14

おまき 2006年08月30日 22:26
今更ながら読みに来ちゃいました。
クライマーの見分け方に大笑い中

アイロンヘッド 2006年08月30日 22:45
腹わた捩っていってください!
by kunkung | 2006-08-20 11:36 | クライミング | Trackback | Comments(2)