人気ブログランキング |

グリグリの科学

時間できるとギアネタに走るアイロン日記へようこそ!
今回はグリグリ、何が安全で何が危険なんでしょうか?
c0173794_0263756.jpg


まず、当たり前ですが説明書を読みましょう(笑)
ここに書いてあることはそれ以上の部分についてです。
またここの情報を元に事故が起きたとしても責任は持ちません。
オウンリスクでお願いしますよ〜

・基本編 グリグリは何故止まるのか?

c0173794_22483422.jpg

まずは説明書通りにロープを通してみましょう。
上に伸びるのがクライマー側、
下に降りてるのがビレイヤーが持つロープです。
この状態でロープは緩やかにS字を画いているのがわかります。

ここでグリグリを閉じてカラビナにセットするのですが
今回は開けたままでビレイヤーが落ちた時を再現してみましょう。
c0173794_2248914.jpg
赤矢印の部分でカムがロープを挟み込んでいるのがわかります。
グリグリはこの挟み込みの力でロープをロックするわけですね。

ちなみにこのカムは上に跳ね上がった状態の方が
中心点から周辺までの距離が近くなるのがポイントです。


・実際にグリグリがどのような作用でロックするかを見てみましょう。

c0173794_2384636.jpg

1.クライマーが落ちると上に伸びるロープが急激に引かれます。
2.青矢印の部分の摩擦力でカムが跳ね上がります。
3.上に書いた挟み込み効果でロープの繰り出しが減速します
4.クライマーの落下速度は変わらないためにロープの入りと出で速度差が生じます
5.この差を埋めるために緑矢印の部分が短くなるようさらにカムを跳ね上げます。
6.3に戻る

この繰り返しでロープは完全にロックするわけですね。

ここでのポイントは「2」部分の摩擦力で
摩擦が足りずにカムが跳ね上がらないと
それ以降に繋がらないので全くロックが効きません!

逆に言うと一度カムが跳ね上がれば自動的に挟み込みの力が増えて
殆ど力を入れずにクライマーのフォールを止めることができます。

そこでやっとビレイヤーに話が行くのですが
右手でロープをしっかりと持って減速すれば
「2」の摩擦の有無にかかわらず
ロープの入りと出で速度差が生じ直接「4」にいけるわけです。

つまりグリグリの安全な使い方は
いかに右手でロープをしっかりと確保するかなのですが
ここに落とし穴があるんですね〜


・リードビレイと繰り出し

タイトルでわかると思いますがリードビレイをするときに
クライマーが素早くロープを手繰ると誤作動で
グリグリがロックすることがあります。

これを解除するために
「左手でカムを押さえて右手でロープを繰り出す」
このような操作が昔の説明書には書いてありました(今も書いてるのかな?)
私の勘違いだったようです、、、下のコメントを参照してください。


これはキーポイントになる右手を完全に放してしまうので
とてもお勧めできる代物ではありませんが、
実際にロックしてしまったときには一番有効だったりします。

8a.nuには新しい方法として安全な繰り出し方があります。
この方法で殆ど対応できるのですがたまにロックしてしまうと
解除するのはなかなか難しい・・・

とするとビレイをするときになるべく通常の繰り出しや
8a.nuの方法を使って、ロックしてしまったときに必要最低限の範囲で
「左手でカムを押さえて右手で繰り出す」のが現実的です。


これらのことを色々と検証した結果、
ロックしにくいロープを使うと安全につながる! これが私の結論です。
しかもロックしにくいロープだと適度に流れて衝撃も少なくなる特典付き!

相性が悪いと噂されている滑べりやすいロープ、
私は非常に使いやすいと思うのですがいかがでしょう???

※注意 
ロアーダウンも含めこれらの操作は
右手でのロープの押さえが非常に重要になります。
安全第一に手袋着用を推奨します。



c0173794_09398.jpg

ちなみにグリグリで使う安環はD型を使用すると
メジャーアクシスの位置でカラビナが安定するのでお勧めです。
またサイズが小さい方がグリグリが上下に動かなくて快適です。
トラックバックURL : https://crazyjam.exblog.jp/tb/15329247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by climbworks at 2010-10-22 00:51
ん?右手でカムを押さえて、左手で繰り出す、じゃありませんでしたか?
万一の際は、すぐに右手は本来のブレーキハンド(制動手)側に以降できるように。

僕は8a.nu方式ですが、右手人差し指でシェルは持たず、親指だけでカムの持ち上がりを抑えています。
PETZLもこの方式を認めるようになりましたが、以前は提案したら拒否られました(笑)。
細径ロープならば従来の方法(ATCなどとほぼ同じ感覚)でいけますよね!
※JFAの安全BOOK2の16ページにわかりやすい説明があります。
Commented by kounoproclimb at 2010-10-22 10:36
興味深く読ませていただきました。
結局、グリグリは中級者以上用の美麗デバイスだと思います。
僕はTRと作業以外には釣っていませんが・・・・・
それとグローブはどんなデバイスでもあったほうがいいですね!
Commented by アイロン at 2010-10-22 12:27 x
climbworksさん
あれ? 私の覚え違いでしょうか???
だとすると何年も勘違いしていたことに・・・
確かに左手で繰り出す方が安全だと思います。

それに8a.nu方式もいろいろな流儀があるんですね!
安全ブックも今読み返して「あ〜なるほど」と思いました。

より安全性を高めるためにいろいろな方法を試してみます!
Commented by アイロン at 2010-10-22 12:43 x
登攀工作員さん
私もビレイグローブ推奨派です。
グローブを付けている方が圧倒的に楽で安全だと思うんですが
周りを見るとまだ少数派なんですよね〜何ででしょ?
Commented by MONA at 2010-10-22 13:48 x
前からグリグリをつけてた環付きカラビナが回ってマイナーアクシスでビレイ状態になるのが気になっていたので、回り止め付きガイドのついてるDMM(でしたっけ?)の環付きカラビナを導入しました^^

もちろんグローブ常用してます♪
Commented by アイロン at 2010-10-22 20:44 x
MONAさん
グリグリにビレイマスターなんてお金持ち〜
ビレイマスターは私も使ったことがないので
今度遊ばせてください♪
Commented by あっぽ at 2010-10-22 21:19 x
フィリピンのクライミングジム(1つしかいったことないけど)では、グリグリ使ってました。そこのジムではトップロープのみしか取り扱いがない(!)ので、グリグリで確保していただきました。
外岩でも、グリグリしか使ってなかった〜。
あんま使ったことないので、イマイチ使い方知らない〜
Commented by アイロン at 2010-10-25 09:31 x
あっぽさん
トップロープ+グリグリは楽ちんパターンNo.1ですね。
グリグリは慣れると非常に優秀な確保機ですよ〜
でも今から買うならスマートでも良いかも(笑)
Commented by climbworks at 2010-10-25 10:25
すみません、誤)以降 → 正)移行 でした。

シェルの左手持ちは、もしかしたら左利きの人ならばアリなのかもしれませんね。
とにかくブレーキハンド(制動手)がすぐにロープを握れるのが基本だと思います。
Commented by Climber-Kin at 2010-10-25 17:20
初書き込みです。ブログ、いつも拝見させて頂いてます。私もグリグリ派ですが、右手の人差し指と中指の間で軽くロープをはさんだ感じで、右手でグリグリ全体を握って、左手でロープを繰り出しています。制動側の指がロープに触れていれば、いざという時に直ぐに反応できます。それとグローブはいつもしています。通常時は素手でも大丈夫なのですが、クライマーが落石と共にフォールして来た時に、慌てて素手で右手左手ともロープを握ってしまい、ロープが流れて、両手に酷い火傷をしたことがあります。それ以来、グローブは自分の手を守るためにするものだと考えるようなりました。それと、グリグリは流せませんので、クライマーフォール時は、ロックしてビレイヤージャンプです。それぐらいがATCの少し流すぐらいと丁度よい加減ぐらいだと思っています。
Commented by you(動物写真家) at 2010-10-25 21:40 x
オートロックビレーデバイスの最大の意義は、テンションの長い人を止めておくのに、ほとんど握力がいらないことでしょう。登ってパンプした腕を次のトライまでに十分に回復できます。私はこのためにシンチを買いました。
デリケートなビレーをするときは断然ATCです。ロックから制動の長さはロープの握り加減でどのようにでもなりますから。
Commented by climber-kin at 2010-10-25 23:01
管理人Ironさんがレスする前になんですが、you(動物写真家)さま、その通りですね。それだけでなくて、オートロックビレイデバイスはクライマー側にも利益があると思います。ビレイヤーの足場が悪かったり、初心者だったりして、クライマーが不意落ちした時に、ビレイヤーが両手を離してしまった時や落石とかでビレイヤーが意識をなくしてしまった時とか、ワーストケースでもその役割を果たしてくれる点があるかなぁと思います。実は、私はATCのビレイヤーに両手を離されて、フォールしだして、あわててロープを掴んで事なきを得たことがあります。ベストケースやティピカルケースではATCがよいかもしれませんが、ワーストケースを考えると、オートロックビレイデバイスでビレイしてもらった方が安心かなぁと思うことも多いです。
Commented by アイロン at 2010-10-26 12:03 x
climbworksさん
私もその後ネットで今の説明書を読みましたが
右手左手と明記せず「ロープの末端側の手を〜」と書いてありましたね。
私がグリグリを買った頃は英語の説明書しか無い時代で
頑張って解読したのですがどこかに間違いが(笑)

あとclimbworksさんのやり方を家でテストしてみたら
安全性はもちろんロックした後の繰り出しも好印象でした。

こんど実際のクライミングで試して問題がなければ
教えていただいたやり方を習慣にしていきたいと思います。
Commented by アイロン at 2010-10-26 12:15 x
Climber-Kinさん
私も密かにブログチェックさせていただいてます。
小川山庭園おめでとうございます!

ビレイに関しては私も制動側のロープを常に持っているのが
グリグリを使うときの肝だと思います。
ATCだと当たり前なのにグリグリだと忘れられる不思議な肝ですよね〜

Commented by アイロン at 2010-10-26 12:30 x
you(動物写真家)さん
グリグリはテンション長い人(-_-)と体重思い人相手だと楽ですよね。
私もビレイでパンプするのは本末転倒だと思います。

あとclimber-kinさんも書いていただいているように
ビレイヤーの足場が悪いとき、
ロングフォールでビレイヤーが吹っ飛ぶことが想定される場面をはじめ
クラックなどで多いのですが落としたギアがビレイヤーに直撃したり
落ち葉や砂がクラックに挟まっていてそれを払ったら
ビレイヤーが上を見ることができない状況になったり・・・
こういうときはオートロックデバイスの方が安心感が高いと思います。

ATCのように操作性でオートロックが効くようなデバイスがあれば
一番いいんですけどね〜(笑)
by kunkung | 2010-10-21 23:48 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(15)