大堂海岸情報

楽しかった大堂海岸、忘れる前に情報を書いちゃいましょう♪
c0173794_2322493.jpg

情報と書きつつ、今回はベテラン添乗員のしいちゃんに案内してもらってて・・・
人に任せちゃうと覚えないんだよね〜 間違ってたらごめんね(笑)

アプローチ
c0173794_23263258.jpg

大堂海岸までは、車、飛行機、電車、バスなどがあるけど現地では車が必須。
高速1000円の間は乗って行っちゃうのが良いかも。
しまなみ海道とか寄り道するのもお勧め♪

クライミングエリアは城ヶ崎みたいに行きたいエリア近くのPに車を止めて
そこから歩いてアプローチする感じ。道には宇和島山岳会の看板がありました。
エリアによっては支点工作や懸垂が必要。
「幕岩だったらルートになってるかも」って難度の場所が平気であるので要注意です。



結晶が粗めの花崗岩、水晶が落ちてないかと思って色々見たけど残念ながら無し(笑)
登られてる回数も相当少ないみたいで結晶がまだとがってます、
テーピングはしっかり巻いた方がいいでしょう。

登ってる人が少ないせいかポロッと岩が剥離することもあり!
ビレイヤーは一応ヘルメットをかぶった方がいいかも。

あとルートが長いからランナウトしがち、NPセットは確実にね〜

宿泊
c0173794_22353542.jpg

無料テント場が「樫西」「柏島」と2カ所あるみたいだけど私たちは樫西を利用。
水、トイレあり、展望良好で遊歩道の下は屋根付き!
私たちが行ったときは長屋のようにテントが並んでました(笑)

柏島のほうは吹きさらしで風が厳しかったようで、
柏島から避難してきたパーティーがいました。

そのほか大月エコロジーキャンプ場に有料キャンプ場(3000円/サイト)と
バンガロー(10000円/一棟)があってそこを利用してる人もいました。

風呂
ベルリーフ大月で日帰り入浴@500円でした。
タオルはフロントで言うと無料で貸してくれました。

買い物
c0173794_22321456.jpg

大月の町にレトロな雰囲気のスーパーがあり、そこでぼちぼちと買い物が出来るほか
道の駅・大月でも魚や野菜などを売ってました。
名前を知らない魚や初めて知った魚も多々あり。

キャンプ場と岩場の間には「渚」と言う食事処と
となりに昭和の空気を感じる酒屋があって食品が多少手に入ります。

ちょっと車を走らせると山田鮮魚店があってイケメンのお兄さんがいます。
サービスが良かったけどしいちゃんが常連さんだからなのかな???

気候
私が行ったときはたまたまかもしれませんがかなり寒いです。
城ヶ崎よりは確実に寒く、シュラフなどは良い物を持っていく事をお勧めします。

c0173794_22222119.jpg

ここはすばらしいクライミングエリアで本当に「楽園」でした。
あ〜 仕事を放り出してもう一度遊びに行きたい!
でもそんなこと出来ない小心者アイロンなんですよね〜(笑)

最後になったけど行くきっかけを作ってくれた登攀工作員さん、
案内をしてくれたしいちゃん本当にありがとう!

また行くぞ〜!
[PR]
トラックバックURL : https://crazyjam.exblog.jp/tb/13511859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 若葉 at 2010-01-22 17:36 x
大堂ではお世話になりました。
柏島から避難してきました。強風でテントが海まで行ってしまいそうでした。アイロンさんのブログは以前も時々拝見していましたが、写真がとてもきれいですね。
私も大堂、「また行くぞ~。」
Commented by アイロン at 2010-01-22 21:06 x
若葉さん
大堂ではありがとうございました!
東京からあんなに離れたところで
このブログを見てくれてる人に会うなんて♪
また行きましょう\(^_^ )( ^_^)/
Commented by えのきど。 at 2010-01-22 23:38 x
楽しい時間をありがとうございました。

写真素晴らしいですね!!

壊れていたProjectとJet7は無事修理されて治ってきました。ただ部屋をあさったところ、履かなくなった靴が出てきましたのでまたどこかで。
Commented by アイロン at 2010-01-23 14:46 x
えのきど。さん
こちらこそ色々とありがとうございました。

初リソールはどうでしたか? 
ソールの違いも含めて感想をアップしてください♪

あと要らないシューズは是非お願いしますm(_ _)m
幕岩の清掃とかに来るようならそのときにでも♪
by kunkung | 2010-01-17 23:28 | クライミング | Trackback | Comments(4)