美蕃登

「遊びに来て〜」と嬉しいお誘いに乗って行ってきました関西ツアー
フリーファンの表紙にもなった「美蕃登」をトライしてみたかったんだよね〜♪

10年前は夜行で北山公園に行って次の日からバリバリ登ってたけど
今回は娘もいるしそんな体力もありませんw

ゆっくり移動して初日は登攀工作員さんが開いたジムへ!
お久しぶりに二人が合うとやっぱり喋りが止まりませんw
いろいろと物を知ってる人と話すのは楽しいですね〜有意義な話をありがとうございます。

端からマンスリー課題を登ってバッジをゲットしちゃいました(^^)v
ジムでは珍しくクラックがあったりしてなかなかポイント高いですね〜♪

クライミングジムが初めてのチョッキーは不思議な色のホールドにキョトンとしてたけど
慣れたらホールドにぶら下がって遊んだりしてました、将来有望だねw
c0173794_23334292.jpg

翌日はJibeに案内してもらって目的の美蕃登へ!
明け方まで降った雨のせいか下地は川になってたけど岩は登れるコンディション!

久しぶりのクライミングでお父さん頑張っちゃうよ〜
なんて気合を入れて登ったけどだめでした。。。

c0173794_23135923.jpg
垂壁くらいまでならこれまでの経験で誤魔化せるけど
ルーフになるとやっぱりトレーニング不足は否めません。

I shall return !


Jibeはじめお世話になった皆様ありがとうございました。
また遊びに行きま〜す\(^o^)/



記録
美蕃登 x


[PR]
# by kunkung | 2018-10-31 00:13 | クライミング | Trackback | Comments(0)

前回は花崗岩の基本的な特性とクライミングに付いて書きましたが
今回はガマスラの崩壊について。
c0173794_22492189.jpg
花崗岩は長石が風化すると粘土質の土に、
残った石英は結晶のままポロッと落ちて砂になります。
これらの出てきた大小の粒子を合わせて真砂土といいます。

この真砂土が川に流されると比重などで別れて堆積して
白い砂浜になったり、粘土鉱床になったりしますが
小川にような山の中ではまだ大小の粒子が入り混じった状態で堆積しています。

真砂土&土砂崩れをググるといろいろと情報が出てきますが
ザクッと書くと粘土質の細かい粒子と石英質の砂が混じったところに
水が流れたら細かい粘土質が先に流れ出ていきますよね。
粘性が殆ど無い石英の砂になったらば崩れるのは時間の問題って話です。

あとは木の根がどのくらい耐えてくれるかって話になってくるんだけど
木の根が激カチ(なの?)で耐えてる岩表面の結晶も
雨で侵食されるとポロッといっちゃうんだよね〜
ここでも長石が酸に弱いってのがネックになってます。

まあ花崗岩体の土はこんな感じだから岩の斜面に張り付いている土は
剥がしやすく復活しにくいのです。
そして一度崩れると大規模に崩れやすいってのも覚えておきましょう。


今回はガマスラの基部が大崩壊したみたいですが
人的な被害がなかったのは良かったですね〜

話によるとガマスラの基部からガマクラックの方面にかけて土が流れたみたいだから
ガマクラックエクステンションとかできてないかな〜なんて勝手なことを思ってみたりしてますw



※おまけ情報
花崗岩は長石の風化以外にも熱で壊れたりもします。
石英と長石の熱膨張率が違うので急加熱(急冷却)すると
結晶がぱちんと弾け飛びます。

なので濡れたホールドをバーナーで乾かして・・・なんてやると
乾かしたかったキーホールドの表面がパチンと弾けたりすることになりかねません。
岩にバーナー使うのはやめましょうね〜


おしまい


[PR]
# by kunkung | 2018-10-11 23:14 | クライミング | Trackback | Comments(0)

石と岩と登りの関係

お久しぶりです、アイロンです。
ガマスラが大崩壊起こしたみたいですね。。。

最近ちょっと石のことを勉強しているので気まぐれで書いてみる
岩石方面から見る解説とクライミングとの関係についてです。

石って書いたり岩って書いたりしてますがそもそもこの違いは何でしょう?
ぐぐると「大きさ」だとか「岩盤に付いてるか」とか出てきますが
私の感覚だとこんな感じで別れています。

〇〇石って名前のものは2種類あって一つは御影石とかの商品名(クライミングとは関係ない)
もう一つは鉱物そのものを示すことが多い気がします(例)長石、方解石 など
そしてただ「石」といった場合は小さい岩を示すのでしょう。

それに対して岩の名前ってその岩の「できかた」を示すものが多いです。
火成岩も堆積岩も変成岩もすべてどうやってその岩ができたかを示すもので
それぞれの岩の中に長石とか方解石とかいろいろな鉱物が含まれています。


我らが小川山の岩はご存知「花崗岩」です♪
造岩鉱物としては「石英」と「長石」+その他有色鉱物(小川では少ないです)
岩石分類だと火成岩の一種で、もうちょい細かく書くと深成岩の一種で、
あと一つ細かく書くとケイ素(Si=シリコン)を多く含んだ岩石です。

なんで突然シリコンかと言うと・・・クライミングには関係ないから略w
興味ある人は後日書くかもしれないからリクエストしてみてね♪

もとに戻って石英と長石だけど、
石英は(SiO2)ありふれた鉱物で、きれいな結晶だと水晶と呼ばれます。

・自然界で非常に安定です
・モース硬度7で硬い物質です
・六方晶系の角ばった結晶を作ります(水晶の6角形だよ)

下の写真は一般的な水晶の結晶
c0173794_21015990.jpg

長石は色んな種類があるんだけど(Si,Al)4O8の基本形にNaとかKとかがひっついてます。
色んな種類があるので大雑把な説明になりますが特徴はこんな感じ。

・一部非常に風化しやすいものがあります
・モース硬度は6〜6.5で石英より柔らかいです。
・結晶系は種類により多様です。

下の写真は正長石の結晶
c0173794_21020171.jpg

花崗岩のフリクション最高だよね!
このフリクションは柔らかい長石が先に削れて
石英の鋭い結晶が表に出てくることで出てくるんですね〜(たぶん)

そして長石は早いと1mm/100年(斜長石の場合)単位のオーダーで風化していくから
花崗岩は長い年月で長石部分が風化してスカスカになって行きます。
クライミングで使われていない部分の花崗岩は表面がポロポロ取れますがあれです。

逆にクライミング(開拓)で表面が削れるとさきほど書いた
石英と長石の関係が成り立つようになります。


続く










[PR]
# by kunkung | 2018-10-10 21:05 | クライミング | Trackback | Comments(0)

クリーンクライミング

クライミング行けてない私がこんなのを書くのもあれですが、
クリーンクライミング小川2018を今年もやりますよ〜

c0173794_23344845.jpg
私もこれだけは行く予定なので見かけたら声かけてね♪

[PR]
# by kunkung | 2018-09-26 20:33 | クライミング | Trackback | Comments(0)

Happy Birthday!

チョッキーを家族に迎えてからまる一年!
去年の今頃は出産の感動で涙してたんだな〜

そして今日ははじめての誕生日!
プレゼントを用意して、ケーキをlimacが作って
チョッキー大好物のぶどうを用意して、、、

そこまでやったのに発熱でダウンのチョッキー(涙)
c0173794_23312063.jpg
しょうがないから私は工作中の物を見て癒やされに。。。
ふっふっふ、これさえ出来れば家でもトレーニングが♪





[PR]
# by kunkung | 2018-09-25 23:32 | 育児 | Trackback | Comments(0)