NIYOD LOVER

NIYODO LOVER」バッタ先生が作ったトポが届きました。

最近は時間はないし最近体調も悪いしでクライミングできてないけど
モチベーション維持には良さそうな感じ♪
c0173794_21412843.jpg
内容はモノクロ166Pの大作で
コラム付きトポといった感じで読み物としても面白いです。
実際にボルダーに行くかどうかは微妙なところだけどw

体裁はISBNなしの完全自費出版。
印刷代だけでも相当な負担だよね、そのリスクを飲んだバッタ先生に拍手!

それにしてもローマ字がどうしても
「ニョードーラバー」に見えちゃう私は心が病んでるのかな(ーー;)





[PR]
by kunkung | 2017-07-24 21:58 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

100岩@iPhoneアプリ

怪我して仕事もままならないからブログ書きでも勤しんでみましょう。
今日のネタは100岩@iPhoneアプリ。

サックリと使ってみた感想
・グレード別でエリア内のルートが分かるのは便利
・購入してないトポでもアプローチ情報とかが出るのは良い
・記録を残せるのは面白い機能だけどメモがほしいな〜
・動作が遅い
・現人神とか発表されたはずのエリアが未収録

ここまではいい部分もあるし微妙な部分もあるけど許容範囲でしょう。

でもルート名からの検索がメインで
トポからルートを探すことが出来ないのは大問題です!!!

クライミングする時に欲しいと思う
情報の順番と真逆ですからね〜

普通の人はトポが必要になるような新しい岩場に行く場合
1.岩場までのアプローチを調べる
2.たどり着いた岩場がどこなのかトポと見比べて確認
3.着いたエリアの中で登りたいラインを探す
4.そのラインが自分に適性なルートなのかをトポで確認する。

こんな順番だと思うんです。

勿論登りたいルートがあってそれ一本の為に訪れるエリアもあるけど
それでも最初は岩場へのアプローチを見るでしょ?

だから行くエリアを選んだら
1.アプローチ図が出てくる
2.トポが出てくる
3.ルート詳細が出てくる
この順番で表示するのが妥当だと思うんですよね〜

このアプリみたいにルート名からしかトポを呼び出せないって
凄く困っちゃうと思うんですよね〜

あとトポをスワイプしたら隣エリアのトポも見られるようにしてほしいな〜
クライミングするとき自分だけの都合でルートとかエリアを決められないでしょ?

半分は自分の思うルートをトライできても半分はパートナーの行きたいエリア付近で
自分が登るルートを探すのが普通だと思うんだけど
その時に付近のトポを見れないのって不便な気がします。

このあたりクライミングをする人の
基本的な行動にそぐう形でアプリを作って欲しいな〜

それに+αしてトポの番号をタップしたらルート詳細が出てきたり
ルート詳細からトポを出したらラインが赤く光ったりしたらもっといいのに♪


そんなこんなで今のところの印象はまだまだ未完成な感じ。
期待していただけに文句が多くなっちゃったけど
こういうソフトはアップデートでどんどん良くなるたぐいのものだから
今後を期待しましょう♪


ここまで書いておいてあれだけどやっぱりトポは紙がイイな〜
なんて思うのはオジサンの証拠なんでしょうか?
指にチョーク付いてるとiPhoneのタッチパネルち反応悪いんだよねw
[PR]
by kunkung | 2013-05-23 21:35 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)