タグ:シューズ ( 57 ) タグの人気記事

サイズ有るけどどう? ちなみにメーカー在庫はもうありません!
モンチュラカップの4日前にこんな殺し文句にやられちゃいましたw

c0173794_21554144.jpg
そんなこんなでモンチュラカップ当日はぶっつけ本番で登ってたけど
慣れないシューズでもフルートブーツのほうが良いと思えるくらい違いましたね〜
ホントにクライミングシューズとアプローチシューズくらい違います。!

でもフルートブーツって謎ギアだよね。
私も去年も何となくフルートブーツについては調べてみたんだけどよく分からず。

どんな種類の物があるかは勿論どんなところで売ってるかすら不明だったし
今でも売ってるところってデナリくらいしか思い浮かばないしw

闇にスパッと光を当てちゃいましょう♪ 
私の知る限りでねw


c0173794_22141318.jpg
まずは私が買ったアイステックプラスから。
イワタニの取扱で日本語HPもあります。

フルートブーツとしては温かいけどちょっと重め、でも登山靴よりは相当軽いです。
実測すると片足(アイゼン付き)745gで私のダヴァイ(アイゼン無し)より軽いです。

足型は細身で甲高、シューズが硬めだから足に馴染むまではちょっと時間がかかりそうです。

ジッパーが弱いって話だけど実際どうなんでしょ?

私のサイズでは42で指先がちょっと動くくらいな感じです。
アイゼンはDリンクスです。


c0173794_22292839.jpg
こちらも日本語のHPがあるスカルパのレベルアイス。
64800円で安く見えるけどアイゼン別売なので要注意です。

上のアイステックプラスよりも靴全体の作りはしなやかで
フィット感も足の自由度もありました、でもその分ちょっと寒そうな感じです。
それなりに暖かいらしい。

紐じめの替わりにワイヤー+ダイヤルで締めるシステムです。
登る時にぎっちり締めて、登り終わったらワンプッシュで緩められるところは
コンペとかゲレンデ向きで良いかも?

気になるのは土踏まずの盛り上がりが凄くて足入れはちょっと不快なところ。
中敷きで工夫すると良いって話だったから解決法はあるみたい?

あと履くときもネオプレーンソックスみたいにギューギュー足を入れなきゃで
このあたりが壊れやすいみたいです。

なにやらマイナーチェンジ版が出てるらしいから
変わってからのモデルを待って買うのが吉なのかな〜?

世界のN島くんによると
マイチェンはソールがビブラムになって、BOAシステムがチョビッとデザイン変わるだけです。
とのこと。

私のサイズ感で42がぴったり、41だと指先曲がって蹴り込みが痛かったです。
アイゼンは別売のラプターです。



c0173794_22391098.jpeg
はい、ASOLOさんは一度だけ履かせてもらった事があります。
日本での取扱はないけど個人輸入なら出来るのかな?
それともASOLO取扱のモンベルに頼んでみると良いの?
ペツルマークもあるからアルテリアでもなんとかなるのかな???

よくわからんけど薄くて軽かったのは覚えてます。
おそらく保温性は低いでしょう。

履かせてもらったサイズとかはもう覚えてないけど足型は記憶に無いから素直なったのではないかとw

アイゼンはDリンクスです。


・Sportiva メガアイス

c0173794_22460396.png
前にチャーさんのを借りて履かせてもらったんだけどこんな色だったかな???
買った年代によって色が違うのかな?

ASOLOと同じで防寒性能を無視して軽さを求めたタイプでした。

これも日本での取扱がないから個人輸入になるんでしょうかね〜

アイゼンは写真だとラプターだねw
サイズもいくつを借りたのか不明〜 
チャーさんのはEUR41でした、情報ありがとう♪


・KayLand Ice Dragon?

c0173794_22475220.jpg
写真のやつを借りて登らせてもらったと思うんだけど・・・
履き心地も素直だったしそれなりに保尊性もあって良い感じでした。
タイプとしてはアイステックに近いのかな?
ただ何処で売ってるのかとか何もかも不明ですw




ここからは全く履いたことがないシューズたち



・ボリエール アイスミュータント
c0173794_22543966.jpg
温かいらしいけど見た感じフルートブーツにしては小太りw

つま先のゴムが柔らかいから氷とかで使うときには工夫が必要との情報あり。




Lowa Ice Comp GTX

c0173794_22555607.jpg
隊長が履いてる靴、良いな〜なんて感じで見てたけど実際どうなんでしょ?
ちょっと昔のモデルみたいで今もあるのか不明。
隊長に聞けばわかるのかな???

隊長に教えてもらいました。
アイスコンプは現行品で来季からイワタニプリプスでの取扱になるとのこと!





他にも色々あると思うけど私は知りませんw
もし知ってる人がいたら教えてね♪


20170317 追記アリ(緑文字)

[PR]
by kunkung | 2017-03-17 20:09 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

マダガスカルから帰ってきたら旅だったシューズも帰ってきました♪

c0173794_23360016.jpg
今回はみんなのもまとめて出したから合計8足!
帰ってきたシューズと剥がしたソールを見てみるといろんなことが分かりますね〜

c0173794_23354792.jpg
c0173794_23355014.jpg

まずシューズ、上が私の初代カタナレースで3回目のリソール、
下が私の3代目カタナレースで初めてのリソール。

ダウントゥ具合がぜんぜん違います(^_^;)

普通に考えたらリソールを重ねる毎にダウントゥが減っていくと思うんだけど
今回は新しいシューズのほうがストレートになっちゃってます。

これは単純に新しい人が入ったみたいだから
作業した人が違うんでしょうね〜

今まではずっとダウントゥした状態で仕上がってきたから
ダウントゥしてるのが荒川さんが作業したシューズなんでしょうか?

私の場合はクラック用で使うからストレート仕上げもいいかも?
両方履き比べて次回から好みに応じて作業人を指名できないのかな〜♪

c0173794_23360526.jpg
あと、最近は剥がしたソールをもらってます。
集めたみんなのシューズ分も返却してもらって着服してます、はいw

剥がしたソールのシューズは左からミウラー、バイソン、カタナレース、カタナレースです。
ミウラーとバイソンはシャンクがソールにくっついて来ちゃってますね。
それに対してカタナレースはくっついてきている気配がありません。

まだカタナレースを自分でばらしたことはないけど
入ってるシャンクはテロっとした樹脂なんでしょうか?

それに対してミウラーとかバイソンは繊維質の樹脂シャンクで
ソールを剥がすとシャンクが部分的に剥がれてシューズの剛性が落ちます。
この辺りはシューズのリソール耐性に大きく影響しそうな部分ですよね。

ただP3ソールはリソールを繰り返すと突然内部崩壊して
ポコポコになっちゃうことがあるからリソールに強いかって言われると。。。

ただ経験則的に言うとこのP3パーツの接着強度は
初期のものよりも現在のモノのほうが強くなっている気がします。

まわりのみんなも出始めの頃はポコポコになってたけど
最近はそういう話をほとんど聞かなくなってるんですよね〜
もしかしたらバーチの方でコッソリと対策を練ったのかも???
この辺りはただの推測だから間違ってても文句言わないでね〜w


さ、ブログ書いてばっかりじゃなくて登らないとね♪
明日は久し振りのクライミングでビックロック!



[PR]
by kunkung | 2014-11-30 00:21 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

2011年にクラックシューズをカタナレースに切り替えてはや4代目。
ついでにフェイス用のも2代目を買って私のカタナレースは合計6足!
別にシューズに魂売ってるわけじゃないからね〜www

c0173794_13252334.jpg
いつも通り岩場に連れて行く前にさっくりと改造したんだけど
FBでリクエストされたからさっくりとアッパーラバーの貼り方を公開♪

c0173794_13252864.jpg
私がアッパーラバーを張るときに用意してるもの達です。
左から「ノギス」「木型」「シューズ」上に「アッパーラバー」。
これにグラインダーとかガスコンロとかを使ってます。

サクッと書いてるけど核心は木型を作るところかな〜
私の場合足型とシューズの形の型を紙にで作って
その差を上手くやりくりしながら木型を作ってます。

使ってる木材は加工しやすいSPFの1×4です。
1.8mの長さで198円(近所のスーパーバリュー調べ)と
リーズナブルなのも魅力♪

木型作りに成功するとアッパラバーを張った時に
しっくりとするシューズになると思います。
最初は失敗すると思うけどやり直し効くしレッツチャレンジ♪

c0173794_13253050.jpg
次はアッパーラバーの整形。
研究結果、カタナレースだと厚み1.5〜1.8mmがちょうどいいみたい。
私のシューズはc4でlimacのものは柔らか目のXSグリップで作ってます。
同じシューズでもサイズとか体重が違うと感覚が変わるからね〜

ラバーはいらないシューズのソールを引っぺがして再利用してます。
厚みを削るのはグラインダーでやってますが持ってない人は
ランドラバーを利用するといい気がします。

5.10系のランドラバーはアッパーラバー向きです。
スポルティバのは使いにくい、ボリエールはやめたほうがいいでしょうw

c0173794_13252234.jpg
そんで貼り付け。
私はコニシボンドのG17で貼ってます。
木型をシューズに突っ込んでシワを無くした状態で作業しましょう。

まずは説明書通りシューズとラバーの両面に塗布して乾燥。
そこからラバーを持てる限界まで加熱しつつ
シューズ本体もガスバーナーで温めます。
  ↑
シューズは熱しすぎると他の接着が剥がれるから要注意

後は熱いのを我慢しつつぺたっと貼り付ければハイ完成♪
接着が安定するまで1日くらいそっとしておきましょう。

c0173794_13405643.jpg
アッパーラバー貼った初代(右)〜4代目(左)のカタナレースたち。
微妙にアッパーの形がが違うのは工夫をこらしてる証拠なんだけど
この程度の微妙な差は性能にそれほど大きな影響を与えないかもw

どっちかと言うと使ってる年数とかリソールの回数の方が
使い勝手とか登りに影響が強いかな〜

初代が2回、2代目が1回リソールしてるんだけど
2回リソールしてる初代が一番靭やかで登りやすいかも。
このまま3回めのリソールにも出して見る予定♪

さ、これを読んだあなたもなんちゃってシューズ職人!
頑張ってシューズ改造してみよう♪













[PR]
by kunkung | 2014-04-09 20:21 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(2)

この前のビックロックで拾ったシューズネタ
あの日S君が使ってたシューズが凄いの!
c0173794_15212971.jpg
ぱっと見は普通のテスタロッサなんだけどよく見ると・・・
c0173794_15213412.jpg
ソールが二重???

c0173794_15213121.jpg
横から見てもソールが二重になってます。

このシューズは貰い物らしいんだけど

つま先が削れる
 ↓
ソールを前にずらして貼り直す
 ↓
エッジ削れば元通り♪

このルーチンでかなり長い間シューズを履いてられるらしい!
すげー この発想はコロンブスの卵!!!

実際にリソールするとわかるけど難しいのは
元のソールを剥がすところだからね〜

ソールの上にまたソールwww スゲ〜
人間、固定概念にとらわれちゃ駄目だよね♪

ちなみにこのシューズを履かせて貰ったけど足裏感覚はもちろん皆無
ジムだと硬くて弾かれるけど外岩だと・・・もっと履きたくないw
でも腰が抜けたシューズにこの改造をしてジム用にするのはありかも?
ランド修理用のラバー(まだ売ってるのかな?)なら薄めで良い?

ジム用シューズで死にかかってるミュータント君とか
腰が抜けてジムシューズに格下げされたバラクーダ君を改造してみるのは手かも?

この春からクライミングシューズは爆値上げらしいから
こんな方法を教えてもらえるなんて嬉しいね〜www





[PR]
by kunkung | 2014-03-06 21:05 | クライミング | Trackback | Comments(0)

ピーカンの小川 その1

お天気の神様ありがとう!
抜けるような青空の下で3日間クライミングを楽しめました♪

10/12 小川山 左岸スラブ
初日はマッタリ登りたいな〜ってことで左岸スラブ。

アップでトムといっしょを登ってたら周りで
蜂がブンブン・・・(T_T)キイロスズメバチ
c0173794_20435961.jpg

岩塔右のクラック上に大きな巣がありました、みんな気をつけてね〜

ジャーマンTRでアップその2をした後にピンチのOSトライ!
スラブは難しいよね〜クライムダウン気味のトラバースが面白かった♪

後は開拓魂冷めやらぬ竹さんと一緒に岩を見に行ったり
きのこを探してこの日は終了〜

この日一番の収穫は噂のスラブ王と会って靴の話ができたところかな?
キーワードはハーフ上のカタナレース!

私のカタナレースはフェイス用が38hで
クラック用が40だからスラブ用は39ってところか?

39だとシンハンドクラックには弱くなるけど
フェイスは圧倒的に楽になるからこの辺りのサイズはちょっと興味ありかも。

でもクラック用カタナがまだ3足もあるから
当分買うことはないんだろうな〜

c0173794_2117844.jpg

キャンプ食とは思えないレベルのお好み焼き♪

記録
トムといっしょ 再 スズメバチに注意!
ジャーマン TR× 見事に滑った・・・
ピンチ OS ムーブは面白かったけど周りのボルトにげんなり
[PR]
by kunkung | 2013-10-15 21:14 | クライミング | Trackback | Comments(2)

試し履き@カラファテ

この前ちょっとカラファテに寄ってみた。
お目当てはクライミングパンツだったけど良いのは無し。
ついでにニューシューズの試し履きさせてもらいました♪

c0173794_17505297.jpg

皆んなが欲しがるインスティンクトVS
こりゃ凄い、足を入れた時からわかるあたり靴!
カタナレースが38hだとインスティンクトVSは40〜40hくらいかな?

私の場合ソリューションだとつま先が細すぎて駄目だけど
これならいい感じです、幅広の人はいいのかも♪

c0173794_1755583.jpg

ちょっとこっちも履いてみませんか? と出してくれたのがベイパーS
これも足型がピッタリでいい感じ!
アッパーがシンプルだから自分でトゥーラバー貼りやすそうだし
値段もリーズナブルだし良いシューズを紹介してもらいました!

これは40h〜41くらいのサイズでクラック用に使ってみたいな〜
でもスリッパだからサイズを上げるとちょっと厳しいか?

これの紐があればな〜と思ったら本国にはありました

c0173794_183073.jpg

履いてみたいぃぃぃ〜
日本にも色んなバリエーションの商品を輸入してほしいな〜
テクノも結局日本に入ってこなかったし、、、

頑張れロストアロー!!!


結局カラファテでは何も買わずに出てきちゃいました、、、スマヌ
[PR]
by kunkung | 2013-10-10 21:41 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

怪我する前日にバーチのリソールが届いた間が悪いアイロンです。。。
ここ最近バーチは人気みたいでリソール2週間待ちみたいですね〜

さてリソール、今回出したのはカタナレース×2です。
初代クラック用カタナレースがリソール2回目
2代目カタナレースが1回目のリソールです。
そしてこの前買ったカタナレースを合わせると
リソール回数違いのクラック用カタナレースが3足揃うことに♪

c0173794_1337414.jpg

3足並ぶと壮観ですね〜左から初代2代目3代目♪

写真で気がつくと思いますがシューズの厚みが全然違います!
リソールを重ねるごとに薄くなっていくんですね〜
そしてソール側を見るとリソールを重ねるごとに
だんだんつま先が丸くなっていってます。

c0173794_13474471.jpg

同じく左から初代2代目3代目のカタナレース。

バラクーダの時は1回リソールしただけでシューズの腰がなくなってきて
2回目のリソールは悩んでやめちゃったんですが
カタナレースは2回目のリソール終了後もしっかりと腰があります♪

リソール無しよりも一回リソール(C4)したほうが
靭やかで使いやすくなってたから2回目が凄く興味あるんですよね。

靭やかで薄くなったメリットと形が崩れてくるデメリット
どっちが大きいんでしょ?

ホントはこの3足を履き比べてブログ書きたかったんだけどな〜
膝が治ったらまた詳細にレポートを書いてみる予定です♪




   
[PR]
by kunkung | 2013-05-24 20:19 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

2011年にクラック用シューズをカタナレースに切り替えて早2年。
2足目のカタナレースもやばくなってきたので3足目を購入しました。
フェイス用も合わせると4足目www

なんか久しぶりに履いてみるとちょっと細身になってるのかな?
c0173794_1159437.jpg

左ー初代 中ー2代目 右ー今回買った3代目

写真で比べてみると分かりにくいけど新品の3代目は
ターンインが厳しい気がしますがどうなんでしょ?

1年も履くとソールの形も多少変わってくるんでしょうか?
それとも個体差???


c0173794_11591574.jpg

トゥボックスの厚みを見てみるとやっぱり初代が一番薄いですね〜
ラバーで薄くなった上にリソールまでしてるから当たり前かw

初代 アッパーラバー+リソール
2代目 アッパーラバーのみ
3代目 買ったまま


ここはサックリと3代目にもアッパーラバーを貼るのが正解でしょ。
いろんな人から提供してもらった剥がし済みラバーで
サイズが合いそうなのを探しましょう。

c0173794_11591719.jpg

それにしても左上のソール、ボロボロですよねwww
じつはひらひらさん提供のソールなんだけど
強者どものシューズは母趾の当たりが全体的に薄くなるんですよね〜

前傾壁を多くやってるのもあるんだろうけど
母趾のチカラがクライミングパワーの源泉なんでしょうか?


今回のアッパーラバーは面積が必要だから
つま先以外とてもきれいな私の再生ソールを使って貼り貼り。

ついでに2代目ももうちょっとトゥボックスが薄くなるように貼り直して
カタナレース@アイロン改造バージョン4足揃い踏み〜
c0173794_11591920.jpg

登るシューズができたから初代と2代目はリソールだしにしてみよ。

カタナレース@クラック用は一度リソールして
ちょっと剛性感が落ちたくらいが一番使いやすい気がします。

2回目のリソールはどうなるんだろ?
剛性感が落ち過ぎて登りにくくなっちゃうかな?
それともしなやかになってもっと使いやすくなるかも???

また気が向いたらブログにアップしてみる予定です♪
[PR]
by kunkung | 2013-04-03 21:56 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

世間はGWですね・・・(T_T)
出かけられない私はギアブログでシューズネタ。

c0173794_063238.jpg


クラックシューズに関しては色々書いてきたけど
フェイス用にかんして書くのは初めてかも???

フェイス用クライミングシューズはメジャー路線ど真ん中だから
クラック用と違って選択肢がいっぱい!

そのなかで私はカタナレース38hを次期本気靴に選んだわけですが
クラック用シューズは同じカタナレースでも40です。

なぜそういうサイズ選びになるのかなどの理由などを交えながら
私なりのシューズの選び方を書いてみましょう。

1.なぜ趾を曲げて履くのか?

あたりまえですが細かいスタンスに乗るためですよね。
じゃ、小さいシューズで趾を曲げて履くと何で細かいスタンスに乗れるんでしょう?

このあたりは実際にやってみるとわかります。
裸足になって細かいエッジにたってみましょう。

まぁ立てませんね、普通の人は裸足じゃ立てませんw
でも一番体重がかかる趾の形があると思います。
c0173794_225385.jpg

大体の場合趾が曲がると思いますがそれが趾を曲げて履く理由です。

つまり一番体重をかけやすい趾の曲り方をするシューズのサイズが
フェイス用クライミングシューズの適正サイズになるわけです。

マゾヒスティックな快感に酔いしれる為じゃ無いんですね〜w


2.つま先の形状は?
ターンイン(左右方向)とかダウントゥ(上下方向)の
バリエーションがあるけどまずは左右方向から。

基本的には手の指もそうだけど細かいものをもとうと思ったら
指を開くよりも閉じるほうが力が入りやすいんです。

クライミングシューズはその形を再現するために
つま先に向かって左右から絞られているわけですが(たぶんね)
最長部の位置や絞り方がシューズに寄ってまちまちです。

これも実際にシューズを履く想定で趾を曲げて
自分の手で左右から趾を絞ってみるとどういう形をしているかわかります。
きつい靴下を履いて趾を曲げてみるのでも可。

その状態からさらに足の裏全体も左右から絞り込まれるわけですが
つま先の形のイメージは着くと思います。

母趾と2趾の長さのバランスと趾の長さ(長いと色々ごまかせる)などで
ターンインシューズがいいのかノーマルがいいのかが別れてきます。

c0173794_23132848.jpg

だいたいいい所まで決めたらあとは赤い部分の伸びで
個人差を吸収すればOKですね〜
イラストでは趾が伸びてるけど気にしてはいけませんw

で、残るはダウントゥかフラットかです。
これに関しては色々とカタログに書いてあるので悩みますよね。

私も色々と試して考えたのですがファイナルアンサーが出ました。
ずばり趾の第3関節を曲げるか伸ばすかで決まるです(たぶん)

同じホールドでも第3関節を曲げるタイプと伸ばすタイプがいるのと同じで
私は足の指もどちらかに分かれるんじゃないかなと思ってます。

私は第3関節を曲げてるほうが好きなタイプだからダウントゥ好き。
ハングは勿論スラブも一足のダウントゥシューズで登ってます。
具体的にはスティンガー→テスタロッサ→カタナレースです。
足の裏の筋肉を使うタイプってことですね♪

逆に第3関節を伸ばすタイプもいますよね〜
その人はミウラーとかフラットな靴が好みだと思います。
このタイプは脹脛の筋肉をうまく使ってるはずです。

ちなみに私はフェイス用シューズでフィンガークラックも登るから
つま先がとんがったシューズを選んでます。
普通のフェイスクライマーは関係ないけど参考まで。


3.固さは?
私は固めが好きですが趾の力が強い人は柔らかいほうがいいんでしょうね〜

ただしこの体感の固さはシューズのサイズに寄ってかなり違います。
小さめのシューズは硬く感じるし大きめのシューズは柔らかく感じます。

シューズ中の密度が上がれば外側が同じでも
総合的な固さは上がってきますからね。

よく柔らかいシューズをキツキツに履いてる人がいるのですが
足先の柔軟性という意味で長所をスポイルしてる気がするんですがどうなんでしょ?
それなら適正サイズのちょっと固めのシューズのほうが応用幅は広い気がします。

適正サイズの柔らかめシューズを履いて細かいスタンスは趾の力で押さえ込む、
こんなことが出来ればベタ置きスラブから掻き込みからエッジまで出来るから
ベストなんでしょうね〜 憧れちゃいますね♪


ちなみに大きめで固めのシューズを履くのはありだと思います。
クラックシューズの場合はベストの組み合わせではないでしょうか?


4.ソールは?ヒールは?トゥラバーは?
某雑誌で重点的に語ってるところですが
上記の要件を満たして足にあったシューズが何足か出てきた後で
選ぶ余地があれば良い方を選びましょう。

足型に合わせてソールとかヒールとかに不満がある場合は
適当にバーチに出して改造してもらえばいいんですよw



まとめると、自分の足に会うのが一番って事ですねw










   
[PR]
by kunkung | 2012-04-29 23:13 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(4)

世代交代

某ブログで「シューズに魂を売った」なんて書かれてるアイロンですが
そんなことはありません、ちょっと研究熱心なだけですw

さてクライミングシューズの話。この前昇仙峡に行ったときのことです。
体が温まってきて本気トライをしていたときのこと。

それまで慣らしがてら履いていたカタナレースを脱ぎ捨てて
本気靴のテスタロッサを投入。本気で登るぞ〜と思ったら
カタナレースより立てないしスメアも効かない!

が〜ん 超本気靴でここ一番の為にとっておいたのに
慣らし中のカタナレースより下なわけ???

このテスタロッサ、2回リソールしてちょっと腰が弱ってると思ってたけど
いままではそんなに違和感を感じたことはなかったんだけどな〜

リソールで新しくなるのはソールだけで
落ちた剛性は復活するわけ無いんだよね〜

そういえばスティンガーと別れの決心をした時も
同じような感想を持った後でした。
これでフィンガーサイズもバッチリ決まれば世代交代か、しみじみ

あ〜愛しのテスタロッサよさらば!
※注 決してシューズに魂を売ってるわけではありません。


次期本気靴のカタナレース君ですが、すでに改造してあります。

c0173794_2345598.jpg

私の場合クラック用がEUR40(左)フェイス用EUR38h(右)です。
つま先のラバーを張っていますが自分の足に合わせて
トゥボックスのサイズを変えてます。

c0173794_2345834.jpg

貼る位置も微妙に違ってて左フェイス用、右クラック用です。

フェイス用はもうちょっと親指の付け根側までラバーを伸ばしたほうが
エッジングとかは強くなるんだろうけどスメアを考えると一長一短か。
ランドラバーみたいに薄めのラバーを広く張ってみるのも手かも?

色々実験して見たいけどもう一足買ったらlimacの冷たい視線で
凍傷になっちゃいそうだからやめておきましょうw

素晴らしい自制心ですね、決して魂を・・・略w

c0173794_23482199.jpg

ちなみにシューズ袋は超ゴージャス仕様、
誰が見ても私のだって一目瞭然ですね?
岩場で見つけてもすぐに「アイロンのだ」ってわかりますね?

そんな事を書く理由? それは秘密です。
でも皆さん覚えましたね? 私のシューズ袋はゴージャス〜♪
[PR]
by kunkung | 2012-04-20 23:52 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(2)