週末は「PAINLESS CLIMBING」と銘打って行われた
ボルダリングストレッチクラブに参加してみました♪

主催はボルダリング整体院の院長の山田さん。
身体を壊すこと無く長くクライミングを楽しんで欲しいとの話で
セルフケアできる部分を丁寧に教えてもらいました〜

c0173794_17004955.jpg
実際の内容は私がここで公開するようなことではないから
ボルダリング整体院のYouTubeをみてもらうとして
体感してみるとたしかに効果はあります!

体のメンテナンスに関しては私も色々と研究していますが
セルフケアできる範疇での効果ではかなり良い感じです。

特に電車の待ち時間とかちょっとした時に
気軽にできるムーブ(?)が多いので、忙しい現代人にマッチしますね♪

体のメンテナンスって合う合わないもあるし
変なことして故障すると復帰するまでに時間はかかるし
どうしても保守的になっちゃいます。

でもこういう身体にも財布にもwソフトな会があると
ちょっとお試しができて良いですね〜♪

実際に治療を受けるとどうなんだろう?
何回かボルダリングストレッチクラブでお試しして良さそうなら
実際に受けてみるのも手かもしれませんね〜♪








[PR]
# by kunkung | 2017-04-04 18:55 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)

プロテイン考

去年のアイスでひどい筋肉痛になってからプロテイン関係を探して
色々と試したから備忘録的メモ。
c0173794_15334327.jpg
最近は肉食もちょっと増やしてます♪

元々は豆乳をメインで飲んでいたんだけどアイスだと凍って飲めないんだよね〜w
そこでプロテインとかアミノ酸とかを年末から今年のはじめにかけて色々と試して
今のところホエイプロテインに落ち着きました。
調子良いからアイス意外のときもプロテイン飲んでます。

プロテインの飲み方はH先生のアドバイス通りに
運動前の朝食後30分くらいをめやすに30gくらいを
運動後にまた30gくらい取ってます。
普通の食事から摂取しているタンパク質もそれなりにあるので
一日の必要量は確保できてるはずです。

その他としては今まで通り運動中は豆乳をちびちびやりながら夜寝る前にもごくごく。
アイスで飲めない間は夜だけ豆乳を飲んでました。

体重の増減は今のところなし、体脂肪率も10%前後で推移していて変化なし。
モンチュラカップの為に筋トレしてパワーアップしてるけど数値には現れてませんw

はっきりした効果は今のところ筋肉痛がおきないって所だけかな〜
ただ全然疲れないわけじゃなくて、張り感は残ります。。。

でもBCAAとか他のものでもそういう身体の張り感は取れるわけではなく
このあたりは身体自体の回復力の問題で栄養補給の問題じゃないのかも。

あと一回に身体が吸収できるタンパク質量は限られてるから
大量に取ろうとせずにちびちび取るのがポイントみたい。
プロテインの摂取は炭水化物とセットで行うと効率が良いらしいです。

ここまでを踏まえて私のおすすめはこんな感じ。
「コーンフレーク+豆乳+ホエイプロテイン+メイプルシロップ」
タンパク質も糖質も全部いっぺんに取れるから楽ちん。


因みに人間が必要なタンパク質量は体重1kgあたり1~2gです。
運動いっぱいする人は多く、現状維持だけの人は少なめ。
クライマーは1.5~2gをおすすめされました。







[PR]
# by kunkung | 2017-04-01 16:19 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)

先っちょ観察記 2017

今シーズンの先っちょは突然クルコノギが増えたな〜
ドライやるようになったから類友で増えたのかな?

でもまずはアイス編から

西上州でご一緒した皆様の先っちょ

c0173794_21280512.jpg
先っちょが一度潰れてる跡があります。
峰の部分を削って抜けやすくしてる感じ。

c0173794_21280060.jpg
まいどおなじみYどんのだったと思うけど、違ったかな?


c0173794_21280362.jpg
先っちょの角度が立ってるのと先の部分のほうが太く見えるのが気になる。

c0173794_21280228.jpg
これもやっぱり先っちょの角度が立ってる。
同グループの人たちは同じ傾向の研ぎ方になるのかな?



ここからは岩根組

c0173794_21280636.jpg
隊長の先っちょ、青が印象的です。

c0173794_21280807.jpg
岩根であったけどきっとアイスようなんだろうね。


c0173794_21283753.jpg
こちらもおそらくアイス用

c0173794_21285452.jpg
またまたYどんのドライ用、去年も同じのを撮影した気がするw

c0173794_21291605.jpg
隊長のクルコ、肩の部分に切り込みが!

c0173794_21290589.jpg
凶暴そうな感じw

c0173794_21291808.jpg
ノミックのリーチが伸びる魔法のピック@クルコ
私も買おうか散々悩んだけどバランス悪そうだから止めておきました。


c0173794_21292616.jpg
c0173794_21292459.jpg
上2つも隊長のピック、仕上げが綺麗!
ギア愛を感じますね♪









[PR]
# by kunkung | 2017-03-24 21:52 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(4)

岩復帰!

アイロン君、良いクラックが有るから是非登ってください!
吉田さんにコブラとカサンドラ・クロスを勧めてもらったのは何年前のことだろう?

一度タイミングを合わせて一緒に行きましょうと昇仙峡まで行ったけど
雨が振り始めてアプローチだけ教えてもらって敗退したんだよね。

元気なうちにもっと一緒に・・・思うことは有るけど、
楽しく元気に吉田さんのルートを登るのが今できる唯一のことだよね。

c0173794_13251982.jpg
3/20 昇仙峡 クラックエリア

ここしばらくアイス(ドラツー)ばっかりで岩登りをしてなかったから
普通なら簡単なルートを色々登るところなんだけど今回は特別。

でも自分で今回は特別と思っても身体は当然付いてきません。
特に足の感覚がずれているのかフットジャムが抜けて不意落ちすること2回!

硬い靴で慣れちゃうとシューズの粘りとかフリクションの感覚が鈍るのかな〜
自分でも全く落ちる気がなく突然スっぽ抜けてるからビレイヤーもビックリ!
ご迷惑おかけしましたm(_ _)m

それでも難しめのルートに取り付くとスイッチが入るのかコブラは無事一撃♪
カサンドラ・クロスは・・・次回に取っておこうw

それにしてもカサンドラ・クロスにあった残置ナッツは吉田さんのかな?
オンサイトトライしたいけど誰か回収してくれないかな〜


記録
凹角② TR
⑤ × 緩傾斜に入ってから自然に帰ってる、途中のボルトで降りるのが無難。
コブラ ◯
③ TR







[PR]
# by kunkung | 2017-03-21 20:11 | クライミング | Trackback | Comments(4)

アックステープその後

この前からアックステープを貼り直してすぐに駄目にして・・・と
バタバタしましたが解決したので備忘録的レポートです〜

c0173794_12072842.jpg
・テープ

使ったのは前回と同じくニトムズのNo.11だけど周りの皆さんの話だと
フジクラのFB-W NO.20の方がメジャー路線みたいです。


ニトムズとフジクラのテープ厚み、幅、長さの3つを比べると
ニトムズ 0.5mm 19mm 10M
フジクラ 0.6mm 20mm 10M

厚み0.1mmでどのくらい変わるのかは分かりませんが
20%厚みが違うと表現するとすごい差に感じるよね。

幅一ミリの差は5%、、、これもどんな感じなんだろう?

フジクラも気になるけどニトムズが余ってたから今回もそれを使いましたw


・巻き方

これが難しいところで、巻くときの張力が強いと私のようにすぐ破けるし
弱いとボロっと取れちゃうらしいのです。

私は最初のときは説明書どおり、幅が半分になるくらいまで引っ張って貼ったけど
そこまで引っ張らずに、黒いテープがちょっとグレーになる程度の引っ張りかたが良さそう。

きっとフジクラのを使っても同じだと思います。


・巻いてからの時間

自己融着テープは時間をかけて融着していくみたいで
巻いて次の日とかに使っちゃ駄目みたいです。
はい、最初に剥がれたパターンですね(^_^;)

巻いてからできれば圧力をかけて2〜3日放置すると良いみたい。
伸縮性のある包帯とかで巻いとくのが良いのかな〜?

私は2回めの巻きでは圧縮せずに4日間放置しました。


・その他

ニトムズはちょっと薄めに感じたので2重に巻いてみました。
普通はグリップからヘッド方向に巻いていくのですが
今回はヘッド方向からグリップ方向に巻き始めて、
グリップで折り返してヘッド方向に戻っていってフィニッシュしました。


c0173794_12012271.jpg
結果はモンチュラカップであ〜んなムーブやこんなムーブをこなしたけど問題なし!
厚みの問題も2重にしたことで非常に感触が良くなりました♪

わかったのはギアよりも貼る技術とか工夫が大事ってことですw













[PR]
# by kunkung | 2017-03-18 12:26 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)