小川記 その2

小川に入った日にあっさりとジャクマメを落としてしまい、
次の目標をサイコキネシス(湯川)にするか
クレイジージャムにするか悩んでおりました・・・が

サイコキネシスの予行練習にフィンガーメインの
マガジン(兄岩)を登ると予想以上に辛い!

そう言えば吉田スクールでハンドとフィストは教えて貰ったけど
フィンガーは最後にちょこっと話しただけで・・・

しかもエイリアンを一本も持っていないので
ナッツの連続で核心部を突破することに(汗)
脳から不思議な物質を垂れ流しながら登りました(笑)

サイコキネシスはマガジンより遙かに掛かりの悪い
シンハンドサイズだし岩質はナッツが効きにくそうだし・・・
クレイジージャムにしたいところだけど今回は
トポを忘れて親指岩にたどり着けるか判らないんだよね(笑)

どうしようか悩んでいましたが、思い出しましたぞ!
黒本は持ってきてましたな、
それに親指岩下ボルダーの行き方が書いてあるではありませんか。
実は核心だった?アプローチも問題なく進み親指岩へ。

続きはまた明日



c0173794_2244792.jpg
[PR]
# by kunkung | 2006-05-06 22:03 | クライミング | Trackback | Comments(0)

小川記 その1

いや〜ジャクマメあっさりと落としてしまいました。
今まで散々苦労していたワイド部分も
左のガバとフィストを組み合わせてあっさりと通過。
ここを越えられなくて苦労していたのに
吉田クラックスクールのおかげでしょうか?
偉大なり吉田和正大先生!!! 
上のフィンガー部分で予想以上に苦労してしまったが
このあたりのサイズのジャムがこれからの課題かな?
それにしてもこのクラスのクラックをリードすると
脳の中に不思議な物質が精製されて気分良くなっちゃいますな〜ヒヒヒ

(写真は去年挑戦したときの物)


c0173794_22215593.jpg
[PR]
# by kunkung | 2006-05-05 22:03 | クライミング | Trackback | Comments(0)

撮影と天気

いや〜スタジオ内の撮影は天気なんか全く関係ないけど、建物の外観撮影だけは天気次第だよね〜

最近よくあるのが、雨でも「デジタルで何とか青空合成で行けませんか?」とか曇ってても「すっきりと青空で」とか・・・
曇りまではまだ何とかなるかも知れないけど雨は無理です(笑)

デジタルなら何でも出来るって勘違いする向きもあるけど、修正は元画像が良くないと絶対上手く行かない物だし、曇りの日を晴れてるように見せかけても所詮見せかけです!細かいところのコントラストとか抜けとか色々な条件が変わってきていてやっぱり不自然感が出てきてしまうのです。
「それを何とかするのがプロ」なんて言う訳のわからないことを言う方もいらっしゃいますがそれはカメラマンの仕事でなくレタッチ屋さん(絵描きさん?)の仕事です。もちろん頼まれればなるべく自然に見えるようにしますが、やっぱり太陽光+ストレート撮影が一番ですな。


c0173794_221890.jpg
[PR]
# by kunkung | 2006-04-29 22:06 | 写真 | Trackback | Comments(0)

初!結婚記念日

c0173794_2159304.jpg


昨日は愛妻と結婚して丁度一年目の結婚記念日。
年に一回のソフトボール大会と重なり、大会の後に一緒に食事に行く予定だった。しかし良い事は続く物でなんとその大会に優勝!しかもありがたいことに最優秀賞までいただきまして(^^)大会後の懇談会で腹一杯食べてしまいディナーは中止に・・・(笑)

でも美味しいケーキを買って二人でいただきました。
ソフトボールのおかげで今日は筋肉痛です。
[PR]
# by kunkung | 2006-04-24 21:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

再会 

c0173794_0285844.jpg


昨日新宿で旧知の先生と友人に会った。
写真学校に通っていた頃の先生と、写真学校で助手をしていた頃の同期だ。久しぶりに二人と話してとても楽しかった。

先生に今何をしてるんですか?って聞いたら
「仙人だよ」なんて惚けた答えをするあたり
変わってないな〜って思う。
学生時代写真の話は何時も真面目にしてくれたけど
それ以外のことは惚けっぱなしだったのを思い出す。
ある意味ハラグロか???(笑)

でも本当にこんな感じの仙人が居てもおかしくないな〜
クライミングに興味があるって言っていたので
今度誘ってみよう!

因みに助手を辞めてから音信不通だった同期の友人は
タクシードライバーをやりながら写真を撮っているようだ。
写真を仕事にしないと言う持論は金村修の影響か?
故鈴木清大先生も同じ事を仰ってましたが・・・

そんな思い出のつまった日吉はいつまで
残ってくれるのでしょう?
[PR]
# by kunkung | 2006-04-19 00:28 | その他 | Trackback | Comments(0)