小川で事故多発

最近登ってないのにこんなこと書くのも何だけど
小川で事故が多発してるみたいですね〜

==========

緊急 注意喚起
クジラ岩及び石の魂において重傷事案が連続して発生しています。
度重なるクライミング中の事故について、地元も注視しており、より一層慎重な対策を求められています。
技量に配慮し、また、安全対策を十分に行い、クライミングが内包している危険性を十分に認識した行動が求められています。


==========


最近は事故が多いのはクライミング人口が増えてる側面もあるとは思うけど
(今回の内容は知らないけど)傍から見てると微妙な人たちが沢山いるのも事実だよね〜

技量に配慮して安全対策を十分に行い、、、なんてさらっと書いてるけど
ここで書いてる技量って、岩を見て危険度を察知する能力だったり
ロープワークとかフォール時の体勢コントロールだったりとかの
安全面に関する技量なんだよね。

登る技術はジムで登るとガンガン付くんだけど
落ちる技術はジムだとつかないでしょ?
このあたりの責任を個人だけに持ってくるのはもう無理があるんじゃないかな〜

外岩に送り出す側の責任としてジムでも
落ちると危険なルートとかボルダーとかを設定しても良い気がするんだけどどうなんでしょ?

例えばちょっと硬めの発泡スチロールを岩に見立ててマットの上においておくとか
ルートでも振られて壁に激突するようなルートを2〜3本作るとか
ビレイ地点に傾斜をつけて転びやすくしてみるとかw

こんなジム商業施設としてどうかとも思うけど、
社会的な責任としてそういうことをジムで教える必要がある気がするんだよね〜


c0173794_22513328.jpg
そんなこんなで今年もCC小川ではレスキューとかやるみたいなので
興味がある人は是非参加してください。

私も行きたいけど出産予定日考えるとどうなるか微妙〜w








[PR]
# by kunkung | 2017-09-05 23:13 | クライミング | Trackback | Comments(0)

小川でボロボロ〜

久しぶりの日記になっちゃったけど生きてますw
でも肩を故障してました。。。
クライミング日記だからクライミングしてないと書くこと無いよね〜w

殆どキャンパーだったけどちょっと登ったから備忘録程度に記録

8/26 たぬき岩
c0173794_22371314.jpg

久しぶりに小川入りして初めてのたぬき岩へ
たぬき岩ってよきプレ方面のガリーを詰めていくと思ってたけど
一本親指岩側を詰めていくんだね〜

初めてのたぬきは名物のとろろがカッコイイ!
でも久しぶりのクライミングでそんなのはとても登れませんw

まずは隣りにあるLongLong小川山から。
多すぎるボルトと微妙なグレードに?だけど
登り自体はすごく楽しい良いルートでした。

そのまま隣の自然薯をやったら登れず・・・
バランス系で得意なはずなんだけどな〜

2本登っただけなのにこの日は身体が終了、
クライミングってこんなに疲れるスポーツだったっけ?

夜は楽しく焚き火〜!
これがやりたくて小川に来たようなものだよねw
c0173794_22375574.jpg

8/27 兄岩

何処に行くか散々悩んだ結果近場の兄岩へ
久しぶりにピクニクラ登ったけど良いルートだよね〜
調子に乗ってマミにも手を出したら登れん!
c0173794_22375780.jpg
自然薯が登れないくらいだからマミなんかお呼びでないんだろうけど
トップアウトすらできないなんてね〜

頑張って3本登ったら月曜は死ぬかと思った・・・
運動は徐々にやらないと駄目な歳になっちゃったんだね〜


それにしても故障とか仕事が忙しかったりとか・・・
クライミング的には逆風が吹き荒れてるけど
低空飛行ながら登り続けて楽しむ場を確保しておきたいな〜


記録
LongLong小川山 OS
自然薯 ×
クダマイト 再
ピクニクラ 再
アルパイン少女マミ ×














[PR]
# by kunkung | 2017-09-03 22:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)

NIYOD LOVER

NIYODO LOVER」バッタ先生が作ったトポが届きました。

最近は時間はないし最近体調も悪いしでクライミングできてないけど
モチベーション維持には良さそうな感じ♪
c0173794_21412843.jpg
内容はモノクロ166Pの大作で
コラム付きトポといった感じで読み物としても面白いです。
実際にボルダーに行くかどうかは微妙なところだけどw

体裁はISBNなしの完全自費出版。
印刷代だけでも相当な負担だよね、そのリスクを飲んだバッタ先生に拍手!

それにしてもローマ字がどうしても
「ニョードーラバー」に見えちゃう私は心が病んでるのかな(ーー;)





[PR]
# by kunkung | 2017-07-24 21:58 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

最後の二人旅?

上田のそば食べたい〜 でも体調悪くなったらとんぼ返りでw

連休はちょっと太めになってきたlimacのご要望でグルメ旅。
太めと言ってもlimacがおデブになったわけではありません。
安定期も終盤に入って母になりつつあるlimacなのです。

c0173794_12073091.jpg
7/15 上田グルメ〜焚き火

実は最後まで行くかどうか悩んだんだけど
出かけてしまえばルンルン気分のまま
狙いの蕎麦屋に行ってベーグル買って満足顔のlimac。

不安もあったけど来てよかった!
道の駅でもろこし買って小川まで移動して焚き火!
c0173794_12072614.jpg


7/16 クレイジーからの宴会

2日目はちょっとだけクライミングが許された日。
limacにキャンプ場でお留守番してもらってる間にササッとね♪

半日ボルダーの魅力的お誘いもあったけどやっぱり割れ目に行きたい!
念ずれば通じるのかパートナーゲットしてクレイジーへ♪

もう何回登ってるかわからないけどいつ登っても味わい深い良いルートだよね。

夜は瑞牆に移動してまた宴会。
c0173794_12072880.jpg
ここは夏の瑞牆なのに何故かアックスが出てきて
このピックはプレスした後に手作業で斜め部分の歯を調整してる、とか
このグリップはアルミ+樹脂+ゴムの3回成形してて手間がかかってるとか・・・w
専門エンジニアが見るといろんなことがわかるんだね〜

是非ジャミング紳士くんにはドライの世界にも足を踏み入れてほしいものです♪



7/17 

あっという間に3連休最終日。
ちょっとだけ朝の散歩をして帰り道に地元野菜と味噌を買って帰りましたとさ。


遊んでいただいた皆様ありがとうございました。
また遊びましょ♪って書きたいところだけど
しばらくは本気のクライミングモードは厳しいかな〜

9月に生まれたら(予定)もっと忙しくなるって話だしどうなることやらw


記録
小川山レイバック 再
クレイジージャム 再
クレイジージャム TR
クレイジージャム 再





















[PR]
# by kunkung | 2017-07-19 22:25 | クライミング | Trackback | Comments(0)

目指せ空中決戦!

かなり久しぶりの日記になったけど生きてますw
色々忙しくて登れてないけどこの日だけはがんばりますよ〜
c0173794_10320276.jpg

そんなこんなで週末は岩根ドライ壁のお披露目コンペ!
世界のN島くんが作った日本初のドライリード壁です!

ドライのリードなんて始めてでドキドキだったけど
思ったよりも普通に登れました。

でも勝負は空中決戦なんて意気込んでみたけど身体が空中に出た途端ヘロヘロ
まったく勝負にならなかったのは秘密ですw

結局私は4位、最後はクリップとホールドを取りに行く順番を間違えて
フォローアップできずにあえなくフォール・・・

悔し〜 余力残ってたのに(T_T)

なんて思ってたけど大会後に再度登ったらもうヘロヘロだったから
出し切った上に思考能力も落ちてたんでしょうw

そういうときでも身体が自然に正解ムーブを起こせるように
登りこんでおくのが正解なんだろうけどなかなかねw


c0173794_10005165.jpg
大会後にアックスのかけ方からリード時のロープさばきまで
色々と教えてもらってフィジカル以外にも足りてない部分を実感。

基本的なフィジカルはフリークライミングと同じだけど
細かいムーブはやっぱり独特な部分があるよね〜
誰か東京でF4練習できる梁を作ってくれないかなw



反省も含めた備忘録

・ルーフでのムーブのセオリーを身につけないとね

・薄手の手袋を買おう

・アックスのかかり具合と限界を知って、もう少し力を抜きたい

・ハリボテに上手くフロントポイントをさせる体勢を探す


c0173794_10004721.jpg

それにしても凄く凄く楽しかった!
N島君とはグレード感覚が合うのかリーチが合うのかわからないけど
微妙に削られながら最後まで出し切れる楽しいルートセットでした♪

壁を作ってくれたN島くんも場所を提供してくれた
岩根山荘の上田さんにも本当に感謝感謝です!

遊び場が一つでも増えるってのは本当にありがたい!
こういう場所を大事に大事に育てていけたらいいよね♪






[PR]
# by kunkung | 2017-07-04 22:54 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)