輪舞曲

育児って基本的に同じことの繰り返しなんだね〜
なんて生まれて2ヶ月目でやっと判ってきましたw

c0173794_22071082.jpg

機嫌がいいor寝てる
泣きはじめる
原因究明(ほとんどの場合ミルクかおむつ)

不満を取り除く

あやして泣き止ませる
始めに戻る


同じようだけど微妙に違うパターンを輪舞曲のようにグルグルグルグルグルグル・・・
1日24時間ひたすら繰り返すのって、ほんと大変!

文字で見ると簡単そうに見えるけど
原因究明が上手く行かないと平気で1時間以上泣き続けるし
上手く行っても30分は時間を取られちゃいます。

これが2〜3時間おきに来るから物切れの時間で
やりたいことを積み重ねないと一日があっという間!
子育てしながらなんかするのってホント大変だよね〜

逆に言うとぶつ切りの時間なら細かく確保できるから
それを繋いで出来るようなことをしていかないとね♪
この状況を前向きに捉えて新しいことを初めてみました、アフィリエイト♪

収入目当てでiron日記を書いてるわけじゃないから基本無視で良いんだけど
「どうせ買うならアフィリエイト経由で買ってやるか」なんて人が居たら嬉しいな〜
励みになって一生懸命書いちゃうかもw

Amazon-登山・クライミング

 ↑
お買い物があればこちらからお願いしますw



[PR]
# by kunkung | 2017-11-26 22:07 | 育児 | Trackback | Comments(0)

敗北

子育てを始めて1ヶ月、どれだけチョッキーに愛情かけても

おっぱいには勝てない。


あれだけ泣き続けたチョッキーがピタリと泣き止むおっぱい。


あーこの絶対的な敗北感。。。

努力では超えられない高い壁、、、


世の中の男尊女卑はこの敗北感の裏返しなのかな~



c0173794_22231325.jpg

私の数少ない対抗手段は粉ミルク!

家では「粉いっちょう!」でオーダーを受けてます。
ちなみにおっぱいは「生いっちょう!」ですw





[PR]
# by kunkung | 2017-11-02 22:26 | 育児 | Trackback | Comments(0)

0歳児に夢中

2017年9月25日、アイロン家は新しい家族を迎え入れました。
世界一可愛い女の子です、名前はチョッキー
空から私達の元へ飛んできてくれました♡

c0173794_17455496.jpg

可愛い〜♡ これだけで1ヶ月突っ走ってきたけど

現実的には怒涛の1ヶ月でした。

寝れないし時間取れないしエンドレスだし・・・


もちろんブログなんて書く余裕なんて全然なしw


しばらくはクライミングもなかなか行けない気がするけど
ジムとかで細々と続けて最低限のクライミング力は維持したいな〜

これから多少は余裕が出てくるのでしょうか???








[PR]
# by kunkung | 2017-10-28 18:32 | 育児 | Trackback | Comments(4)

久しぶりにビックロック

筋肉痛がひどい〜 起きれないぃぃぃ
久しぶりにどっかぶり登って死にそうなアイロンです。

c0173794_12420539.jpg
9/17 ビックロック

久しぶりのクライミングだけど、ジャミングは忘れてないみたい。
リービもワイドも無問題、でも体力が・・・

クライミングってこんなに疲れるスポーツだったっけ?
ルーフ登ってたらガバでも身体が落ちてくる〜
手はかろうじて保持できるんだけど腰の位置が(^_^;)

体幹の筋肉が落ちまくってるんだな〜
一生懸命頑張ったけど最高5.11aまででしたw

これ以上落ちないようにコソ練頑張ろ!



それにしても9/19が出産予定日だったチョッキーは出て来る気配も見せず。
「ここ居心地いい〜」

困ったもんだw







[PR]
# by kunkung | 2017-09-19 20:24 | クライミング | Trackback | Comments(0)

小川で事故多発

最近登ってないのにこんなこと書くのも何だけど
小川で事故が多発してるみたいですね〜

==========

緊急 注意喚起
クジラ岩及び石の魂において重傷事案が連続して発生しています。
度重なるクライミング中の事故について、地元も注視しており、より一層慎重な対策を求められています。
技量に配慮し、また、安全対策を十分に行い、クライミングが内包している危険性を十分に認識した行動が求められています。


==========


最近は事故が多いのはクライミング人口が増えてる側面もあるとは思うけど
(今回の内容は知らないけど)傍から見てると微妙な人たちが沢山いるのも事実だよね〜

技量に配慮して安全対策を十分に行い、、、なんてさらっと書いてるけど
ここで書いてる技量って、岩を見て危険度を察知する能力だったり
ロープワークとかフォール時の体勢コントロールだったりとかの
安全面に関する技量なんだよね。

登る技術はジムで登るとガンガン付くんだけど
落ちる技術はジムだとつかないでしょ?
このあたりの責任を個人だけに持ってくるのはもう無理があるんじゃないかな〜

外岩に送り出す側の責任としてジムでも
落ちると危険なルートとかボルダーとかを設定しても良い気がするんだけどどうなんでしょ?

例えばちょっと硬めの発泡スチロールを岩に見立ててマットの上においておくとか
ルートでも振られて壁に激突するようなルートを2〜3本作るとか
ビレイ地点に傾斜をつけて転びやすくしてみるとかw

こんなジム商業施設としてどうかとも思うけど、
社会的な責任としてそういうことをジムで教える必要がある気がするんだよね〜


c0173794_22513328.jpg
そんなこんなで今年もCC小川ではレスキューとかやるみたいなので
興味がある人は是非参加してください。

私も行きたいけど出産予定日考えるとどうなるか微妙〜w








[PR]
# by kunkung | 2017-09-05 23:13 | クライミング | Trackback | Comments(0)