強者どもと岩根トレ

そのギアで登ってみせましょう、、、
これでもう言い訳はできませんね( ̄ー ̄)ニヤリ
c0173794_23290339.jpg
2/26 岩根山荘アイスツリー

モンチュラカップトレで再び岩根ドライツリーへ

アイスは解けてきてかなり細くなっちゃってます。
そろそろ3月だからしょうがないんだろうけど
モンチュラカップまで持つのかな?

ドライだけだと1本も登れないとかありそうだから
アイスのバウンダリーで楽しく登れる課題が何本かあると良いな〜

c0173794_23290654.jpg

ドライでは相変わらずリーチ問題炸裂。
目の前で私が届かないホールドを「私のアックス」で
さっくりと届かせる某WCクライマー

ムーブを分解すると
・普通のアンダー
・次のホールドに届くまで足をあげる
・このときは左手で保持して右手はレストさせる
・まだ腰は落としたままぶら下がってる状態
・右手保持(ロング)に切り替えて左手でアックスを握る
・ここから一気に体を伸ばして浮きアンダー状態で左を取る

たしかに私のギアで私のリーチで物理的に届くのはわかった!
でもできねーヽ(`Д´)ノプンプン

結局リーチじゃなくてムーブとフィジカルの問題なんだよね。
きちっと引きつけ使って次のホールドを取りに行くような
基本的な動きはかなりできるようになったと思うけど
応用的な動きはまだまだってことなんでしょう。

ムーブでなにかブレイクスルーが起きれば登れるようになるのかな?
それとも基本的なフィジカルが足りてないのかな???

あと半月、出来る限り足掻いてレベルアップするぞ!
大会で直ぐに結果に結びつかなくても自分に残るものがあるでしょう。
体壊さないように楽しく頑張ろ♪

遊んでいただいた皆様ありがとうございました。
また遊びましょ♪










[PR]
by kunkung | 2017-02-27 23:59 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)

岩根トレ再び

中級者はアックスを手前に引きたがるけどアックスは下に荷重しなければいけない。
1/13にwill様のトークショーでそんな話が出てきて
「そうなんだけどなかなかね〜」なんて軽く流しそうになったんだけど
会場に飾ってた写真の完璧な引きつけに感動したわけで・・・

c0173794_22252730.jpg
写真はwillさまのページから借用m(_ _)m

2/19 岩根トレ

トークショーのあと、時間を作って筋トレしつつ
アイスでは引きつけを意識しつつまっすぐ下にアックスを荷重して・・・

最初はフィジカルがついてこなくてすぐにムーブがバラけちゃったけど
クラックで使ってた筋肉のおかげか比較的短時間で
最低限の引きつけが出来るようになってきました♪

そして今日ひさしぶりに岩根でドライを登ったら登りやすい〜♪
元々アイスよりドライのほうが保持する角度がシビアだし当然と言えば当然かw

でもドライだと使うフィジカルがアイスの比じゃないみたいで
ちょっと難しいムーブが連続すると速攻で腕が伸びてきちゃいます・・・

他のムーブで強引に登ると変な癖がつくから
ドライを登って、なんだかおかしいな〜と思ったら
アイスで引きつけを復習してまたドライへ
TRで何回も登れる環境って本当にありがたいですね♪

岩根は登るのが目的じゃなくてトレーニングと技術の習得が目的!
登れるムーブで上に抜けるんじゃなくて
理想とするムーブでしっかりと登れるようにならないとね!

c0173794_22573254.jpg


遊んでいただいた皆様&教えていただいた皆様ありがとうございました!
モンチュラカップに向けて頑張るぞ〜!












[PR]
by kunkung | 2017-02-21 23:02 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)

どんな感じのクラックが有ると良いと思いますか?
こんな感じなのを是非!!!

あぁ・・・一応伝えておきますね

c0173794_15342253.jpg
久し振りに行ったビックロックで店員さんに猛烈プッシュしたんだけど
店員さんの反応がイマイチなのはなんでだろう?
こんなクラックがあれば皆んなこれを目指してビックロックに殺到すると思うんだけどな〜


2/5 ビックロック

週末は城ヶ崎の予定だったけど雨予報で急遽ビックロックへ!

c0173794_15285141.jpg
せっかくクラックのあるジムに行くから
新しいジャムの研究を色々♪

ハンドサイズは色々揃ってて楽しいんだけど
ワイド系のクラックが少なくてなかなか遊べないんだよね〜
オフィドゥスとかワイドフィスト当たりのサイズが色々あると楽しいのにな〜
作ってくれないかな〜w


それにしてもジムのつるつるクラックは難しいよね。
フィンガーはすっぽ抜けるしハンドでもすっぽ抜けるし。
修行がたりないと言えばそのとおりなんだけど・・・(^_^;)




[PR]
by kunkung | 2017-02-06 15:58 | クライミング | Trackback | Comments(0)

魅惑のロシアンピック

Krukonogi・・・日本では売ってないマニアックなピックを
某WCクライマーから仕入れてみました♪
c0173794_21173650.jpg
クルコノギ、こんなマニアックなギアを自分で買う日が来るとは・・・w
でも買ったら徹底的に研究してみないとね♪


c0173794_21174101.jpg
そのまえにまずはノミックのアイスピックとドライピックの違いから。
ドライが緑でアイスが青

この2つはトゲトゲの削り方以外何も変わらないよね〜なんて思ってたけど
正確に撮影して比べてみるとちょっとだけ角度が違います。

気持ちドライの方が下向きになってるんですね〜
手に持って比べてもわからないくらいの差だけどねw
c0173794_18001595.jpg
そして魅惑のクルコノギ!(赤がクルコノギ)
バナナ的な曲がりが弱くなっていて全体的に上から下に向かってピックが伸びてます。
全体的にクルコノギの方が大きめで微妙に長い感じですね。

c0173794_18061560.jpg

ピックの先端のアップを見てみると微妙に長いのがわかると思います。
あと先端から上に伸びる峰部分の角度は違いますが先端から下部の角度は一致してます。

全然違うメーカーでも角度が一致するってことは
安定して良い角度ってことなんでしょうか?



c0173794_21174868.jpg
ピックの厚みを比べてみましょう、左からアイスピック、ドライピック。ドライピック(新品)、クルコノギ

クルコノギだけ分厚い! そして切先が完全に平面w
氷に打ち込むことを全然考えてないんでしょうか?
「それとも好きなように削って使ってね♪」って話なのかな?


と、能書きはここまでにして実際に使ってみると・・・

まずピックが重い〜
ペツルのドライピックが126gに対してクルコノギは143g!
たった17gの違いだけど使ってみると結構違うんですね〜

普段ウエイトも外して軽量化してる私としてはビックリの重さ、
アイスでは切先の形状も相まって氷を砕きまくりですw

でもドライは登りやす〜い♪

ピックをホールドに引っ掛けた時に安心感が違います。
写真だと刃先はほんのちょっとしか違わないようにみえるけど
実際に使ってみると違うもんですね〜

アイスでもコツコツ穴を開けて引っ掛ければ登れなくもないし
もとからある穴に引っ掛けで登るぶんには使いやすい感じ。
でも外の氷のときは普通に打ち込みたいことが多いから
やっぱりこれはドライ専用だな〜〜

これからはドライ壁はクルコノギで登って
これまでのドライピックはもうちょっと削ってアイス兼用にしてみよう♪

今度はアイスで使ったときのアイスピックとドライピックの差を検証してみないとだな〜







[PR]
by kunkung | 2017-02-04 21:16 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

楽しい夜を越えて2日目は相沢氷柱へ!

c0173794_15121697.jpg
1/29 相沢の氷柱

フォローでもリードでもどちらでもOKです♪
そんな中途半端な答えをしてたら3人でリードすることになった2日目。

下から上まで45mくらいあるのかな?
スタンスが大量にあって難しくはないんだけど
スクリューが引っかかって刺さらん!

ペツルのレーザースピードライトは水氷だと引っかかるって話を聞いてたけど
ホントに入っていかなくなっちゃうんですね。
軽いのは正義だけど引っかかって使えないのもね〜
シリコンとか吹きかけておくと多少変わるのかな?

リードは時間かかるよね、今回同行した3人でリードしたらあっという間に良い時間に!
それでも押しでもう一本TR登らせてもらってこの日は終了〜

今回もすんごく楽しかった〜♪
遊んでいただいた皆様ありがとうございました\(^o^)/

記録
相沢氷柱 リード 人生5本目のリード♪
相沢氷柱 TR
















[PR]
by kunkung | 2017-02-02 22:16 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)

1月最後の週末は初めての西上州へ!

c0173794_15152025.jpg
1/28 犬殺し

長い林道歩きのアプローチを越えてエリアに着いたらシャワー!
傘が欲しくなるほどの降り方で転戦するか悩んだけど
結局ここで一日遊んじゃいました〜

犬殺しの氷はゆるくてリードは怖いから
子犬殺しから回り込んでトップロープ張り。
勿論私はフォローw

ベテランYどんのフォローで登ると私とは違う感覚でスクリュー決めてます。
こんな所にもスクリュー打てるのか〜から、ここは決めずに行くのか〜まで
上手い人のフォローをすると考える切っ掛けになって良いよね♪

練習に私も子犬殺しリード、登る方は問題ないけど
スクリューが効いてるかどうかがわからないから怖いよね〜

カムセットを練習してた頃はカムエイドとか落下テストをかなりしたから
スクリューでも同じようにスクリューエイドとか落下テストしてみるのが正解なのかな?
これまで一度もスクリューで落ちたことがないから一度は・・・(゚A゚;)ゴクリ

c0173794_14522009.jpg


記録
子犬殺し フォロー
犬殺し TR
子犬殺し リード
犬殺し TR












[PR]
by kunkung | 2017-02-01 22:26 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)