チークボーン見に行きましょう!多分歩いてアプローチできます!!!
前に磯という磯に降りながら散歩したときには
そんな場所に歩いて下れる磯は無かったんだけどな〜


c0173794_23012430.jpg
11/26 城ヶ崎 あか根

キャメのビックサイズにジプシーまで持ってきたけど
残念ながら磯がつながって無くて私達が降りた磯からは
チークボーンにはたどり着けず・・・残念!

でも目の前には楽しそうなクラックが有るから登らないとね〜
魅惑のトラッドによるとイルカとオルカとその他クラックたち。

この前カムがスっぽ抜けたから用心してTRで登ったけど
全体的に染み出しっぽいけ割にSグレードは低め!

オルカをリードして久し振りにまともなRPしました♪
簡単なルートだけどムーブが会って面白かった〜

右隣には無名のクラックが有るけど
青キャメを大量に使ったNさんにちなんで魚へんに青で鯖と名付けましょう。

c0173794_23013235.jpg

イルカは染み出しで登れなかったけど十分に楽しめたな〜
人も少ないし懸垂アプローチが気にならない人には良いエリアでした♪


記録
オルカ TR 
無名クラック TR
オルカ RP ムーブが楽しい
鯖 TR









[PR]
by kunkung | 2016-11-30 23:38 | クライミング | Trackback | Comments(0)

細切れでインプレッションでちょっと読みにくいアイロン日記へようこそ
最近は時間がない中書いてるから許してちょ〜


・下開きのセット
c0173794_22014975.jpg
これは物理的にカムアングルとクラックの角度の関係で決まるはずなんだけど
トーテムカムは強いって話だから一応テストしてみました。

これも体重をそっと書ける程度なら問題なし。
ちなみにキャメロット緑は×マスターカム赤は◯

実際にフォールしたら全部抜けそうな気もするし
こんな所にセットしないんだけどねw



・ホリゾンタルでのセット



基本的にステムが柔らかくて安定感が高いカムなので
ホリゾンタルクラックには強そうなイメージですが
動画の通り浅めにセットするのは怖い感じです。

浅めのセットでカム歯が気持ち開き気味の時に
ステムが下に惹かれるとカムの歯がズルっと動きます。

タイトにセットすると問題ありません。
センターのステムが無くなっているところまで奥に入れれば問題ありません。
浅くてカムが開き気味のときだけこの現象がおきます(再現性あり)

原因はトーテムカムのワイヤー構造にありそうです。
ここでも書いたとおりステムのワイヤーは直接カム歯につながっていて
ステムを動かすと直接カムの歯を引っ張るような形になります。

これが真っ直ぐに惹かれるような状況だと安定感抜群になるけど
ホリゾンタルのように斜めからの力になると
カムの歯をすべらせるような力になってしまうのでしょう。

トーテムカムでホリゾンタルクラックにセットするときは
ちょっと奥にセットできるように注意しましょう!



一応キャメロットX4と旧マスターカムでもテストしてみました。
動画の通り旧マスターカムの座りの良さは圧倒的ですね。



・おまけ
おまけでポケット的部分に色んなギアをセットしてみました。

まずは皆持ってるX4
c0173794_23112867.jpg
ちゃんと歯を効かせようとすると直角セットになっちゃいます。
衝撃荷重がかかったら吹っ飛ぶパターンのセットですね。



私のお気に入りマスターカム
c0173794_23113310.jpg
これもやっぱり衝撃荷重で吹っ飛ぶパターンです。
サイズがX4より気持ち小さい分奥にセットできてるから
X4よりは耐えてくれるかも???


思ったより安定のトーテムカム
c0173794_23110945.jpg
不思議なことに荷重方向にセットできちゃいました。
これが効いてるのか効いてるふりなのかは実際に落ちてみないと・・・


こんなの持ってないよ! ハイブリッドX4
c0173794_23113735.jpg
ハイブリッドってこういう場面で使うと効くんですね!
普通の感覚だとこんな所にセットしないんだけど
ここにセットするかランナウトするかだったら・・・

特定ルートをトライしてどうしても必要な人は
こういうマニアックなギアを買うのかも???


私ならナッツ
c0173794_23114140.jpg
ランナウトorナッツ・・・貧乏人は命がけが合言葉です、はい


まとめ

長々と書いてきましたがトーテムカムね〜
ラッキングに難はあるけど小さいサイズはありかも。
特にフレアクラックとかガチャガチャ系での座りの良さは魅力的です。

逆に言うとスッキリ綺麗なクラックとか大きなサイズでは
キャメロットとかマスターカムのほうが使いやすいだろうから
ノーマルなカムを持ってる人が対応できないクラックに出くわしたら
トーテムカムが選択肢に入ってくるのかもね。



おわり

の予定だったけど続く!















[PR]
by kunkung | 2016-11-29 22:35 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

ここまで物理的な特性を見てきたけどここからはリアルに使ったレポートですよ〜

・ラッキング
c0173794_22101812.jpg
これはトーテムカムの弱点ですね。
カラビナに対してサムループ(で良いのかな?)が90度ズレるから
ラッキングした時に幅の広い方向が重なっちゃいます。

余裕がある状態なら良いけどプルプルしてる状態で
重なったギアの中から欲しいサイズを探すのは至難の技かも。。。



・サムループ(?)の使い勝手
c0173794_22153489.jpg
トーテムカムは特徴的なサムループだけど使いにくくはない感じ。
でもこのサムループのお陰でラッキングが煩雑なのの他にも幾つか気になる所が。

赤丸の部分に間違って親指が入ってトリガーを引けないとか
ギアを探してカムを動かしてる時にナッツが赤丸部分に入り込んだりとか・・・

単純にテーピングテープとかで埋めちゃえば良いんだろうけど
ちょと気になるところですね〜

それにしても何でワイヤーの方向をこっちに持ってきたいんだろう?
同じ場所にまとめて最後だけループにしたほうが
トリガー部分の指の開きが狭くなって楽になるんだけどね〜

片歯のセットになってもまっすぐに荷重がかかるように
歯の真下あたりにループを持ってきてるのかな???


・片歯のセット
c0173794_21550696.jpg
カタログだと前進用には使えるって話だけど
セットしてみると思ったよりも安定感があってビックリ!
ちょっとぶら下がるくらいなら無問題でした。

借り物なので流石にフォールテストはしなかったけど
普通のカムよりは耐えてくれそうな感じです。

フレアクラックとかで片歯は効いてるけどもう片方は微妙って時に
片歯+αの気分でセットしたら意外と止まったりするのかな???

誰か自分で買った人に試してほしいな〜w


続く





[PR]
by kunkung | 2016-11-28 22:30 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

昨日に引き続きトーテムカムインプレッションですよ〜


・トリガーの引きと距離感
c0173794_22412035.jpg
トリガーの引きは軽めでトリガーからサムループ(なの?)までの距離も
使いやすい範囲に収まってます、私の手のサイズには。

逆にトリガーからヘッドまでのサイズも適正な長さが保たれていていい感じ。
ここを短くするとカタログスペック上は軽量化できるんだけど
実際のセットを考えるとクラックの奥にセットできなかったりとか
デメリットも大きいからこのあたりは好感度大ですね♪

難点はトリガー部分のワイヤー幅がひろいところかな。
ここが広いとパンプしてるときにトリガー引くのが辛いんだよね〜



・ヘッド周りサイズ
c0173794_23121321.jpg

ヘッドのコンパクトさに含まれる部分かもしれませんが
カムローブのサイズも気になるところですよね〜

上の写真の青丸は岩戸の接点を示しています。

ポケットとか浅いクラックにカムをセットしたい時に
どん詰まりからどれだけ距離があればカムが効くのかで
セットできるかどうかが決まってきる場合が多いです。

このあたりのサイズは一軸構造で対数螺旋の係数が小さいほうが有利ですが
トーテムカムはせっかく一軸なのに軸の反対側が大きいために
二軸のX4と同じくらいの距離が必要です、これはちょっと残念なところですね〜


・ヘッドの材質

第一印象も岩場で試した感じもエイリアンに近くて非常に柔らかいです。
このあたりは材質もそうだけど焼入れとかの後処理で随分ちがうみたい。

柔らかいと岩への食いつきは良いんだけど耐久性がね〜
どの硬さにするかはメーカーそれぞれのポリシーがあるんだろうけど
私のような貧乏人には硬めの材質のほうがありがたい限り。。。


まだまだ続く





[PR]
by kunkung | 2016-11-27 21:33 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

トーテムカムをいじくり回すぞ〜なんて思って城ヶ崎に行ったら
オフセットカムからトライカムからボールナッツまで集まってきました(^_^;)スゴスギ

c0173794_14142755.jpg

でもまずは物理的な部分のチェックからね♪



・重さ
見た目でかい割には軽いです。
マスターカムとかX4とくらべて差を感じません。
構造は複雑だけど細めのワイヤーメインでできてるから軽いんでしょうね〜
ヘッドがコンパクトなのも効いてるのかな?



・サイズと色
c0173794_22090407.jpg
この前の日記でキャメロットと揃ってないなんて書いたけど
黄色サイズ以外はだいたい揃ってました。
適当なインプレでごめんなさい〜w

ヘッドの形が不思議だからサイズ感がわかりにくいけど
実際に使う感じだと大体写真の通り対応してます。
これならそれほど問題なく使えそうですね♪

因みにマスターカムとの比較だとマスターカムのほうがちょっと小さい感じでした。



・ヘッドサイズ
c0173794_22090621.jpg
カムヘッドのサイズはX4と殆ど変わりません(一番下だけ旧赤キャメだよ)
写真は付けないけどマスターカムと比較してもほぼ同じでした。

ヘッドサイズの割にカムローブは厚いので安定感は良さそう。
バネをトリガー側に逃してるからそのあたりのアドバンテージですね。
最近のスモールカムは工夫をこらして優秀だよね〜




・柔軟性

構造的に上下と左右で柔軟性が全然違います。
ダブルステムに近い構造だからそれはしょうがないよね。

ホリゾンタルクラックにセットした場合でも追従性は非常に高いけど
構造的に注意点も有るからこのあたりはこの後各日記を読んでくだされ。

何にせよ細いワイヤー4本で荷重を支える構造だから
柔軟性は高いカムですね♪




続きはまた明日。






[PR]
by kunkung | 2016-11-25 21:36 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

新しいお借りしたカム持って遠出しよう!
そんな希望を持った週末だったけど天気と疲れのコンボに負けて日曜日帰り城ヶ崎。

c0173794_14142395.jpg
11/20 城ヶ崎

久し振りに城ヶ崎に来てみるとホカホカですね〜
おまりの暖かさにフナムシもぞろぞろ・・・

クラックを登り始めると光が届くギリギリの所に皆隠れてるのか
触覚だけがキラキラ光ってクラックから毛が生えてるみたい
きっと手を突っ込めばみんな逃げてくれるんだけどなんかネ〜(^_^;)

c0173794_14143265.jpg
フナムシもすごかったけど岩のコンディションも
Sグレード(砂&塩グレード)高めで厳しかった!

オンサイトトライした秘密の花園では
ジャムはすっぽ抜けるしカムもすっぽ抜けるし・・・

シーズン初めの城ヶ崎はチョークで塩を掃除してあげないと
カムがスッポ抜けるんだよね〜
わかっちゃいるんだけど核心部で余裕がなかったのです。。。

核心手前ではクラックをしっかり掃除してからカムセットしたから
大事には至らなかったけど、これからは気をつけよう。

今日の始まりはギア談義に花が咲きすぎて
「一日おしゃべりで終わるんじゃないか」と心配になったけど
後半は日が暮れるまでしっかり登り込めて大満足!

limacと二人で行く岩場も楽しいけど
みんなでワイワイ行くのも楽しいな〜

またよろしくお願いします\(^o^)/

記録

無名クラック OS フナムシルートと名付けたい
無名クラック TR ルートなのかも不明な割れ目
秘密の花園 × カムすっぽ抜けた
秘密の花園 TR トップロープでも登れず・・・
無名クラック TR Sグレードかなり高め
秘密の花園 TR 繋がった

















[PR]
by kunkung | 2016-11-23 14:46 | クライミング | Trackback | Comments(0)

トーテムカム短期滞在中

c0173794_19112155.jpg
ネットの力って凄い! 感謝m(_ _)m

借り物だから大フォールってわけには行かないけど
座りの良さとかラッキングとか使ってみてわかることは
なるべく詳細にレポートする予定です♪




[PR]
by kunkung | 2016-11-19 19:14 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

もう9月の話だけどクリーンクライミングin小川で
キャラバンのS君がトーテムカム持ってきてたので弄くらせてもらいました♪
c0173794_22564428.jpg

そもそも論的にトーテムカムって構造が理解できませんでしたが
本物をみてやっと理解できたのでそのあたり無含めて書いてみましょう。

まずは恒例のサイズ比較から

c0173794_23082027.jpg
時間がない中で並べただけだからよく分からんけど
サイズごとの大きさはだいたい同じくらいなのかな?

ただキャメ色+番手がスタンダートになりつつあるから
色がキャメロットとぜんぜん違うのは痛いね〜



c0173794_23075554.jpg
カムヘッドのサイズは複雑な構造の割に優秀!
でもとリーガー部分が広くてパンプしてるとトリガー引くのが大変そう。

そして興味津々だった構造!

c0173794_23082686.jpg
横から見るとこんな感じ、普通はステムが下まで伸びてスリングが付くんだけど
トーテムカムは写真を見ての通り途中で切れてます!
そしてステムの替わりに下まで伸びてるのはカムローブから伸びたワイヤーです。

c0173794_23080548.jpg
カムローブの接岩部から軸対称の位置にワイヤーがつながっていて(赤線)
フォールしたときの衝撃がワイヤーを通してして
カムローブを回すような形で伝わる構造になってます。

あったま良い〜

ステムを通してフォールした力をカムロープに伝えると
どうしても初期摩擦の部分はバネの力に頼らざるをえないけど
これなら最初からガッチリを岩に食い込むってことだね!

そして真ん中の太いステムのシステムと違って
細いワイヤー4本で荷重を伝える構造だから柔軟性が高いです。
このあたりもポイント高いね♪

c0173794_23243901.jpg
そして最後まで理解できなかったのがバネを仕込んでいる場所。
エイリアンみたいにカムローブの中に仕込んでるのかな〜?

よく見たら上から2枚めの写真にバッチリバネが写ってるねw
マヌケなことを書いてしまいました(^_^;)


総評としてキャメと比べてメリットデメリットをあげると

メリット
カムの安定感が良さそう
軸の柔軟性が高いからウオーキングしにくそう
カムセット後の座りも良さそう
しばらくは持ってると自慢できる???

デメリット
トリガー部分が太いからパンプしてると引きにくそう
スリング部分の構造が大きいからラッキングがめんどくさそう
キャメロットやフレンズなどと違う番手の色使い
カムを大量に持っていくと複雑なワイヤーシステムが何かに引っかかりそう


だれか人柱で買ってくれないかな〜
そしたら使わせてくださいな♪











[PR]
by kunkung | 2016-11-11 23:34 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

最終日、本当はクライミングしたかったけど
体調とかその他諸々で初めての瑞牆山へ♪

c0173794_23463241.jpg
11/5 瑞牆山ハイキング

私たちは歩くの遅いから余裕を持って行動しないとね♪
しかも紅葉が綺麗だと何時間かかるか・・・

そんな心配をしながらアプローチハイキングをすると
荷物が軽いってこんな楽なのか!!!
カムフルセットのザックが無いと急登もルンルンです♪

あっという間に瑞牆山頂上に到着してお昼ごはん。
思ったより早く着いたね、このまま元来た道を帰るのもね〜
予定変更して不動沢方面へ下山。

弁天岩とかの看板を見ながら下ると
日向の瑞牆山荘側と違ってしっとりの見慣れた瑞牆の道!

山は紅葉も終わりかかっていて写真もそれほど時間がかからず
思ったよりもアッサリと一周しちゃいました。

最後の方で何となくゴミ拾いしながら歩いたら
出るわ出るわのゴミの山!

c0173794_23463371.jpg
定番のビン・カンは良いとして良くない!

c0173794_23463656.jpg
ブラシ?

c0173794_23463970.jpg
パンツ???

う〜ん、なんだかな〜
きれいな山にゴミは似合いませんよ♪

c0173794_23585584.jpg
パンツが最後だと悲しいからちょっときれいな風景写真で〆 (^^)





[PR]
by kunkung | 2016-11-10 21:46 | その他 | Trackback | Comments(0)

食い倒れの上田

有名な上田城がある上田で観光しよう! 
ハルでしょルバンでしょやまざき屋でしょ
あれ?それ全部食べ物屋さんなんだけど・・・

城とか和建築系が好きな私をコロコロ手の上で転がして
食い倒れの旅を楽しむ某妻をご存知の皆さんごんばんは
c0173794_22574175.jpg
11/5 上田観光

城を見に来たはずが何故かパン屋から蕎麦屋のコンボ!
そしてお待ちかねの城を見た後は流行りパン屋から和菓子屋へwww

田舎の小さい町ってイメージしか無かったけど
上田っておしゃれで美味しいお店がいっぱいあるんだね!

楽しく美味しく、いつも通り食い倒れの旅を楽しんじゃったけど
最近は体脂肪率が急上昇中だったんだよね〜
過ぎたことは悔やまず喰った分は体を動かす方向で前向きに考えよ(^_^;)


c0173794_22574419.jpg
それにしても上田城、万単位の軍勢を撃退できるような堅城には見えないんだけどな〜
紅葉は綺麗だったけどw








[PR]
by kunkung | 2016-11-08 22:52 | その他 | Trackback | Comments(0)