アイストレ@岩根山荘

終わらぬ仕事、止まらぬ食欲、増える体重・・・
正月からジリジリと体重が増え続けるアイロンです、こんばんは

c0173794_22401150.jpg
1/26 岩根山荘アイス

去年のアイスキャンディー100本ノックから今回のアイスツリー
同じ人工氷瀑でも随分感じが違いますね〜
私の場合登れればどこでも楽しいんだけどwww

バーチカル主体にカンテとか悪い氷とか色々試したけど
相変わらず氷を割っちゃうな〜

X-Dream@デナリ砥だと多少割れにくくなるけど駄目なときは駄目だし
私のノミックでも上手く刺さるときはちゃんと刺さるから
確率が違うだけで根本的には振りの問題なんだよね〜

c0173794_23223170.jpg
ノミックとX-Dreamを比べるとピックの角度も先っちょの形状も違ってて
上手く刺さる腕の振り方が両方のアックスで違うんでしょう。

私の腕の振り方が一定してなくて確率分布的にX-Dreamの方が刺さる確率が高くて
ノミックだとたまに刺さるくらいの確率の振り方をしているのかな?

具体的に何処がどう違うのかがまだわからないのが困ったところだけど
OKとNGの振り方の差をもう少し自分でも理解して
上手く刺さる動きを自動化出来るようになれば良いんだろうな〜


アイスだけだとあまりパンプしないから途中からちょっとドライへ
この前のコンペ課題がまだ壁に残っててやってみよ〜

うおっっ! 遠い〜

コンペ課題ってこんなにリーチものなのか!
私のために有る?と言いたくなるところだけど
ドラツーだとヒーヒーw

一生懸命やってたらホールド一個壊しちゃうし
こっちの世界もなかなか難しいんだね〜 ←当たり前w


まだまだ覚えるべきことがたくさん!
新しいことを始めると大変だけど楽しいな〜♪







[PR]
by kunkung | 2016-01-27 23:43 | アイスクライミング | Trackback | Comments(0)

明日どうする? う〜ん
3連休の3日目は東京に帰る移動日でもあります。

東京に帰るには昼過ぎにはこっちを出ないとね〜
朝はテントを撤収して車に荷物を積んでから移動、
最後のユマールとアプローチの時間を考えると・・・

神須ノ鼻はこの日で終了して時間が読める瑞浪で
クライミングしてから帰ることにしました♪
さらばクラック天国!

c0173794_22143782.jpg
1/11 瑞浪屏風岩

アドリブ的に急遽移動した瑞浪、
大きいカムは持ってないし小さいカムだけで登れるクラックを・・・

なんて思ってたらTさんがでかカム貸してくれました♪
持つべきものは友ですね〜ありがとう\(^o^)/

まずはエースをねらえ!でアップして
紹介してもらった開拓したてのナルトをオンサイトトライ♪

ムーブはフレンドリーだけど結晶が痛い。
フィンガージャム前提で小綺麗なウエアを着て来ちゃったのに
この粗い結晶のワイドをやる事になるなんて(T_T)

ま、ワイドクラッカーの正装はボロい服だよね(T_T)
油断してこんな格好したほうが悪いよね、、、(T_T)

c0173794_22291454.jpg

瑞浪にしては長めだし、傾斜もサイズ感もちょうどいいし
ワイドの基本を覚えるにはピッタリのルートだよ!

さぁみんなで登ってワイドの練習をしよう!
そして痛い結晶を落としておくれwww



c0173794_22360232.jpg
あっという間に日もくれて瑞浪タイムも終了〜
短い時間だったけど新しい出会いもあって楽しかった!

次は鬼岩公園とセットで来たいな〜


神須ノ鼻〜瑞浪とお世話になった皆様有り難うございました。
またお会いしたらよろしくお願いします♪


記録
エースをねらえ! 再
ナルト OS
ナルト TR
エースをねらえ! TR








[PR]
by kunkung | 2016-01-16 22:43 | クライミング | Trackback | Comments(0)

わーい魚だご馳走だ〜♪
クラックの厳しさに打ちひしがれて違う遊びに走るiron日記へようこそ。

c0173794_12442636.jpg
1/10 神須ノ鼻

昨日は「いはくら」にいわされたから今日はグレードを落として「みたま」
壁に日が当たると滑ってグレード感上がるから朝の内が勝負だよね。
入念にストレッチしてアップで筋肉刺激してClimbON!

c0173794_13113960.jpg

適度に難しいフィンガーをこなしてからの核心、
オブザベで読んだムーブが外れてさあ大変。

力技で右ガスからの左フィンガーを試すものの
フィンガーがスカスカ(T_T)
相当粘ったものの最後は足ジャムが抜けて終了〜からのカム外れ!!!

うぎゃ〜

ドカ落ちした上にビレイヤーのlimacも吹っ飛んで更に落ちる!
テラス寸前で何とかフォールを止めてもらってギリギリセーフ。

いや〜久し振りのカム外れでビビった!
飛んだスモールカムはぶっ壊れてました、心ボッキリ(^_^;)

もう嫌だ〜と魚とりに走ったりもしたけど
せっかく此処まで来たからには登らないとね♪
c0173794_13444500.jpg
気楽に登れそうなグレードでアマテラスを選んだけど登れん!
岩が欠けたような跡があるからホールドがここにあったのかな?

良くわからないけど最初から適正にグレーディングされてれば
本気でオンサイト狙いに行ったのにな〜残念

前回来た時は殆どフォールしなくて気が付かなかったけど
このエリアでフォールすると指痛〜(T_T)
指がクラックに入るのを拒否し始めてこの日も3本しか登ってないけど終了〜

記録
みたま ×
梓弓 再 ロープガン
アマテラス ×

カワハギ系の美味しそうな魚を収穫♪
でもユマール出来なそうだったから逃がしてあげたw













[PR]
by kunkung | 2016-01-13 20:42 | クライミング | Trackback | Comments(0)

去年から発表を心待ちにしてた神須ノ鼻!
正月は大変な混雑だったみたいだけど3連休はマッタリ進行でした♪

c0173794_21083351.jpg

1/9 神須ノ鼻
久しぶりに再開したクラック達は日本でも指折りの美しさ!
その中でも特に美しい「いはくら」が今回のターゲットです♪

久し振りの本気クラックだから渡津海と梓弓で入念にアップ。
気温は熱すぎるくらいでオンサイトトライをするか悩んだけど
せっかく来たからやっておかないとね〜

膝を怪我してから初めての5.11+のオンサイトトライ!
入念にオブザベしてムーブを考えて・・・

ちょっと日が傾いて風が出てきた頃にClimbON!
c0173794_22352566.jpg
核心はオブザベ通り、ムーブも想定通りだったけどできん(T_T)
得意系のサイズでムーブの読みもあってるのに落ちる。。。

うみゅ〜

手のサイズにもよるんだろうけど私には苦手系サイズが
延々と続いてゲロ吐きそうな感じです(T_T)

この日はスタートが遅かったのもあってここまで。
O平さんには「気温が高くてヌメるからですよ」なんて
慰めの言葉をいただきましたが完全な実力不足でした。

「たこ」といい「いはくら」といい、シンハンドに弱いな〜
愚痴ってても登れないから頑張ってトレーニングしよ!

記録
渡津海 再
梓弓 再
いはくら × 指を喰いつかると痛い(T_T)



[PR]
by kunkung | 2016-01-12 22:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)

Bivy宿泊情報

2015年に出来た新しいクライマーゲストハウスBivy。
これから台湾に行く人のためのBivy情報♪
c0173794_18290452.jpg
まずはオフィシャルページの紹介から。

日本にも有る普通のゲストハウスだけどクライミングに特化してます。
て、この時点で普通じゃないかw

あとHPの通り英語が通じます。
私のような英語オンチでもでもわかるようにやさしい英語を喋ってくれます。

オーナーのQX(名前です)はガイドもやってるので
岩場情報とか聞けば色々と教えてくれます(英語か中国語)

c0173794_21084877.jpg

料金
オフィシャルにある通り
NT$500 〜6泊
NT$400 〜7泊
NT$300 〜30泊

6泊だと7泊よりも値段が高かったりする不思議な設定だけど
この辺りはそのうちに是正されるんでしょうかw


宿泊人数
相部屋は6人+個室2人の最大8人。
予約してから行ったほうが無難でしょう。
c0173794_18015079.jpg
写真は私達が利用した相部屋です。
貴重品ロッカー、ハンガーパイプがあります。
ベッドは2段でスプリングかなり柔らかめ、
毛布は1枚だから寒がりの人は厚着して寝るのが正解かも?

早寝の人は洗濯バサミとかを使ってベッドまわりにカーテンを作ると
幸せに寝られると思います。

個室の方は利用してないのでわかりませんが2段ベッドでした。


飲食系設備
c0173794_18014387.jpg

ありがたいことにフィルター浄水器があって
水を無料で汲むことが出来ます。
海外で安心して水を飲み放題なのは嬉しいですね♪

あとキッチンも使わせてもらえます。
冷蔵庫、トースター(電子レンジはなし)、IHクッキングヒーター
フライパン、皿、コップ、スプーン、フォーク、ポットのお湯があります。
カウンターデーブルで食事を食べる形です。


バス・トイレ・洗濯など

バス・トイレは共通のものが2個。
湯船は無くシャワーのみです。
トイレと共通だからシャワーで2つとも埋まると我慢大会。。。

洗濯機は無料で使用できるものがありました。
洗濯干しもあったけどみんなで使うといっぱいいっぱい。
自分でも紐とかハンガーを多少持って行くといいかも。

他にはスリッパあり、無料WiFiあり。


買い物など
周りにスーパーなどはありません。
朝、車で行商人が来るけど正月だからか不定期にでした。
基隆などの街に出たついでに買い物も済ますのが正解です。
c0173794_21183750.jpg
食事は上の地図のFood Shop麦香屋がオススメ、歩いて10分くらいの所です。
英語が通じないから漢字の筆談が有効です、紙ととペンを持って行きましょう♪
基本的に炒飯か排骨飯を頼んでおけば外しません。


岩へのアプローチ
c0173794_21253693.jpg
宿から一番北のエリアまでは歩いて30分程度でした。
バスを待つよりも歩いちゃったほうが手っ取り早くて良いと思います。
南側はちょっと距離があるからバスになるかな〜


レンタル

c0173794_21365240.jpg
私たちは使いませんでしたがレンタルもあるみたい。
ハーネスからシューズまで有ると書いてあるけど全サイズ揃ってるのかは不明。
借りたい場合は直接問い合わせる必要がありますね。

因みに下2つのトポとチョークは販売価格です。


長々書いたけど龍洞でクライミングするにはベストな宿だと思います。
ここに滞在してると運が良ければトポの製作者とかにも会えるしね♪










[PR]
by kunkung | 2016-01-10 17:50 | クライミング | Trackback | Comments(0)

龍洞岩場情報

楽しかった台湾クライミング、備忘録的に情報共有です♪

c0173794_17231983.jpg
砂岩だけど鷹取山とかよりはシッカリしてます。
でも脆いところもあるからNPセットは慎重に。

脆いけど粗い感じの岩なのでジャミングするときはテーピング推奨。


トポ
台北にある登山友かBivyで売ってます。
レートにもよるけど日本円で3000円前後でした。
写真をふんだんに使った素晴らしいトポで
赤がトラッド、青がスポートと分かりやすくルートを分けてます。

作成者のMattとも一緒に登ったけどナイス・ガイだったよ〜♪


アプローチ
まずは台北まで飛行機+バス。
そこから1811のバスに乗って龍洞まで行くのが基本になります。
c0173794_21410936.jpg
エリアは9個あってバス停で3〜4つ分に渡って海岸線に岩場があります。
正確なバス停は行くエリアに寄ってまちまち。
駐車場は北側と南側に各1ありました。

私達が利用したBivyからは近い方のエリアは徒歩30〜40分、
遠い方のエリアはバスを利用しました。


ボルト・終了点
私が行ったエリアでは基本的にボルトはケミカルで
終了点も龍路以外はすべてありました。

クラック脇にボルトがあったりしてう〜んと思わなくもないけど
砂岩でNPだと危ないのかもしれないし・・・まあ良としましょう。

こちらではTRをセットするときに最後のボルトにもクリップしておくみたい。
岩場もろくて終了点のボルト2個が崩壊する可能性も考えてるのかな?
この辺りは私の怪しい英語力だと理解不能でした(^_^;)


宿泊
私たちは新しく出来たBivy(小屋岩)と言うゲストハウスを利用しました。
英語OK、宿主はクライマーでとても良い人でした。
後日詳細情報を書く予定。









[PR]
by kunkung | 2016-01-09 20:19 | クライミング | Trackback | Comments(0)

ドタバタ台湾記 その2

台湾3日目にバタバタだった台北を後にしてクライマーゲストハウスBivyへ
ここからはクライミング日記復活〜

c0173794_16420479.jpg

行ったクライミングエリアは「龍洞」と言う場所で
写真の通り凄いスケール感&ロケーションの岩場でした。
でも砂岩でちょっとガチャガチャしてて岩が脆い感じ。

海で磨かれて固くはなってるんだけど
スモールカムとかナッツは1個だとちょっと怖いかも〜

c0173794_16514138.jpg
岩はボルトルートもクラックルートも豊富にあって色々楽しめました。
クラックはプロテクションに一抹の不安があったからボルトルート多め。

クラックもたくさんあったけど周りにスタンスとかホールドがたくさんあったから
NPのフェイスって感じのルートが多かったかな〜

c0173794_21463386.jpg
今回登ったルートで一番のお気に入りは龍路(ロンルー)。
当地のガイドQXとトポ作成者のMattがおすすめしてくれたルートで
「Not difficult but best root in Rong Dong」だそうです。

登り自体は簡単だったけど高度感とロケーションが素敵でした♪
でも手が小さかったりリービ使えない人にはちょっとむずかしい?

私の感覚だと名張の直登みたいな感じだったけど
よく見たら周りにスタンスとかガバがあったからもう少し簡単かも。


c0173794_16513222.jpg
記録(4日間トータル)
460 白龍夢 OS
429 犀牛内角 ×
425 Sky Ladder OS
427 發想 OS
426 非想 OS
529 Disco Fistcrack OS
523 V槽 OS
552 出乎意料 OS
530 鼻子 TR
550 運動 OS
542 阿彌陀佛 OS
328 龍路 OS
59 赤頭 ×
65 New Ferrari TR
61 落大石 TR
64 機車 TR×











[PR]
by kunkung | 2016-01-08 19:13 | クライミング | Trackback | Comments(0)

ドタバタ台湾記 その1

あけましておめでとうございます。
今年の正月は台湾で親友の結婚式に出席した後
初めての海外クライミングでした♪

今ままで旅行日記を完遂できたことがないから今回はすっ飛ばしながらねw
c0173794_15510234.jpg
台湾に無事到着して明日は親友の結婚式♪ 期待に胸膨らませて
荷物満載のスーツケースをゴロゴロ引きながら
3泊する予定のホテルを目指したら、、、あれ???

手違いでホテル予約ができてないのがわかった午後10時!
風邪引いてる中ステーションビバークも覚悟したけど
結婚式前日の親友に助けられてなんとか宿を確保!

怒涛の時間を乗り越えて素晴らしい式に出席できて良かった!

でも当然この日もホテル難民。
披露宴に出席しながら一生懸命ホテルを探すも空きはなし。

周りはクリスマスの余韻が残る週末で浮かれてる中
私たちは背中に冷たい汗が・・・

このまま台北にあと2泊するのは現実的じゃないから1日早く
クライミングエリア近くのゲストハウスBivyに移動しよう!

結局台湾2泊目はちょっと怪しげな大人のおもちゃ的サムシングがある(ラブ?)ホテルw
3日目はBivyの予約が取れてなんとか穴開けた3泊分を埋めましたとさ。

人生色々あって楽しいよね!

















[PR]
by kunkung | 2016-01-07 19:21 | その他 | Trackback | Comments(0)