リービテーションの科学

リービのやり方なんて私が書いちゃっていいのか微妙ですが
細かいことは気にせずにさっくり書いてみましょう♪
アイロン流リービの具体的なやり方です!


写真ではハンド+ハンドのリービで説明しますが
やり方はハンド+フィストでも変わらないのでまとめていきますよ〜

この説明では左足上で右側に体を傾けるバージョンのやり方で、
反対向きは手足が全て反対方向になるだけです。
両方できるようになると良いと思います。


・まずは手の決め方

c0173794_15253793.jpg
クラックに腕を沿わせるように縦に左手をセットします。
この時手首は真っ直ぐです。

そうすると手の厚みで赤線のようなスロットがクラックの中に出来ます。

c0173794_15253945.jpg
出来たスロットに右手でハンドジャムを決めます。
これでリービテーション完成!
c0173794_22334362.jpg
上から見るとこんな感じ。

普通のハンドジャムと一緒で
力を抜いた状態でスタックするところを探して
そこから力を入れるとパワーセーブ出来て楽ちんです。

フィストの場合は右手がフィストになるだけです。
スロットにフィストジャムをきめる感覚で
ちょっと奥の方にフィストを決めると楽です。


・次は足の決め方
c0173794_15330490.jpg
フットジャムが効くならそれでOK、ちょっと広いようならば
足の甲と土踏まずを捻るようにジャミングを決めます。

左足はなるべく高めにジャムをきめて右足は低い所に残します。
右足で体重を支えて左足で体が剥がれないように頑張ってねじります。

左足と右足の距離で上半身を支える形になるので
この距離をなるべく広く取るのがポイントです。

地面からこの状態を作るのはそれほど問題なく出来ると思います。


・ムーブ
ここからがリービの核心です。

リービは両手でジャムを決めてるので手を動かすときに
そのままだと一瞬ノーハンド状態になっちゃいます。

それをフットジャムとレイバックでこなすのが私のやり方です。
実際にどうやっているか見てみましょう♪

1.体を右に傾ける
2.右手を抜いてガストン
3.レイバック気味に左手を上に上げる
4.上げた左手に右手を重ねる
5.正対に戻ってリービ体制に
6.足をあげる
7.1に戻る

ポイントは右手を抜くときに左手は手のひらを平側に、
肘を反対に時計回りにねじっている部分と
足をあげるときにはポンピングで上げるってところです。

文章にするとすごく簡単ですね!

それを動画で見るとこんな感じ。






このやり方だとプロテクションをレイバック体勢で取ることになるから
そこで体力を消耗しちゃうのが難点かな〜
でも微妙なサイズのクラックをかなり安定して登れるからオススメです。

他にもっと良いやり方があったら教えてちょ♪







[PR]
by kunkung | 2015-06-24 19:35 | クライミング | Trackback | Comments(0)

ワイドの科学

マニアックなワイドクラックの世界に突入するジャミングの科学へようこそ。
でもワイド登りって一口で言っても技術的には多岐にわたっています。

アイロン日記ではザクッとしたワイドの分類をしてから細かい技術を書いていきましょう。

ポイントになるのはジャムを効かせる体の部位とクラックの幅です。
上半身で言うと肩、肩甲骨、背中、 下半身は足首、膝、お尻
この辺りがクラックに入るかはいらないかで状況がかなり変わるんですね〜
c0173794_17594284.jpg
1.オフフィスト
フィストは駄目、でも肩も膝も入らない、、、厳しいサイズですよね〜
上半身はにっちもさっちもいかないのですが
足はフットジャムがギリギリ使えるくらいのサイズなので比較的安定しています。
腕が獣系の人は上腕ジャムが決まります。

ここで使える技術は上半身がハンド+ハンドのリービテーションとか上腕ジャム
下半身はフットジャムになります。


2.アームバーサイズ
肩はギリギリ入る、でも膝は入らないサイズ。
これもかなり厳しいサイズです。

アームバーがなんとか効き始めるけど、背中まで入ってないから不安定。
フットジャムはプアになってきて足の甲と土踏まずのジャムとかちょっと大変になってきます。

ここで使う技術は上半身がアームバーとガストンで耐えるかリービ、
下半身が上記の変形フットジャムです。
アームバーのほうが上体が壁にくっついて楽だけど
リービ(ハンド+ハンド〜フィスト)の方が動きやすいよね。



3.ニージャムサイズ
ワイドクラックも膝まで入ると一安心ってサイズ、でもおしりは入らない。
上半身はアームバーも腕が曲がる上に肩甲骨の押し付けられて楽になるし
リービ(ハンド〜フィスト)とのセットも使いやすくなってきます。
下半身はニージャムがバッチリ効くと一休みできます。
ただ反対の足はねじりの動きでジャムとかだんだん厳しくなってきます。

ニージャムサイズから下はその場にいるのは比較的楽だけど進むのは辛いサイズです。


3.オフィドゥス
お尻が半分くらい入ると体も半分くらい入ります、でも頭は入らない。
半身とアバウトな表記をする技術書もありますが
クラックに入れて体を保持できる部位はお尻なので
このブログではお尻が半分をオフィドゥスと考えます。

このサイズになると大殿筋とか大腿四頭筋とか大きめの筋肉を使うので
体力的には多少楽になるような気がしなくもないのですが実際にやると凄く辛いです。

ここで使う技術は上半身がアームバーとガストンの組み合わせか
フィスト+フィストのリービテーションなんだろうけど
このリービは決まってる気がしなくて怖いんだよね〜(^_^;)



4.スクイーズチムニー
頭やお尻まで含めて全身ギリギリ入るサイズ。
背中を壁に押し付けられると一気に楽になるよね♪
上半身はチキンウィングかプッシングかを使うことが多いですが
下半身のヒールトゥージャムがバッチリ決まれば上半身を使うことは少ない気がします。

因みにスクイーズはヘルメット推奨派の私が唯一悩むサイズです。
理由はヘルメットがクラックにハマって落ちると首吊りになる可能性があるから。
殆ど落ちないサイズだからどっちのリスクが高いのかナヤミドコロですよね〜


5.チムニー
上記以上のサイズでクラックの中でかなり自由に動けます。
そしてセットできるギアが無いのでプロテクションからも自由になります(^_^;)
落ちないサイズでは有るんだけど10m位ランナウトするとなぜか感傷的に・・・w

使う技術は狭めのチムニーだと上半身がチキンウィング
下半身はニー&フットとか膝を折り曲げてニー&ヒップとか。
サイズが上がるとバック&フットと根性ですね。


次からはワイドで一番いやなオフフィストサイズでのリービを書きましょう。


[PR]
by kunkung | 2015-06-23 19:06 | クライミング | Trackback | Comments(4)

久し振りのクライミング超楽しい〜
ホールド握ってニヤリ、クラックに挟まってニヤニヤ
c0173794_12240482.jpg
ニヤニヤしてキモい〜なんて言われたけど、、、
嬉しかったんだよ!!! 

表現豊かな顔を許容してくれる楽しい仲間に囲まれて
久し振りのクライミングは楽しかった〜♪

クラックも含めて10本ちょっと登ったのかな?
膝の様子を見ながら登ったおかげで疲れている以外特に問題はなし。
順調に膝は良くなってるみたい!

iPhoneの指紋認証が認識してくれないと
クライミングに復帰したな〜なんて思っちゃうよねwww







[PR]
by kunkung | 2015-06-22 20:11 | クライミング | Trackback | Comments(0)

昨日に引き続きコンデジネタ! 興味ない人はスルーだよ〜

去年の12月に買った2代目G7Xですが順調に撮影枚数を伸ばしています。
撮るにしたがっていいところも見えてくれば悪いところも・・・

(悪)・近距離のピントが合わない〜

c0173794_15532357.jpg
ホントにCanonのカメラか?って程ピントが合いません(-_-メ)
中央一点にして一番コントラストが高そうなところに
ピントフレームを持ってきても中抜け(なの?)で奥にピントが・・・

c0173794_15532849.jpg
ピントがぴったり合えば至近距離以外はすごくシャープで良いレンズなのに。。。


(悪)・撮影モードとカメラ内現像とWifi
Wifiで撮影データをiPhoneに飛ばせるところは良いんだけど
RawだとiPhoneが認識できないんだよね〜
でも家でデータ作業するときはRawの方が好み・・・

しょうがないからRaw+JPGで撮影してるんだけど
Rawのみで撮影してすぐに使いたい写真だけカメラで
JPGに変換してWifiでiPhoneに送れると嬉しいな〜

他のメーカーなら出来るんだけどね (¬¬)

(悪)・SmallRaw撮影ができない
EOS使ってると何時も最高画質で撮るんじゃなくて
多少画素数を落としたRawで撮影することが多いんだよね。

このカメラも2000万画素もあるんだから
SmallRawとかMediumRawとかつかえてもいいんじゃないの?

(悪)・マイメニューにカードフォーマットを登録できない
これもEOSだと普通にできるんだけどG7xだと出来ない・・・
簡単にできそうなものなのに何でやらないのかな〜 嫌がらせ?

(悪)プログラムシフトを空いたダイヤルに登録できない。
これもPモードにすると余るダイヤルが有るんだから入れてくれ!


おぉ! 気がついたら悪口だらけに(^_^;)
良いカメラなのに悪口だけじゃ可愛そうだから良い所も♪



(良)・ローコントラストでの階調性

c0173794_22182177.jpg
白バックで白い雪で天気はどんよりで・・・
デジカメはこういう写真を撮るのがけっこう苦手なんです。

コントラストが低い(明暗の差が少ない)から平面的な写真になりがちなんだけど
このカメラで撮影して後処理をするとしっかりとコントラストが浮き出てきます。
この辺りは今までの(私の持っていた)コンデジとは一線を画する画質と言っていいでしょう。

後処理無しでさっくりとここまでなってくれればもっといいんだけどね〜www


(他)・広角の四隅とか
ネットでは広角の開放での四隅の画質が悪いって書かれてるけど
Pモードでちょっと明るさがあれば絞り込んで弱点をカバーしてくれます。

高感度も強いし私はそれほど大きな問題を感じていません。
レアケースを上げて叩いてもね〜w




良いカメラなんだけどね〜採点が厳しい?






[PR]
by kunkung | 2015-06-21 16:40 | 写真 | Trackback | Comments(0)

歴代コンデジ

家が汚くなるとお友達を呼んで背水の陣をしき
強制大掃除をするアイロン家です。
期日が無いとなかなか片付け&掃除って進まないよね〜(^_^;)
c0173794_12435506.jpg
そんな中出てきた思い入れがあるコンデジ達、
今までも捨てようと何回も思ってきたんだけど・・・
今回こそブログに残して捨て去りましょう! (二台だけw)

カメラネタだから興味が無い人はスルーだよ〜♪


1.三洋MZ2 ~2003
c0173794_12443331.jpg


200万画素でVGAの動画が撮れてF2.8〜の明るいレンスが付いてて・・・
今となっては陳腐な性能だけどこの頃はオンリーワンでした。

動画の三洋と言われていた時代のカメラで
静止画は画質の良いFILMでいいじゃんなんて思っていた時代です(遠い目)

電源&シャッター共に反応が鈍い、バッテリーがすぐ無くなる(なんと単3!)
でも動画と連写はめっぽう強くて廉価なお値段(笑)と
弱点もあるけどそれをカバーして余りある魅力的カメラでした。

2003年に某jibeとがまスラを登っている時に
小川中にこだまする叫び声と共に落下・・・

スローモーションで転がり落ちていくカメラから飛び出たCFカードを
必死で探したのはいい思い出です。

c0173794_13311825.jpg
今でもブログに使う程度なら十分な画質。




2.三洋MZ3 〜2008.12

c0173794_13265416.jpg

実はデジカメって三洋の登録商標だったの知ってますか?
そしてこの時代、OEMで作成したのも含めると
三洋のデジカメは日本(てか世界?)シェアNo.1だったんじゃないかな? 

そんな三洋黄金時代に買ったMZ3、
世の中が画素数競争&光学ファインダーレス&SDカードにうつりゆく中
1/2inchCCDで200万画素キープ、光学ファインダーをしっかり搭載してCFカード仕様。

まだメモリーカードが256MBで1万円くらいしていた時代(遠い目)に
仕事で使わなくなったメモリーカードを流用できるのは重要なポイントでした。

故障もなく5年以上使っていてたけど
2008年にlimacが買ったGX100があまりにも良くて愕然!
私にしては珍しく壊れる前に買い替えたカメラでした。

c0173794_13581688.jpg
これもブログで使うくらいなら十分な性能なんだけどね〜



3.PanasonicLX-3 〜2014.11
c0173794_13265673.jpg
limacが買ったGX100のレスポンスや静止画の画質にショックを受けて買い替えを決意。
買うときは散々悩んだけど買って満足の一台でした♪

望遠が全然駄目とかホワイトバランスがちょっと・・・とか弱点もあるけど
光量がしっかりあれば一眼レフと変わらないくらいよく写るし
動画もHDで撮れるし、なかなかいいデジカメでした。

2014年に入ってからだんだん調子が悪くなってきて
レンズ駆動が不調になって2014.12にお蔵入り。

このカメラはブログを始めてから買ったから色々書いたけど
基本的には良いカメラでした、壊れてるけどこれだけは捨てられない(T_T)

c0173794_11370234.jpg





[PR]
by kunkung | 2015-06-20 15:38 | 写真 | Trackback | Comments(2)

嬉し楽し山菜ツア〜

週末はポッサム君にお誘いしてもらって山菜ツア〜♪
c0173794_16000801.jpg
不作と言いながらウド、ワラビ、コシアブラ、ウルイミズ、あけびの芽
フキノトウ、コゴミ、百合根と多彩な山菜を収穫できました♪

テン場では次から次へと手際よく出てくる美味しい料理に抗えず
クライマーにあるまじき暴食三昧w

ただでさえ登れてなくて体重増え気味なのにトドメを刺したか!
でも超楽しかったから良としましょう♪

あまりに夢中で写真が少ないけど山菜備忘録

・ミズ
c0173794_16000381.jpg
ミズの葉っぱ、後ろに写ってるのが食べる部分。
前に富山に行った時に出してもらった山菜でどんなのか興味あったんだけど
実物を教えてもらえてLucky♪
美味しいんだけど皮むきがけっこう面倒くさかった。


・シオデ
c0173794_16175741.jpg
Y姉様おすすめのシオデ、美味しいらしいんだけど今回は見つからず。
道の駅にあったからパチリコとw


・コシアブラ
c0173794_16185451.jpg
私の一番はコシアブラ! 大好きです♪



知らなかった山菜も新しい料理も教えてもらえて・・・
誘ってくれたポッサム君と受け容れてくれた某山岳会に大感謝m(__)m







[PR]
by kunkung | 2015-06-17 20:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

再受傷から86日

c0173794_23174574.jpg


あ〜赦されました!!!
私、赦されました\(^o^)/

ちょっとだけ登っていいよと♪ でもお外は駄目と、、、
ジムの方が膝に良くないよね〜なんて思ったけど外はアプローチが厳しいかw

H先生のOKは前から出てるから心置きなくジムで登ろう!

でも半月板の症状は治まってきたけどタナ障害っぽい症状が出てきたらしい。
顕著な症状が収まると今までわからなかった症状も出てくるみたい。

軽く様子を見る感じでね!って念押しされたから
ちゃんと自重して登らなきゃね〜油断大敵!

細かくステップ踏んで今度こそ完治目指して頑張ろう\(^o^)/
[PR]
by kunkung | 2015-06-16 23:18 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)

グリグリの科学 2.0

以前にグリグリの科学を書いてからはや5年!
月日が経つのは早いものですね〜 シミジミ
時代はグリグリ2になりやりかたも随分かわったのでおさらい。
c0173794_20521932.jpg
まず、当たり前ですが説明書を読みましょう(笑)
ここに書いてあることはそれ以上の部分についてです。
またここの情報を元に事故が起きたとしても責任は持ちません。

オウンリスクでお願いしますよ〜


・ホームボジション
みんなビレイをするときにどういう体制を取ってますか?
右手は何処にあって左手は何処にあって・・・

通常状態の時にどういう体制でいるとビレイに必要な処理が
スムーズに行えるかを考えてホームポジションを決めましょう。

私の場合は下記のとおりです。
c0173794_20560536.jpg
まず右手ですが中指〜小指メインでロープを握りつつ
人差し指はグリグリの出っ張りの下を支えます。

c0173794_20560777.jpg
その状態で親指をカムの上に置いておく。
これが私の右手のホームポジションです。

PETZLの説明書に有る繰り出しの右手と同じですね。

c0173794_20583943.jpg
左手は普通にクライマー側のロープを握って全体図はこんな感じ。
ポイントはグリグリが下にぶら下がるような状態であるってことです。
c0173794_21003731.jpg
この状態からだと繰り出しもワンアクション
c0173794_21004026.jpg
手繰り上げもワンアクションでこなせます。

そしてクライマーがフォールした時は右手を握りこんで
余裕があれば一手繰りしてあげると落下距離が短くすみますね♪

この方法を採用するだけでグリグリのビレイが凄くやりやすくなるからオススメです♪



・グリグリを下にぶら下げる意味

これもちゃんと意味があります。


c0173794_21112708.jpg
グリグリが下の状態ではロープの出口は赤矢印になります。
逆に上に来た時は黄色矢印です。
この距離はハーネスやカラビナにも寄りますが15cmくらいでしょうか?

グリグリにかぎらずビレイにおける繰り出しは
左手のスタート位置から伸ばしきるまでの長さが1ストロークになります。

なので左手は下にあったほうが一度のストロークが長くなるので
繰り出しが素早くできることになります。

その時に右手はグリグリを押し下げているのですが、
ストロークが足りなかった場合でも押し下げ分の15cmを
引かれるに任せて繰り出すことが出来ます。

片手で15cm以上リーチ差がある人って少ないでしょ?
リーチが短くて繰り出しに苦労している人でも
グリグリを使うと15cmくらいは差を埋めてくれるんです! あ〜素敵♪

ちなみに突然ロープをひかれた時、
---例えばロープが足とかに絡まないように捌こうとした時とか---
そんなときにも15cmの余裕があれば対応がかなり楽になります。



・ロアーダウン

説明書には左手レバーを引ききって
右手でスピードをコントロールするように書いてます。
本当は説明書のの通りやれば全く問題ないんだけど
左手のレバーだけでコントロールするとがくがくしますw

確かにせっかくグリグリ使ってるからレバーを緩めてカムを使いたい気持ちもわかりますw
実際私も使っているのですがそこにはちょっとしたコツが。

実はグリグリ2のカムは弱い制動〜強い制動の2段階にわかれています。
私はこの弱い制動をかけながら細かい部分は右手でコントロールしています。

弱い制動が効くレバー位置は使い慣れてくると何となく分かります。
それまではちょっと多めにレバーを引いておくとガクガクしないで良いですよね♪


・使うカラビナについて

グリグリで使う安環は角が鋭角なD型を使用すると
メジャーアクシスの位置でカラビナが安定するのでお勧めです。
当然だけどゲートはロープが干渉しない左側でね!

因みに男性は小さいカラビナがオススメです。 
理由? それは・・・


おわり



[PR]
by kunkung | 2015-06-09 22:22 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

再受傷から76日

再受傷から76日膝の経過は良好です!

前十字靭帯がつながっているのが判明した後色々と考えた末、
今できることを全部やってそれでも駄目だったら手術をする方向にしました。

川口先生の話だとこんな感じ

手術のメリット
・膝の引っ掛かりがなくなる
・不安定感もそれなりに減る

手術のデメリット
・半月板を削るぶん膝に水がたまりやすくなる
・クッションが減る分痛みが出やすくなる

手術しても100%元に戻るわけじゃないからね〜


ただ6月初旬に手術をするかもって事で
色々根回しをして仕事が入らないようにしてたのが仇になり・・・

長期休暇で無収入  ( ゚д゚)アアア 

どうせだから車で長旅に出ることも考えたけど
愛妻limacを家に残して行くのも心苦しいし
治療のたびに東京に戻ってくるのも面倒なので
ちょっと新しいことを始めてみることにしました♪

内容? フフフフフw





[PR]
by kunkung | 2015-06-06 21:14 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)