Camalot X4

今までも色々と情報を流してきましたが新情報。
まずはBDの宣伝動画、なんかわくわくしますね〜

この動画を見ていて気になったのですが
このカムって歯に溝はないの? ツルツルなの???
c0173794_223556.png

どうせ歯の溝なんて気休めなんだろうけど
ここまでツルンとしてると一抹の不安を覚えちゃいます。。。
製品版では普通のキャメロットくらいの溝は欲しいな〜

そして国内での情報。
c0173794_22363870.jpg


ざっと要点だけ書くと
予価 8505円 (本体8100円)

0.1 51g 8.4~13.8mm 5kN
0.2 54g 9.9~16.5mm 6kN
0.3 75g 12.4~21.2mm 8kN
0.4 82g 15.5~26.6mm 10kN
0.5 91g 19.8~33.7mm 10kN
0.75 112g 24.0~41.2mm 10kN


強度が普通のキャメロットよりも低いのが気になるところですが
0.3までは8kNあるので普通に使うぶんには問題ないでしょう。

レンジ表記がキャメロットC3から変わってますが
普通のキャメに合わせた形になったのでこちらのほうが分かりやすいでしょう。
色もキャメロットと揃って分かりやすくなりました。

値段はマスターカムがもうちょっと安いから
もうちょっと頑張って欲しいところだったけど
つくるのにコストかかってそうだしこんな物ですかね〜w

早く実物を見てみたいものです。
[PR]
by kunkung | 2012-08-28 22:49 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(4)

地獄のような暑さの中、宮下公園で姪っ子のクライミングデビュー!
c0173794_2217289.jpg


2時間登れるはずのチケットだけどあまりの暑さで1時間持たずw
「もうダメ〜」って引き上げたはずなんだけど
帰り道で50mダッシュ4本も付き合うことに・・・

さっきまで疲れたってヘバッてたのに
何処からそんなパワーが???
子供のエネルギーは恐ろしいな〜w
[PR]
by kunkung | 2012-08-27 22:21 | クライミング | Trackback | Comments(4)

2012 物欲の秋

秋にはまだ早いかな??? まあいいでしょ
今日は久しぶりにカメラネタ興味がない人はスルーですよ〜w

私の遊びカメラで愛機のLX3も買ってはや3年半!
まだまだ十分に使えるんだけど新しいのが出ると
どうしてもムクムクと興味が湧いてきちゃうんです♪


c0173794_22362624.jpg

今回注目の子はこのカメラ、DSC-RX100です。

アイロン的注目の部分

1incCMOSのうえSonnarレンズ、でも2000万画素はイラネw

アスペクト比が3:2でレンズも広角側だけは明るめ。
望遠がちょっと暗いけどサイズを考えるとね〜
あとワイド端が24mm相当からあればいいんだけどそれは望み過ぎか?

望遠側で寄れないのもちょっと痛い
センサーが大きくなるとどうしてもレンズの制約が多くなるよね。。。
そのあたりのバランスを考えるともう少しセンサーが小さくてもいいのか?

でもセンサーサイズの割に小型軽量で持ち運びは楽そう!
これは遊びカメラとしてはとっても大事!!!って

ちょっと持ち手が滑り易すそうなのが玉に瑕か?
でも適当に滑り止めテープ貼ればいいからこのあたりは問題なしです。

肝心の写りは? データを見る限りなかなかですね〜
大きいセンサーだけあってグラデーションが豊富に出てます!

アスペクト比が3:2のコンデジはなかなか無いから
それだけでも好感度バッチリ♪

じゃ、買うの? なんて聞かれるときっと買わないんだろうな〜
やっぱり今のカメラが壊れてから次を探すことになりそう。

仕事用のカメラは耐久テストみたいにシャッターが壊れていくけど
遊び用のコンパクトって意外と長持ちするんだよね〜なんでだろ?
[PR]
by kunkung | 2012-08-26 22:56 | 写真 | Trackback | Comments(0)

しつこく続くグランドフォール検証第四回目。
今回は可能性は低いけどカムが歩いて外れた以外の可能性の追求と
落下距離やグランド後の指示出しなどの考察です。

まずはカムが外れた原因考

1・吉田理論の応用
まずは吉田和正大先生ブログこのページを見ましょう。
ふむふむ、城ヶ崎みたいなパラレルクラックでも斜めから振られ落ちすると
カムが抜ける事例が多いのか〜

この考え方の応用で、私がムーブを探るために登ったりクライムダウンしたりを
繰り返しているときにカムがいつの間にか上を向いてしまった。

そこでフォールしたときにカムが反転してそのまま結晶を砕きながら
カムがはじけ飛んだ可能性があります。

ただ既に8m前後登っていてロープの伸びも十分にある状態で
カムがはじけ飛ぶようなショックが加わるのは考えにくいですよね〜
反転しただけでもはじけ飛ぶんかいな?


2・カムが最初から壊れてた
この日記でもカムが壊れた件を書いていますが
フォールによって壊れたのか最初から壊れていたのか・・・

少なくともバネが外れて引きがおかしい状態ならば
セットするときに気がつくので正常だったと思われます。

c0173794_1135198.jpg

でも新しいカムと比べてみるとわかるのですが
フォールしたカムは歯がハの字に開いてしまっています。
写真だと分かりにくいかな? カムの歯の右側が広がってます。

この症状は度重なるフォールトかドカ落ちで
カム軸が曲がり歯の平行が崩れてしまう状態です。

カムがフォールを止める原理を簡単に書くと
対数螺旋のカムが左右の壁を押し広げることで
壁の中にカムを押しとどめてくれるんですね。
詳しく知りたい人はキャメの取説でも読んでね〜

ポイントはフォールの方向とカムの回転軸が揃うところなんですが
ハの字に開いてたら明らかに揃わないですよね・・・

角度がどのくらいずれるとフォールを止める力が無くなるのかわかりませんが
少しでも角度が変わればベストな状況で無くなることは確かです。

で、何時からハの字に開いてる状態だったのかが問題になるのですが
おそらく今回ので突然曲がったわけではない気がします。

これだけが原因じゃないと思うけどカムが外れた一因にはなってるかも???


ビレイとその後
今回はビレイヤーの悪鬼とサポートしてくれたかねちんさんには感謝感謝なのですが
具体的にどのようなところに感謝してるかを記録しておきましょう。

感謝1・落下距離
私の体感で8mちょっと登った状態でフォールして5m弱の地点にあるカムでぶら下がる。
ランナウトは3.5mくらいでしょうかね? 
単純計算で 4.8-3.5=1.3m 
実際には斜上してるから余裕が1mあるかないかだと思われます。
スタティックロープでビンビンに張ってたとしても
足は地面についちゃいますよねw

実際にオンサイトトライで次の手を取る瞬間に落ちていることなどを考えると
ロープを張り気味にしておくなど考えられませんし
出だしで取ったカムでロープが屈曲していることを考えると
驚異的に少ない距離で止まっていると思います、感謝


感謝2・グランド後の指示出し
私の頭がぼんやりしている状態で悪鬼から指示が飛んでいるのが聞こえました。
体が動くか、かねちんさんをすぐに呼んで引っ張り上げる準備をするとか・・・

正確には覚えていませんが私がボケッとしているあいだに
かねちんさんが上に来て私を引っ張り上げてくれました。

私が最後にロアーダウンをするところで結びが甘かったのが
唯一の反省点ですがこのあたりは自己責任、
自分でマズイと思ったらお願いするくらいでいいのかもしれません。

今回のビレイ&サポートに関しては
慌てず騒がず必要なことを正確に行う、学ぶべきところが多かったです。

パートナーに恵まれて無事下山できて本当に感謝です、ありがとうございました!!!


今回は幸いにして大きな怪我もなく自力下山出来ましたが
一歩間違えばヘリが飛んでいてもおかしくない状況でした。

カム計画などこれから少しづつ良い方向に持って行きたいと思ってます。
これ読んだ人も事故起こさないように気をつけてね〜
[PR]
by kunkung | 2012-08-25 12:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)

焚き火♪ 焚き火♪ ルンルンるん♪♪♪ と
珍しく夕方から小川入りした週末。

やましんさんがテントを張ってるひげ的な場所を探し当て
焚き火対応ブルータープをセットして宴会開始〜

c0173794_14354548.jpg

キャンプファイヤーの前でポイを回してる気分?

c0173794_12564057.jpg

回すのも楽しいし語るのも楽しい♪ 小川ってイイな〜
持ってきた焚き火をあっという間に燃やし尽くして宴会終了〜

そんなこんなで一夜明けたクライミング初日

8/19 お姫様岩〜お殿様岩
この日は急遽手術をすることになってしまったlimacの為の日。
行き先はlimacが行きたい「予期せぬプレゼント」に決定!

早速お殿様岩に行くと先客が〜残念
待ちの人数を確認してお姫様岩でアップと行きましょう♪

ネイキッドクラック&カミイルート
う〜ん、、、やはりフィンガーサイズは
グランドを思い出すのか心がシビアな反応をしちゃいます。
ワイド〜ハンドくらいまでは全く問題ないんだけどな〜

フィンガー部分だけ時間をかけて固めどりw
こうやって段々と慣らしていくしか無いんでしょうね〜

皆んなでTR登りをしてもらった後によきプレへ戻ると
ちょうど空いたところだったみたい、ラッキ〜

よきプレはりゅうへいさんが果敢にリードトライするものの×
TR登りだと問題を感じないから後はリード慣れですね〜

私は相変わらずフィンガーイップス、
ワイドはサクサクランナウトも大丈夫なんだけど
フィンガー部分に入ったら突然3本も固めどりwww
笑い事じゃないんだけど・・・(ーー;)う〜ん

c0173794_15204581.jpg

本日主役のlimacはよきプレをアッサリとノーテントップアウト!
こんな感じで治療も予期せぬ回復をして欲しいものです♪

そしてTRP回収便、ちょっと試したいことがあるんですよね〜
以前twitterで紹介されてたこのビデオ、いいんじゃない?

初めてのリービ@アイロン♪
ワイドってこんな登り方も出来るのか〜

クラックにあるスタンスとかホールドを無視して
リービで登ってみたけど思ってたよりも使えます!

リービテーションってルーフクラックとかのイメージが強いけど
実は傾斜が緩いところでガンガン練習しておくほうがいいのかも?
次はよろめきでリービ練習してみたいな〜♪

ところでリービでリードする時ってどのタイミングで
カムセットするんでしょ???


一緒に遊んでいただいた皆さんありがとうございました。
また遊びましょ♪

記録
ネイキッドクラック 再
カムイルート 再
予期せぬプレゼント 再
予期せぬプレゼント TR リービの練習
[PR]
by kunkung | 2012-08-22 15:39 | クライミング | Trackback | Comments(2)

先日の日記で間抜けなセットを暴露したアイロンです、こんにちわ
俺のセットが間違ってたんだよ エ〜ン ε=ε=┌(;>△<)┘ と
逃げ出すのは簡単なのですがそれでは浅いのです。

リアルに事故(一歩手前?)を起こした当事者なわけですから
二度とグランドしないようにもう一歩深く検討を続けてみましょう。

c0173794_15203238.jpg


実は私、フォール中にカムが外れたのは2回目で両方ともc0.3です。
ちなみに前回外れたときの日記はこれ

サンプル数が非常に少ないのでc0.3ばかりが外れたのはただの偶然かもしれませんが
今回は思い当たるフシもあるのでこちらのラインから攻めて見ましょう。

まずはc0.3のテクニカルデータを見てみましょう。
キャメロットC4 #0.3 レンジ13.8-23.4mm 強度8kN

このレンジは大嘘で実際にサイズを測るとわかりますが
歯が完全にとじた状態から完全に開いた時の数字をカタログに乗せています。

でも説明書にはこんなふうに書かれているんですね〜
「すべてのカムが50%〜90%とじた状態で
 ステムが予想荷重方向に向いている状態が理想的です。」

結局説明書では「使わないでね」と言うサイズまで
カタログに対応レンジとして記述するなよ(-_-メ)と思うのですが
この二つをしっかりと計算すると真実のレンジが見えてきます。

(23.4-13.8)×0.1〜0.5 +13.8 
= 14.76〜18.6mm

使える幅はたったの4mm弱、
これが説明書通りにC0.3を使ったときのレンジになります。

実際のクライミングではこの幅でパラレルな場所を目視と指で探すのですが、
この指の感触を使う部分に問題を感じるのです。

c0173794_14434928.jpg

実はc0.3(緑エイリアンも)のサイズって私の体だと
人差し指の第一関節が入るか入らないか ってサイズです。

数値的に人差し指第一関節を見ても16〜17mmくらいで
上記適正サイズの丁度中間くらいです。

その指でカムセットするときに目星をつけた場所を軽く擦って
浮いた結晶や砂がないか、激しい凸凹がないかなどをチェックします。
城ヶ崎などではチョークをつけて塩を落とすこともしばしばあります。

今回のことでカムを眺めながら発見したことは
あれ? 指、奥までとどいてないんじゃね

・・・あまりにも単純で見落としてました (ーー;)

じゃ、エイリアンは? と思って比べてみると・・・

c0173794_152456.jpg

第一関節で止まったとすると奥の歯の位置に指が届くか届かないか

c0173794_1524389.jpg

第一関節が通過出来れば余裕を持って奥側まで指先が届きます。

c0.3だと奥の歯はほとんど指先が届かないと思ったほうがよさそうですが
エイリアンは狭目でも奥の歯までは指先が届いていそうです。

また第一関節が入るようなサイズだとクラックの奥に
歯一枚分の余裕を持って指先でチェックできることになります。
カムの幅ってこういう所でも違いが出てくるのかもしれませんね〜


これを前回の推測とかけ合わせると・・・

指先の判断でパラレルだと思っていたクラックは
3枚目くらいまでしかチェック出来ていなかった。

それより奥は目視で確認したけど暗くなっていて
クラックが広がっているのを見落とした。

その状態でc0.3をセットして昇り降りを繰り返してカムが歩き・・・


未熟と一言で済ませるのは簡単ですが
一つ一つ深く考察していくと新しい発見があるものです。

せっかく生と死の分岐点からこちら側に戻ってきたので
考えて足掻いて次に同じことを起こさないように頑張ってみましょう。


それにしてもc0.3は城ヶ崎クラックみたいに
スパッと割れているところで絶対的な安心感があるんですけどね〜
花崗岩みたいな凸凹クラックだと要注意なのかもしれません。

壊れたC0.3の替りはマスターカム1(青)にしてみようかな〜
それとも新しいスモールサイズキャメロットが出るまで待ってみるか???
[PR]
by kunkung | 2012-08-15 15:50 | クライミング | Trackback | Comments(0)

カムセットには自信があったのですがこの前のグランドフォールでボッキリ_| ̄|○
形ある物は壊れるしセットしたものは外れるのが通りなのでしょうか。。。

問題のセット・・・私のセットの記憶なので主観です。

セットした場所はダブルクラックの始まったすぐ上の左クラック。
ちょうどハンドサイズからフィンガーに変わったあたりの場所です。

セットは初め緑エイリアンを考えたのですが
使いやすいエイリアンを後に取っておこうと考えてc0.3に変更。

多少ガタガタしているもののほぼパラレルの場所を見つけてセット。
これは確実に止まると判断しました。


c0173794_12563986.jpg

フォール時に外れたc0.3の現在の姿です。
歯が1枚完全に開かなくなっています。

落ちた直後は歯は開くものの動きが渋く平行が崩れた状態だったのですが
カチャカチャ動かしていたらバネがパチンと外れた(折れた?)のか
そのまま開かなくなってしまいました。

ビレイヤーの証言ではほとんど衝撃無くカムが抜けたようなので
その程度の力で壊れてしまうなんてよほど変な方向に力がかかったのでしょうか?

c0173794_1332720.jpg

壊れた歯のアップを見てみると端の方に新しく付いたと思われる傷があります。
ただしこの程度の傷は普通のフォールでも付くものだし
カムが壊れるほどの力とは思えません。


カムをセットした方向は覚えていませんが
この傷が今回付いたものだと判断すると
傷の方向から考えて外歯を左、内歯を右にセットしたと思われます。

この仮定が正しいとしてクライマー側からカムの歯に番号を振って
ルーペで観察しながら比較的新しい傷位置をマーキングしたのが下図。

c0173794_21194710.jpg


1の歯
ベストな位置に傷が入ってます。

2の歯
壊れた歯でこの位置に傷が入るのはカムがかなり開いているはずです。
カム歯の背中側(なの?)にも傷が入ってます。

3の歯
この歯が疑問で、ベストな位置に結晶を潰したような深い傷があり
その傷は横にズレているような感じです。
またカムの歯が開ききる位置まで傷が点々と入ってます。
点々と入っている傷は浅めです。

c0173794_2242320.jpg

疑問が残る3の歯


4の歯
この歯は完全に開ききった状態でフォールしたようです。。。


ここまで観察すると容易に想像がつくのですが
クラックの奥のほうが広がっていてカムが歩いてしまったのでしょう。

3の歯が何故このような傷の付き方になったのかも含めて
その場面を追いながら想像してみましょう。


ハンドサイズをすっ飛ばしながら登ってきた私は
オフフィンガーセクションでストップ。

このオフフィンガー手前でカムを1本とろうと探りを入れて
バッチリ効くフィンガーにぶら下がりながらカムセット。

その時上記のとおりエイリアンを使おうと思ったのですがc0.3に変更。

カムをセットしたのは顔のほぼ目の前なのですが
上にフィンガージャムを決めてぶら下がった状態なので
当然クラックの中は真っ暗です。

光が届く範囲ではパラレルと思ったのですが
おそらくそこからさらに奥が広がっていたのでしょう。

そんなことは夢にも思わず指の感触と目視でパラレルと判断した私は
大安心のセットが出来たと思いオフフィンガーのムーブに集中しました。

ちょっと登ってオフフィンガーセクションを探っては
ハンドセクションにクライムダウンを繰り返して
その情報を元にムーブを考えて突っ込んだものの失敗してフォールします。

このオフフィンガーを探るための往復かでおそらくカムは歩いてしまい
4の歯が完全に効かない状態になってしまっていたのでしょう。

この状態でフォールしたので当然衝撃をカム3枚で支えることになります。
特に3の歯は相方の4の歯が効いていないので相当な力が加わります。

3の歯はおそらく結晶に引っかかって狭い部分に残っていたものの
フォールの衝撃で結晶を砕いてクラック奥の広がったところに
ズレてしまったのではないかと思うのです。

この時に荷重がかかった状態でカムが開いていくから
外周に沿って点々と傷が残り最終的には完全に開ききった状態になります。

この時点で衝撃を支えようとしてくれる歯は1と2だけになり
バランスを崩してカムが回転を始めてしまう。

回転の歪みでカムの並行が狂ったりバネが外れたりすると同時に
フォールの衝撃を支えきれずにそのままカムはスッポ抜ける。


考えられるシナリオとしてはこんな感じでしょうか?


つづく
[PR]
by kunkung | 2012-08-12 22:07 | クライミング | Trackback | Comments(5)

先日のグランドフォールについて深く反省しながら検証です。
1回だと書ききれないから今回はカム間隔について。

実際にどのように登りどのように落ちたのか、
リアルに起きた事と私の考えを交えながら書いてみましょう。

ルートの名前 カヌー
グレード 5.11ab
ルートの長さ 30m
OSトライだった

私のオブザベではダブルクラックのあたりの浅そうなフィンガーと
その上のワイド部分が難しそうに感じた。

上部でタマ切れを起こすと悲惨なので簡単なところは
節約しながら登る予定だった。

クラックの幅に変化があるのでところどころハンドが決まり
レストポイントが豊富にありそうなので行き詰まったら
クライムダウンしてレストしながらムーブを考える作戦で登った。

ヘルメットをするか悩んだ末、上部のワイドで
引っかかることを恐れて着用せずに登った。

持っていったNP
エイリアン 青〜黄色 各1
マスターカム 3〜4 各1
キャメロット 0.3〜0.75 各1
キャメロット 1〜3 各2
キャメロット 3.5-6 各1
DMMナッツ1〜7 2セット

カム合計19本 ナッツ合計14本

単純計算で1.5m登るごとにカム1本使うとピッタリ30m行けるはず。
ただしOSトライですべてのカムをピッタリ使い切るのは至難の業だし
特にこのルートは長くて上部が見にくいからタマは多少多めに残しておきたいところです。


c0173794_22423396.jpg

かねちんさんに撮ってもらった写真を見ながら検証してみましょう。

写真上の長さはビレイヤーの身長を参考に適当に引いただけです。
しかもパース(写真上の遠近感)を無視しているので目安程度に考えてください。


実際のプロテクションセット

・紫矢印 c2 ヌンチャクで延長
 テラススタートのルートなので出だしでまずは1本目のカムをセット

・黄色矢印 c0.75 ハンドにぶら下がってセット
 グスグスしたワイドを部分を越えて2本目のカムをセット

・紺矢印 マスターカム3とc0.5 アンダーハンドでセット
 ハンドからオフフィンガーに変わるところで3〜4本目の固めどり

・赤矢印 c0.3 フィンガーにぶら下がってセット 抜けたカム
 悪いオフフィンガーを越えて、カヌー下のハンドゾーンを飛ばして
 ダブルクラック左のオフフィンガー部分にセット。
 右クラックはフレアしていてセットには不適当だった。

・緑のフォールライン
 オフフィンガーに耐えながら最後に決めたc0.3カム(赤矢印)の
 直下にフットジャムを決めて立ち上がろうとしたところでフォール。

 殆どランナウトしてないのですぐに止まると思ったが
 c0.3が外れその下のc0.5(紺矢印)が最終プロテクションになる。

 落ちながら後ろにある枯れ木の枝を(多分足で)へし折り
 ひっくり返って頭からテラス下の緩傾斜部分へ、
 頭が下になった状態でビレイヤーの下約2mの位置で停止。
 

写真で見直しても「ロングルート登るときはこんな間隔だよね〜」
と思うようなプロテクションの決め方です。

カムが外れなければそれで万事OKだったのですが
実際にグランドフォールしてしまったので
何らかの対策をしないといけませんね。

考えられる方法は・・・

1.ランナウトが嫌ならカムを大量に持っていく!
2.ナッツでバックアップを取る
3.ルート下部ではグランドしやすいから容赦なくカムを使う

現実的には持って行けるカムの量にも限界はあるし
セットする体力(てかパンプ)にも限界はあるから
外れやすいスモールカムでは固めどりしたりバックアップを取って
大き目サイズのカムでランナウトするのが正解ないんでしょうか?


つづく
[PR]
by kunkung | 2012-08-11 17:09 | クライミング | Trackback | Comments(4)

今日は登りたくない〜 増富温泉で待ってる〜(T_T)
そんなセリフが喉まで出てくるブレイクハートの二日目。

c0173794_2328734.jpg


8/5 不動沢屏風
夏の屏風は涼しくていいよね〜 あぁマッタリ
そんな気分でのんびりして過ごしていたのに

「アイロンちゃんトップロープ張ったよ」
「アイロンちゃんワイド上手いね〜」

なんてひらひらお姉さまの手のひらの上で転がる私。
こんなキャラじゃないんだけどな〜 なんて思いながらも
コロコロ転がされて岩にhughugされて、あ〜幸せ♪

やっぱクライミングって楽しいよね〜

c0173794_23275812.jpg


モチも徐々にUPしてきたところで昨日挫折した
簡単なクラックリードを今日リベンジしておきましょう。
目指すは昔TRでさわったきりのエンペラークラック!!!

久しぶりで殆どOSトライだから入念にオブザベ。。。
アニマルさんが膝挟まってたのとトンネルをくぐったのは覚えてるんだけどw

ワイド用のカムは1セットしか持ってないから
セットの間隔に注意してClimb ON!

斜めってるワイドってちょっと登りにくいよね〜
グランド後の初リードだから出だしはちょっと緊張したけど
登り始めたらすぐに集中できました、RP!

あ〜良かった
何よりもリードクライミングを楽しめたのが良かった♪

癒し系のかねちんさんと癒し系に変身した(?)
ひらひらお姉さまに助けられてクライミングの楽しさを
再確認できた気がします、ありがとう\(^o^)/

下ってきたら緊張の糸がほどけたのか一眠りw
あとは皆んなでよろめいてから早めに下山。

c0173794_23275314.jpg


増富でホッコリのはずがあちこちシミたり痣が痛みますw
グランドフォールのものかワイドで出来たのかは不明だけど
この程度で済んで本当によかった!


記録
不動沢愛好会1P目 TR
不動沢愛好会1P目 TR
エンペラークラック 2RP
よろめきクラック TR
[PR]
by kunkung | 2012-08-07 23:35 | クライミング | Trackback | Comments(5)

色々な生と死の分岐点を体験してきましたが
今回ばかりはレベルの違うやばさを体験してしまいました・・・

c0173794_21553885.jpg


8/4 瑞牆の地獄
難民状態から変則メンバーで地獄入りした週末。
珍しく他パーティーがいたりこの時期にしては涼しかったり。
楽しい登りにするぞ〜とKクラックでアップして
カヌーのOSトライをした時に事件は発生しました・・・

本来なら5.11クラックのOSトライはもっと条件がいい次期にやるものですが
この日は涼しかったし余りこのエリアにも来ないし・・・って事で
アップを終えた2本目でカヌーのOSトライ!

オブざべするとルートは長いし上部にワイドがあるしで「カム重〜」
ヘルメットをどうするか悩んだ末上部のワイドでひっかかると嫌だから
珍しく裸頭(?)で登り出すことにします。

出だしのワイドを抜けると突然のオフフィンガー 意外と狭いのね
シンハンドと読んでいただけにちょっと面食らっちゃいました。

出だしだから慎重に2本カムを固めどって突破♪
ハンドゾーンをノープロですっ飛ばしてカヌーの突端へ。

そこから探るとまたまたオフフィンガー
私の手があとちょっと小さいか大きいかすれば
フィンガーかシンハンドになるのにな〜 辛し

ちょうど日が出てきてヌメリが激しくなってくる
雲よもうちょっと頑張ってくれ〜(T_T)

とりあえずカム決めて上を探ってクライムダウン。
クラックの形状を確かめるように何回かクライムダウンを交えながら
ムーブを確定して太陽が隠れた時を狙ってオフフィンガー突入!

c0173794_2047825.jpg


手を進めて後一手でハンド! ってところで
フィンガーが抜けちゃいました。

ピュ〜 スポーン!!!

止まると確信していた最終プロテクションがスッポ抜けてさあ大変!

人生初のグランドフォールって感じでしょうか。
落ちてる時は訳がわからずあっという間、走馬灯って見ないのねw

カムが抜けて落下は止まらず
後ろに生えてた樹の枝をへし折ってひっくり返り頭から落下!

普通だったらここでドクターヘリ確定なんだろうけどここは運良く2P目
頭を地面に直撃することもなく斜め部分で転がりながら
ビレイヤーの2m下で停止!セーフ・・・か?

意識はしっかりしてる、頭は少し打った、一番傷むのは左足首
へし折れた枝がギアラックに挟まってて上手く動けない。
かねちんさんに助けてもらいながらテラスに上がってもう一度体をチェック。

とりあえず動けそう。

一度ロープを解いて歩いて下に降りようと思ったけど
もしフラついて転ぶと危険な場所だからロープを結びなおして下にロアーダウン。

この時8字結びが緩かったり末端処理してなかったりしてて降りてから一人反省・・・
冷静なつもりでも相当ヌケてますね〜こういう時こそしっかりチェック!
逆にビレイヤーの立場になったら徹底的に相手をチェックしないとですね。
あ〜こんな経験もいい勉強♪

8〜10m落ちてグランドフォール、途中で木にぶつかったとは言え
頭が下になった状態で落ちて今日ブログを書いていられるなんて
相当運が良かったのでしょう。

「もう少しこの世で行うべきことがあるんだよ」と諭されたような
「limacの為にもう少し生きていきなさい」と言われたような。。。

体のダメージはフォールの状態から考えれば御の字レベルでしたが
心はボッキリ折れました。。。

この日のうちにもう一度リードしておかないとトラウマになりそうで
簡単なルートでいいからリードしようと思ったけどどうしても出来ず。

結局悪鬼が張ってくれたTRで何本か登ってこの日は終了。
ロープガンの役目を全く果たせませんでした。
TRを期待して来てくれた悪鬼とかねちんさんごめんなさい&心配おかけしましたm(_ _)m

夜はひらひら&CODAさんペアと合流してPOI宴会♪
c0173794_21473343.jpg

新作のアイロンPOIもなかなかの出来でした\(^o^)/

記録
グランドフォールで生き残った!

Kクラック OS
カヌー ×
無名フィンガー TR×3〜4本
[PR]
by kunkung | 2012-08-06 21:56 | クライミング | Trackback | Comments(10)