2012/3/25にシーサイドで事故がありました。
詳細はJFAから発表があると思いますが
概要としては短いロープを使用してのすっぽ抜け〜グランドフォールのようです。

c0173794_12465534.jpg


以前の日記にも書きましたが下に書いたようなことを
登り出す前に気をつければ致命的な事故はかなり減ります。

1. メインロープを結んでからシューズを履く
2. リードの時はロープを引っ張って結びその他のチェック
3. TRの時は軽くテンションをかけてみてチェック
4. ビレイヤーのデバイスをチェック
5. 反対側の末端を結ぶ


私と登る人やこのブログを読んでくれる人は
当たり前に感じることばかりだと思いますから
今回はそこからさらに考えを進めてみましょう。


今回のすっぽ抜け事故、末端を結んでいれば当然防げることです。
ブログ的には「末端結びで止まってよかったよかった」で終了なのですが
リアルな世界ではその状態からいかにクライマーを安全に下ろすかがポイントになります。

体重がかかっているロープを結んで連結する・・・
相当大変だけど実際にやったことがある人はどのくらいいるんでしょう?

私はロープ末端を末端結びから1mくらい余らせておいて
そこに連結するのが無難だと思うのですがギリギリで結んだ場合
どうやればロープの連結ができるか考えたことはありますか?

2重エイトノットでループ状に末端結びをしておくと
カラビナで連結するだけで済むからギリギリでもいいのかもしれませんね。

結び目ができたロープは当然カラビナを通過できませんから
1本目のボルトまでの距離以上にクライマーを下ろす必要がある場合
ビレイヤーが上がって行って1本目を回収する必要が出てきます。

そういう時にグリグリだと両手が離せて非常に楽なのですが
それ以外のデバイスを使っている人はどうするか
シミュレーションしたことはありますか?


「末端を結んでおこうよ」と簡単に言う一言の裏には
今思いつくだけでもこれだけ考えるべきことがあるのです。

それ以外にもルートとロープの選択、
残ロープの確認(クライマーも下りながらチェックしようね)などなど
末端結び以外にも色々と考えるべきことはあります。
私とは全く違う方法で安全確保している人もいるでしょう。

そんな中で大事なのは教えてもらった知識に自分の想像力を働かせて
どうすれば自分のクライミングで危険を回避できるのかを考え続ける努力だと思います。

教えてもらった技術や知識をそのままリピートするだけで
「私は安全」なんて考えるのは怠慢です。


人間だから何処かで必ずミスはするでしょうし
クライミングで興奮したり疲れていたりすればミスの確率はぐんと増えます。

その時にどういうフォローアップが出来るかは
ミスが起きる前に考えておかなければいけません。
生と死の分岐点が目の前に現れた時に考えるのだと遅すぎますよ〜

最後に・・・
「悩んだら安全な方を選ぶ」が幸せになれるコツだと思います。
[PR]
by kunkung | 2012-03-28 12:36 | クライミング | Trackback | Comments(10)

5Dmk3

今日はカメラネタ、興味のない人はスルーですよ〜

c0173794_126388.jpg


5Dmk3をやっと触って来ました。

ちょっと方向性は残念だけどメーカー的には正常進化なのかな?
シャッターの切れとか段階露出の設定とかは良くなりましたね。
あと液晶入りのファインダーはどうなるか心配だったけど思ったよりはマシだったw

でもMENUとか操作ボタンが今までのと大幅に変わってるのが痛いな〜
こういうのをコロコロ変えないで欲しいんだけど・・・
canonの設計者は自分では写真を撮らない人なんだろうな〜

あと気になったのがシャッター音、
今日はヨドバシとビックで触ってみたけどシャッター音が違ってた。
ヨドバシの展示機はミラーのダンパーがぶれてる音がしてたから
これは良くないな〜と思ったけどビックの展示機はピシッとしてた。
まだ生産のばらつきがあるんでしょうかね?

最終的に大事なのは出てくるデータの良し悪しだから
このあたりはゆっくりとお手並み拝見ってとこですね。

ラチチュードが広がったのか? グラデーションが綺麗なのか?
このあたりは画素数なんかよりもずっと大事なんだけど
ネットを見ると余りきにしている人はいないみたい・・・

なんだかんだで今のカメラが壊れてるのをごまかしながら使ってる状態だから
どんなデータを出すにしても文句を言いつつも買っちゃうんだろうな〜
値段と生産のばらつきを考えると買うのは夏前くらいかな〜
それまでに安くなりますように♪
[PR]
by kunkung | 2012-03-27 23:30 | 写真 | Trackback | Comments(4)

limacと行く城ヶ崎♪ 

え〜ん・゚・(つД`)・゚・  誰も遊んでくれないよ〜
城ヶ崎ボルダーの遊び相手が決まらずにウダウダしてたら
「ピクニック程度で良ければ一緒に行く?」って、感涙

3/25 城ヶ崎ボルダー はしがかかり北
今シーズンはじめて、limacと二人で行く城ヶ崎\(^o^)/
c0173794_173211.jpg

今日はいつもより空が高くて海も青く感じる♪
素敵!って写真にとったけどPC画面だと何故かいつもどおりでしたw

そして懸案のオクトパス、どうかな〜と様子を見てみると
この時期にしてはパリパリに乾いてました♪ やったね

グロブスターシリーズをやっつけて体があったまった頃に本気トライ!
まずは染み出しを雑巾でフキフキ、うむ3分くらいは持つかな♪


いや〜頑張っちゃいました\(^o^)/
ポイントポイントでハンドジャムがキッチリ効くんだけど
全体の動きがテクニカルで凄く面白い課題でした☆☆☆

吉田さんのグレーディングだと2段になってるけどどうなんだろ?
左手のアームバーからワイドハンドの送りが届くか届かないかで
ずいぶんと体感グレードが変わるんだろうな〜

体格的にお買い得だったけどボルダーグレード更新でいいでしょ♪
2段ボルダラーですよ グフフ

UTAさんの青い魚を応援してたらボルダラー3人組が!
こんなマイナーエリアで知らん人に合うなんてビックリです。

でもちょっと話したらボル中の人でした。
マイナーボルダリングの世界は狭いな〜w

そして次は高くて下地が微妙な課題、
はしがかり北にある私のプロジェクトです。

これのためにmirokuさんにお願いして大型マットを借りてきてたり
スポットも二人ついてもらったりで万全の状態でトライ!


う〜んそれでも怖い・・・
「怖くない」って3回ぐらいつぶやいてデッド出したけど
あと100回くらい念じないとダメだったかも。
後ろの岩と壁の隙間で井戸の底に落ちて行くような気分でした(^_^;)

とりあえず課題名「Blue Sky(仮)」としておきます
トライしたい人はどうぞ、初登のチャンスですよ〜

初登できて課題名が気に入らなかったら変えてください。
その場合は一度書き込みしてもらえれば嬉しいです。
トライするときはヘルメット着用を推奨します。


c0173794_17315672.jpg

あと上部はシオシオだから気をつけてね〜掃除中の私

もう体力切れでそろそろ終わりかな〜ってころに
またまた3人組の見知らぬボルダラーが(@_@) 

こんなマイナーエリアにまた??? って思ったら
こちらも吉田さんつながりで実は会ったこともあったみたい・・・
決してアルツクライマーなどと呼ばないように (ーー;)

なんだかんだでこの日一日たっぷり遊んで終了!
UTAさんEtsukoさん今回もありがとうございました\(^o^)/

記録
簡単な無名(不明?)課題 幾つか
ブログスター
ブログスタートラバース
オクトパス

Blue Sky(仮)×
[PR]
by kunkung | 2012-03-26 20:34 | クライミング | Trackback | Comments(6)

物欲の春

ぐは〜 雪山さんの記事にあるワイドクラックマシンが欲しい!!!

c0173794_0411981.jpg


なんとか自分で作れないかな?

それにしてもこのブログってvimeo貼れないんだ! あ〜残念
[PR]
by kunkung | 2012-03-22 00:46 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(6)

フットジャムの科学 3

長々とあいてしまいましたが久しぶりにフットジャムの科学、
どこまで書いたか自分でも忘れちゃってますw

前回までで底屈と足首のしなりを使って足先を90°内反させて
クラック沿い(進行方向)に膝を持ってくる話をしました。

フットジャムをしっかりと進行方向に伝えるためには
足首〜膝〜腰〜上半身と進行方向に揃えるのが一番効率が良いのです。
これはフェイスクライミングでも同じでしょ?

では理屈ばかりでなく具体例を見てみましょう。
お手本はひらひらさんです、勝手に失礼w

c0173794_1443367.jpg

ワンダホーなフットジャムを決めてレスト@ターゲット
安定してて足元に階段が見えるようですw

よくみるとここでのカテゴリ分けがCでは無くBのサイズになるのですが
足使いは同じなのでそのままスルーして説明しちゃいます。

同じ場面を横から見たところ、カブってますね。
c0173794_1443829.jpg

横から見ても膝がピタリと壁に沿ってます、
この状態であれば体重のほとんどはフットジャムで支えられています。

理想的な見本を見たところで自分の能力をおさらいをしましょう。

・柔軟性
ハンドサイズのクラックに足を突っ込んで
どのくらい底屈すれば膝が真っ直ぐ伸びるかを知りましょう。
それが貴方に必要な底屈量です。

足首が柔らかい人ほど必要な底屈量は減ります→かかとが下がり気味でも大丈夫。


・筋力
フェイスでスタンスを踏むのと違って足を捻りながら体重を支える
フットジャムの動きは一般生活に出てくることはまずありません。

底屈で股関節に逃がしたネジレを内転筋などで支えてる事になるので
このあたりの筋力が足りないとフットジャムが安定しません。

ちなみに私がクラックにはまり始めて筋肉痛になったのは
内転筋、長内転筋とか薄筋のあたりでした。
筋肉痛になったらゆっくりとストレッチをしてほぐしましょう♪


では実際にジャムを決めてみましょう。
ここまで来れば後は簡単ですよ〜

必要な底屈量が確保できる角度で足を突っ込む→立ち上がる
あ〜簡単w でももうちょっと詳しく説明してみましょう。

私が昔カサブランカを何回も登って練習していた頃のトレーニング法です。

1.足を入れる
2.膝の外側をクラックのヘリに引っ掛ける
3.その状態で立ち上がる
4.1に戻る

誰に教えてもらったわけでもなく独自にこの方法に行き着いたのですが
いま思い直すと非常に効率的にムーブを覚える練習だったと思います。

ポイントは膝の外側をクラックの縁に引っ掛けるところです。
足入れが雑だと膝がクラックに届かなかったり一歩が小さくなったりします。

程よい足の角度でジャムを決めたら膝を引っ掛けます。
本来であれば内転筋でその位置に膝をキープするべきなのですが
足りない筋力を岩の形状でサポートしてあげることになります。

理想的な位置に膝をセットして登ることでムーブを確定して
正しい動きで使う必要最小限の筋肉を付けることが出来ました。


でもこの方法、すべての人にこの方法が使えるかわからないし
そもそもカサブランカみたいにフレアしたハンドクラックなんて
他に余り見かけないから参考程度でねw


続く
[PR]
by kunkung | 2012-03-14 18:00 | クライミング | Trackback | Comments(5)

ボルダーマット物色中

私たちがクライミングを始めのが2001年。
次の2002年にドロップゾーンを買ってもう10年か 遠い目

穴が開いたら補修してヘタったら中身を足して延命したけど
やっぱりそろそろ買い替え時だよね〜

ストライダー社で中身だけを変える事も考えたけど
スポンジの現物を見ないで注文するのはちょっと怖いから
やっぱり新しいのを買ったほうがいいのかな・・・

c0173794_2227109.jpg

limacが書いてくれた「黒猫」気に入ってるんだけどな〜


今のマットに全く不満はないから同じものを
もう一度買おうかと思ってたんだけど
某2段クライマーの話だとBDのマットはヘタリが早いらしい。

ウムム、そうなの?

私のはフランクリンだから持ちがいいの???
そんなことないよな、中身は同じはずだしw

おすすめはMOONとかMetoliusらしいから
ウオーリアーパッドかボスハグかな。

テントマットに使うことも考えると多少大きめのほうがいいから
MOONになるんだろうけどどうせだから大きめのサターンも魅力的♪

みんなどんなマット使ってるの?
[PR]
by kunkung | 2012-03-10 00:26 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(8)

これは!?

鼻づまりで悩む人は騙されたと思ってやってみるべし!

ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。


あ〜これですっきりと確定申告の書類を作れるな〜  ←ボー読み
[PR]
by kunkung | 2012-03-08 17:07 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)

夜に激しく雨が振って心が折れそうな2日目。
朝起きたらとなりにニコニコ顔ののたぞうさんが!
マーシーくんと二人のモチベーションの高さには救われました〜

3/4 城ヶ崎ボルダー&じゃんけん大会

この日はボルダーマットを持って磯という磯に下りながらボルダー!
そして男が集まってボルダーのときはジャンケン荷物持ちでしょ♪

昨日の最後に行ったこさいつなからスタートして
いがいが根の駐車場まで歩きますよ〜♪

c0173794_13525616.jpg

K師のシャドゥゲーム一手目

さてシャドゥゲーム、フレッシュな間にあわよくば初登を・・・
なんて下心満点で見てみたらキーポケットがビチョビチョ(^.^;
せっかくマットとスポッターが揃ってるのにな〜残念w

c0173794_13333321.jpg

辛うじて乾いてた海際のボルダーでちょっと遊んで移動。

c0173794_13333042.jpg

びゃくびのクラックで遊ぶのたぞうさん

じゃんけん大会は連勝街道、意気揚々とはしがかりボルダーへ♪
ここには前回きた時に手をつけてない課題があるんだけど
乾いているといいな〜

磯の降りると青い魚をトライ中のいーづかさんが。
キッチンペーパーで岩を拭いてるところを見ると相当濡れてるみたい。
私が狙ってる左端のルーフもビチョビチョ・・・

しょうがないから対面にある岩壁で遊んでみましょう♪
c0173794_13312078.jpg

フェイスの真ん中にある弱点をつないでいく楽しい課題だけど
下地がちょっと悪いんだよね〜

リップまでは取れたけどそこから突っ込めずに敗退・・・
K師続きをいかがですか? 場所は大岩の向こうです。

しばらくして戻ったもののやはりハングしたはビチョビチョ・・・
やっぱり駄目かな〜なんて思ってると目の前でいーづかさんが青い魚を完登
c0173794_15163971.jpg

うお〜これは負けてられませんよ!!!

と気合が入ったものの濡れてるクラックはいかんともしがたく
乾いている部分だけ登りました〜

ムフ、初登? 名前は青い魚の隣だから赤い魚?
なんて妄想してましたが既に登られてたみたい。
オクトパスの立ちスタートバージョンになるんでしょうかね?
ここのスタートでも十分に面白いです、おすすめ!

この一便で燃え尽きた私、気合が乗らないとジャンケンも弱くなるのか
疲れた体に鞭打つじゃんけん大会4連敗・・・うみゅ〜

なんだかんだでトヨまで磯に下りながらお散歩してこの日は終了〜

次は晴れてる日にはしがかりボルダーに行きたいな〜
絶対オクトパス落としちゃる!

のたぞうさん、マーシー君、いーづかさんありがとうございました!
また遊びましょうね〜


記録
ボルダー色々
オクトパス立ちスタート
[PR]
by kunkung | 2012-03-06 16:17 | クライミング | Trackback | Comments(6)

久しぶりに外岩〜と思ったら天気予報が微妙だった週末。
でもこの程度じゃメゲないんだもんね〜

c0173794_22273166.jpg


3/3 城ヶ崎ボルダー

お雛様のこの日はひらひらお姉さまと城ヶ崎へ!
でも行きがけの135号線はびしょ濡れで無言になる二人。

予定通りアストロを見に行ったものの雨漏りで傘が欲しいくらい、
シーサイド組に電話してみても絶望的らしい・・・

解散! なんてお帰りモードに入りかかった
ひらひらさんを説き伏せてボルダーモード突入〜w

まずは橋立の北、着いてみると意外と登れそうですね〜
今日は前回登れなかった簡単な課題から遊びましょう♪

アメフラシ左右でアップして海坊主、禿頭をペシペシ叩きながら一撃!
簡単そうに見えて楽しい課題ですね〜3回も登っちゃったw

他に簡単そうなのはないかな〜 アメフラシの左カンテが良さそう。
おっ、意外と難しい? 
初登はひらひらさんに奪われちゃいました アタ~

初登ひらひらさん、設定アイロンで課題名は「ひらロン」?
駄目! 速攻で却下されちゃいましたw

続いてアメフラシ右奥からのトラバース、
ジャム、スローパー、カチと色々楽しめるなかなかの課題かも♪

ここでも初登をさらわれて2連敗、ひらひらさん相変わらず強いな〜

課題名は、良いホールドと悪いホールド交互に使うから
ツンデレトラバー・・・  ̄- ̄)-∈;'o') 
イヤイヤ、「はしだてシンフォニー」です。

ちなみにポケットから直上するツンデレマントル「はしだてマントル」もおすすめ。

その後宿題だった「斬る!」マイさん設定の「メルカトル」を登って
「モルワイデ」(でいいの?)をトライ。

出だしのフィンガーがどうしても決まらん、と悩んでたら
ひらひらさんはアッサリ一撃・・・3連敗 エ~ン



スタートのジャムを教えてもらってやっと完登!
上手い人と登ると吸収できるところが多いですね♪

夕方近くになった所でちょっとこさいつなに移動w
岩場ではK師がシャドウゲームで遊んでます

初対面だけどブログではお互いにチェックしあってて
昔から知っている人のような錯覚がw ネット社会は怖いな〜w

私もお願いしてちょっとだけシャドゥゲームに参戦!
SDスタートは厳しいけど立ちスタートは思ったよりアッサリ♪
K師の想定とはちょっと違う登り方だったみたいだけど良としましょう。



SDはもうちょっと乾いてる状態でマットがたくさんあれば・・・
そう考えるとひたすら一人で打ち続けられるK師の強さがよくわかります。

今日はいい課題と良い人に巡り会えたな〜なんて撤収モードになった頃
ひらひらさんはいそいそとクライミングシューズを用意。

アッサリさっくりヒラリーカンテを登りきって
やる?って・・・いやいやもうエンプディーです(^_^;)

今日もたくさん登れて楽しかった〜
ひらひらさん、K師ありがとうございました\(^o^)/

c0173794_22273383.jpg



※初登だと思うボルダーに勝手に名前をつけていますが
 既に登られてる時はコメントください、訂正します。


記録
アメフラシ 右
アメフラシ 左
海坊主
無名カンテ
はしだてマントル
はしだてシンフォニー
斬る!
メルカトル
モルワイデ
シャドゥゲーム(立ちスタート)
[PR]
by kunkung | 2012-03-05 18:58 | クライミング | Trackback | Comments(3)