年賀状書き終わってないのにこれから岩場に出発ですがなにか?
c0173794_1173978.jpg

クライマーの皆さんへの年賀状は来年書きます、悪しからず〜w
[PR]
by kunkung | 2010-12-30 11:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

2010年版 城ヶ崎情報

ファミリー

・橋立のトイレは相変わらず使えません。

・アンクルについて
c0173794_2235053.jpg
アンクルの取り付き付近の地面です、
赤土が付いている石が相当数落ちてるのがわかると思います。

このルートの上はガリーっぽくなっていて
終了点の工作やTRで工作したロープが動くことで落石を誘発します。
登るときはヘルメットの着用を強くお勧めします。

また終了点のハンガーは抜かれていますが
M12のナット+ナッツのワイヤー+バックアップでナッツorC4くらいで
安全に終了点を作ることが出来ます。

回収はエイドダウンor確保した上でのクライムダウンになりますが
上り下りを自在に行えるレベルの人が同行する場合は
こういう方法もありかと思います。


・下地上昇
昨日の日記にも書きましたがファミリーの下地が上がってます。
c0173794_2322622.jpg
1m以上短くなってがっくりのアンクルクラック。

c0173794_22174276.jpg
先シーズンのアンクルクラック、立派です♪


あかね浜
・カムカムの出だしにスズメバチの巣がありましたが撤去済みです。

・イソギクは半分自然に還ってました



イガイガ根
私たちの隣に車外でガスコンロを使っている人(notクライマー)がいて
整備のおじさんに注意を受けていました。
駐車場の付近は落ち葉や枯れ草が大量にあります
もし火を使うときはこっそりと車内で使いましょう。


その他
マンボウは美味い♪
[PR]
by kunkung | 2010-12-29 00:07 | クライミング | Trackback | Comments(4)

復活の城ヶ崎記 その2

登って車中泊して、城ヶ崎に帰ってきた感じがするけど
なんでこんなに寒いのぉぉぉ〜Σ(×_×;)
c0173794_20393112.jpg

越中君は暖かい社内でマッタリです。

12/26 城ヶ崎 あかね浜
今回も回り込んで回収できるあかね。
いつもなら問題ないルートでも胸が痛むと登れないかもだからね〜

いそぎく、ツワブキとアップをゆっくりこなして
カムカムフライデーのフォロー

前傾壁でもどガバなら大丈夫かと思ったけど駄目でした・・・
用心してこの後は登らずにおしゃべりだけw

c0173794_20394199.jpg
写真を見る限り左肩の関節も動きがおかしいですね〜
良くストレッチをして復活してくれれば良いんだけど。


c0173794_20393939.jpg
UTAさんは足ブラをかましながら見事にカムカムOS! 強いですね〜

c0173794_21193063.jpg
limacはツワブキをTRながらあっさりとトップアウト。
いつの間にか成長しておりますね〜♪

マッタリモードに入った私と寒いのが嫌いなlimac、
日が傾き始めると同時にサックリ撤収です。

帰りがけにナガヤに寄ったらまたしてもマンボウ発見!
今シーズンはマンボウ率100%です\(^_^ )( ^_^)/
次回もまたあると良いな〜♪
[PR]
by kunkung | 2010-12-28 21:30 | クライミング | Trackback | Comments(6)

復活の城ヶ崎記 その1

今回の城ヶ崎はゆず君の車中泊デビューです♪
そう言えばオーパ君のデビューも城ヶ崎だったな〜
c0173794_232111.jpg

同じ場所で写真を撮ってみたけど、天気がいまいちか?
これだけはどうしようもないところだよね〜w

12/25 城ヶ崎ファミリー
c0173794_0554597.jpg
写真で見ると暖かそうなファミリー

クリスマス寒波で冷たい風ビュービューだったのに
復帰戦の喜びで脳みそからブヒャ〜っと
不思議な汁があふれ出ていたのか寒さをまったく感じませんw

そんな心意気とは裏腹に登りはボロボロでした。
ジャミング自体は忘れてないけど筋力は落ちまくりです。

しかもかぶったルートを登ると胸がちょっと痛んだりして・・・
肋軟骨はくっついたはずだけど痛みが抜けるまではもう少しかかりそう
完全復活までは無理は禁物でマッタリ行きましょう!

c0173794_2322622.jpg
今年のファミリーは下地が上がってクラックが短くなっちゃいました。
でもリハビリには丁度いいかも?

記録
シスター TR
アンクル 再RP
ファザー 再RP
ブラザー TR
ファザー TR
[PR]
by kunkung | 2010-12-27 22:35 | クライミング | Trackback | Comments(6)

解禁!

H先生のクライミング禁止令ついに解禁です!
「登って良いですよ」
なんて素敵な言葉なんでしょう♪

心は城ヶ崎! でも明日は行けないの〜(TT)
c0173794_2334366.jpg


だから週末に城ヶ崎、でゆず君の車中泊デビューです♪
いまからウキウキ\(^_^ )( ^_^)/
[PR]
by kunkung | 2010-12-22 23:09 | クライミング | Trackback | Comments(6)

ゆず君が納車された週末なのに
岩場に行けない悲しいアイロンです、こんばんわ
来週末はなんとか登りに行けないかな〜
c0173794_0443631.jpg

12/12 城ヶ崎フナムシ
胸の骨が心配な私、この日は全く登らず写真を撮ったり探検したり。
フナムシの南の磯に回り込むとトンネルの上にいろいろなボルダーがあるけど
文殊以外は岩が小振りですぐに終わっちゃいそう。
でもアップとかで遊ぶには良さそうですね〜
c0173794_0534340.jpg
文殊、下地がこわいけど楽しそう

c0173794_0442882.jpg
トンネルはシオシオだけど楽しそうなルーフクラックが。。。
でも落ちれないからな〜w

フナムシエリアのお勧めルートといえば文句なしでパープルシャドウ!
5.8とは思えない傾斜だけどバチ効きハンドとステミングで
気持ちよく登れるお勧めルートです♪
c0173794_0445869.jpg
TR工作員のやましんさん
c0173794_0444595.jpg
この位のルートでTRだと余裕綽々のlimac

ひげたぬきさんRP、やましんさんOSおめでとうございます!

c0173794_0445043.jpg
帰りはmirokuさん親子の車に同乗させていただいて帰宅。
感謝感謝です♪


初めて山学塾忘年会に参加しましたが本当に楽しい二日間でした。
主催したshinさんはじめ会計係やボランティア講師など
お世話になった皆様、ありがとうございました。

またみんなで登りに行きましょう♪
[PR]
by kunkung | 2010-12-20 01:17 | クライミング | Trackback | Comments(0)

やっと本題のレスキュー&救命講習だよ〜
c0173794_1042898.jpg


12/11 レスキュー講習
今まで幸いにしてレスキューが必要になったことはないけど
いざというときのために学びたいと思ってたのがやっと実現です♪

講師のアニマルさんタモリンさん
とても為になる講習をありがとうございました。

おさらい
基本的に我々クライマーが出来ることは
一刻も早く病院施設に傷病者を連れて行くことです。

そのためにするべき事
1.転落の危険や落石などのない安全な場所に移動
2.緊急連絡
3.救急車やヘリがこれる場所まで傷病者を運ぶ

今回のレスキューは3の搬送をメインに教えてもらいました。

背負い搬送
c0173794_0181669.jpg

必要な物
・空のザック 腰ベルトがしっかりした物がよさそう
・60cmスリング×2
・合計2〜3mのスリング
・カラビナ×2
・ハーネスを履いた傷病者

c0173794_0452085.jpg

やりかた
写真のようにスリングを固定して傷病者のハーネスのレッグループへ
このまま背負って長めのスリングを傷病者の脇の下を通して前で握る。
c0173794_018813.jpg


左右に介添えを付けて背負う
歩き始めたら前後でサポート
上り坂では背負い人のハーネスにスリングを付けて引っ張ると楽
坂道はロープで確保する
後ろの人はお尻を押すと楽

ポイントはこんな物だったかな?
楽に背負えそうだけど体格差があるとやはり厳しいと思われます。
私がlimacを背負うのは出来るだろうけど逆はあり得ませんね〜

とりあえず、自分のザックで人を背負うとしたら
どのくらいのサイズのスリングを何処に巻き付けて・・・と
ある程度のことをあらかじめ調べておくのがよさそう。



担架搬送

c0173794_056273.jpg

必要な物
・空きザック×3
・スリング60〜120cm大量に 何本使ったか不明
・6人程度の協力者
・傷病者はハーネスを履いてなくてもOK


やりかた
ザックのショルダーベルトを連結する
傷病者を上にのせて足からウエストベルトなどで固定する
頭はタオルやフリースなどで固定した上でウエストベルトでさらに固定する
搬送者はスリングをたすきがけにしてザック付けたスリングとシートベントで連結
頭側に1人付いた上でその人の指示で持ち上げて運ぶ

c0173794_161489.jpg


固定は足から頭へ
傷病者の頭には帽子かメット
足から進む
上り坂は頭から
ショック症状で寒くなるから上着とかでくるむ
頭の人は声をかけながら
先頭の人は道の状況を知らせながら歩く
先頭の人のハーネスにスリングを付けて他の人がひくと楽


実際にやってみると、おおざっぱなセットはまでは速かったけど
そこからスリングの長さ調節とか役割分担とか
細かい調整で思わぬ時間を食っていました。
このあたりは自主連して素早くできるようになりたい物です。

ザックの連結はショルダーベルトをほどいたりするよりも
スリングとかヌンチャクで連結した方が手っ取り早そう。

頭位置に来るザックはウエストベルトが立派な物を使うと良さそう。
傷病者にとってはフレーム入りザックの方が楽なんだろうな〜
今回は7人で持ったけど思っていた以上に楽に人を運べました。

c0173794_0255448.jpg

実際に色々やってみるとリーダーの指示がハッキリしているときと
曖昧なときでレスキューのスピードが10倍くらい違いました。

今回はレスキュー初心者の人たちが集まっているので
リーダーの指示待ちをする人が多いのも理由の一つでしょう。

実際に岩場でに来てる人たちはレスキュー初心者が多いだろうし
自分で指示を出せるかどうかでパートナー容態が変わるかも・・・

現役消防士のタモリンさんレベルまで行かなくても
それに近づけるように頑張りたいな〜
レスキュー自主練チームを結成しましょう♪

c0173794_10563419.jpg


城ヶ崎のアプローチは悪路と言うほどでもないけど
足下が見えないと思った以上に歩くのが怖いです。
しっかりした靴を履いてないとレスキューで捻挫とかしそうでした。

レスキューの作業は暗くなってから行うことも想定されるから
ヘッデン程度の光でも確実に作業をこなせるようにしておきたい物です。


次は救命講習
c0173794_1114425.jpg

心臓マッサージとか人工呼吸とか・・・
以前消防署で受けた普通救命講習の内容そのままでした。
それを無料で教えてくれるなんて山学塾の講習すげ〜w

岩場で実際に役に立ちそうなのは止血とか固定とかですね〜

固定
c0173794_11173853.jpg

2つの間接をまとめて固定する
首はフリースとかを巻いて固定
思ったよりも普通の物で固定できそうでした。
スリングで結ぶよりテーピングが有効に使えそう。


止血
とにかく傷口を押さえる。
傷口より手前を縛って止血しない(壊死したりするらしい)
お互いの感染防止にビニールなどを使用して直接血にさわらない。

c0173794_11285429.jpg


レスキュー技術は出来ればお世話になりたくないけど
生と死の分岐点が訪れたときにこちらの世界へ戻ってこれるように
ある程度のトレーニングをしておかないと行けないんでしょうね〜

ボランティアで講師をしてくれたアニマルさんタモリンさん
本当にありがとうございました。
まずは自分たちで出来る範囲の努力をして
わからないところが出てきたらまた教えてください♪


c0173794_1146486.jpg

こちらは引き続き行われた心のレスキュー(本番)での料理
楽しかった〜w

つづく
[PR]
by kunkung | 2010-12-16 11:53 | クライミング | Trackback | Comments(9)

山学塾忘年会に初参加した週末♪
登れなかったけどレスキュー&救命講習は受けられて良かった〜

c0173794_1949823.jpg



出発前、H先生に「クライミング禁止令」を出されてしまい(TT)ガーン
他の人ならいざ知らずH先生の見立ては正確だから守らなきゃ〜

登れないのか〜

登りたいな〜

う〜ん う〜ん クライミングシューズだけは一応持っていこうw


12/11 城ヶ崎ファミリー
オーパ君の事故から足がない私たち、
急遽タモリンさんの車に同乗させてもらえることに!
感謝感激です、ありがとうございます♪

集まってみたら凄い人数でした、山学塾メンバー総勢25人w
登れない私はTR支点を回り込んで作ったり
ジャミングをみんなに教えてみたり。

登らないけど懸垂はあり?
5.8くらいならアプローチと変わらない???

懸垂はともかく5.8でも登ると折れた肋軟骨には負担ありありでした(^^;
これからはH先生の言葉を改めて深く信じる所存です、はい

けっこうな大人数だったけど他のパーティーもいい人達ばかりで
譲り合いながらそれほどストレスもなく登れていた気がします。
私は今回登れなかったけど岩場で色んな人と交流するのもまた楽し♪
c0173794_19484664.jpg

で、今回の目玉企画「レスキュー&救命講習」
ほとんどこれのために来たと言っても過言ではない私たち、
過去にlimacと2人だけで練習してみたことはありますが
本で得られた知識と実際は違うことが多いですよね〜

つづく
[PR]
by kunkung | 2010-12-15 21:22 | クライミング | Trackback | Comments(2)

ゆず君

新しいアイロンlimac号の名前です、limac銘々

c0173794_23165282.jpg
大家さんの所に車庫証明の判子もらいに行ったら
同じような色の柚子をいただいてw なんか縁起が良い?

来週の半ばくらいに納車予定。
岩場で見かけたらよろしくお願いします♪
[PR]
by kunkung | 2010-12-08 23:24 | | Trackback | Comments(12)

オーパ君

c0173794_12354853.jpg

思わぬ形でお別れすることになってしまったオーパ君。
正確にはわかりませんが走行3万7〜8千kmしか
走ってない状態で逝ってしまいました。
まだまだ頑張ってもらう予定だったんだけどな〜

約2年間乗ってみて良いところも悪いところも色々あったから
今後車を買う人のための参考に。。。

・車中泊  
え!? ここから??? 
クライマーですから非常に重要なポイントですよw
c0173794_12374994.jpg

コンパクトな車体に1.8m(長さ)×1m(幅)×0.85m(高さ)の
フラット面を作り出すなかなか優秀な車でした。計測はアバウトですw

でも長さ1.8mを作り出すためには運転できないほど前席を前に出す必要あり
写真のような運転出来る位置だと長さは1.7m弱といったところでしょうか。

フラット面にボルダーマットをひいて寝ると寝心地最高だったのですが
起きて天井に頭をぶつけることもしばしば・・・
背が高いとこういうところで不利ですねw

寝るときは荷物を助手席などに移動する必要があります。
あとくるりと回る後部座席の座面が特徴なのですが
この下にある程度の荷物を収納できます。
でもクライミング用のザックは入らず、予備や食事関係の物を入れてました。


・燃費
私の記録だと
最高燃費 18.46km/L 大阪まで80km巡航
最低燃費 6.53km/L
平均燃費 13.78km/L
(私たちが乗った約24000kmでの記録です)

街乗りだと滅多に10km/Lに届くことはなく
高速だと12〜16km/Lと突然燃費が伸びる不思議な車でした。

運転のコツがわかるまでは高速でも10〜12km/Lだったから
ロックアップするかしないかで随分燃費が違うんでしょう。

ちなみに入れてた燃料はレギュラーです

・運転のしやすさ
車は小さいのですが四隅の見切りは悪いです。
ボンネットは見えず右前方の視界は大きな三角窓のピラーで遮られ、
斜め後ろの視界もC(D?)ピラーが太く窓がないので劣悪。。。
巻き込み確認とかかなり注意して乗ってました、
運転初心者にはちょっとお勧めできない車ですね〜

あと視力検査みたいに小さな字のメーター
カップホルダーに隠れてしまうエアコンスイッチ
しかもボタン式だから手探りでは操作できなくて
よそ見運転か一旦停止を強いられるのが×
c0173794_1312811.jpg


・その他
コラムシフトは馴れが必要だけど一端覚えちゃえば無問題でした。
これのおかげで足下広々!足踏みパーキングブレーキのおかげで
センターコンソールも大きな物が入っていて
小間物などの使い勝手は非常に良かったです。


総じて車の機械性能は非常に良く燃費やエアバックの性能wなどは折り紙付きです。
車中泊にも必要十分な空間を確保していました。
ただ実際に運転するための視界や操作性はいまいちな部分もあり
そのあたりがちょっと癖が強い車だったけど良い車でした。

不人気車ゆえに程度の良い物が安く出ています。
運転が気にならないならお勧めかも?

ちなみ次の車は人気者に手を出してみました、名前はゆず君w
[PR]
by kunkung | 2010-12-07 23:30 | | Trackback | Comments(6)