烏山ウオール

掃除って過去との決別だよね! by limac
今日は家でお片付けだったのですが
limacにどんな過去があったんでしょう???

余計な詮索は無用にして私は夕方から1時間だけ烏山ウオールへ!
久しぶりに行ったけど5.11以上のルートは2本増えてただけでした。

5.11cはOSしたけど5.11c/dはトップアウトすらできず。。。
なんだか丁度いい感じのルートなんだよね〜

と言うことで1本作らせていただきました。
私に丁度いい距離で作ったから
慎重低い人にはちょっと遠いかもしれませんね〜
逆にリーチ物を落としたい人には良いトレーニングになるかも???

次回の外岩は何時行けるんだろう???
今月は忙しくなっちゃったんだよね〜
[PR]
by kunkung | 2010-10-31 21:39 | クライミング | Trackback | Comments(4)

前田家

最後の小川と思っていた週末に台風か・・・
今シーズンのイムジントライがこんな幕切れなんて〜
登れないときのお散歩日記でござる。

先日駒場公園にある旧前田侯爵邸をちょっと見てきました。
建物も立派だけど撮影OKなのも嬉しいところですね〜♪

和館
c0173794_2236730.jpg

凄いですね〜木材も半端無く良い物をふんだんに使ってるし
明治維新の激震を経てもこれだけの建物を造れる力があったんですね〜

c0173794_22362333.jpgc0173794_22495710.jpg

奥にはなにやら茶室があるらしいんだけど
そこは残念ながら立ち入り禁止でした。
11/1限定で公開するらしいから天気が良ければ見に行こうかな〜


洋館
c0173794_2236170.jpg


c0173794_22355856.jpgc0173794_22361223.jpgc0173794_22361971.jpg

こちらもなかなか良い雰囲気です!

2×4と石膏ボードで作った家ばっかり見てると
木をしっかり組んで造った家で妙に感動しちゃったりして(笑)

こういう木を組んで家を造る技術を持ってる人って
どのくらい日本に残ってるんでしょう???
[PR]
by kunkung | 2010-10-29 23:27 | 写真 | Trackback | Comments(4)

grigri2

なんか、ここまでグリグリネタを引っ張っておいてなんだけど・・・
c0173794_23383942.jpg


まり。さんの日記で気がついたけどグリグリ2もう出てたんだ〜
ペツルとかyoutubeとかで動画が見れるみたいです。

なかなか可愛らしいじゃないですか。
サイズが小さいとクライマーの落ちる距離が短くなるから良いですね〜

それにしても8.9〜11mmの広い対応幅・・・本当に全部使えるのでしょうか???

ちなみにヨーロッパでは発売もされてるみたい。
値段は69.95ユーロ 最近のレートだと8000円弱か
日本だとプレミアム価格で12000円って所でしょうか・・・(-_-)

対応ロープ 8.9-11mm  9.7-11mm(旧)
重さ    185g     225g(旧)
[PR]
by kunkung | 2010-10-27 23:57 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)

続・グリグリの科学

Slaveなアイロンも明日まで! 今週末は最後の小川に行くぞ!!!
その前に登りに行ってないときのギアねた第2弾ですよ〜

前回に引き続きオウンリスクを理解できる人のみ読んでください。
わたしゃ何の責任も取りませんからね〜

この前書いたグリグリネタに良いコメントが大量に付いておりますが
RSSで読んでる人は見れないんですよね〜 
見たい人はブログページにお越しください、お勧めですよ(笑)

でも一番重要な所だけは本文に掲載させていただきましょう。
climbworksさんさんにコメントしていただいた
右手人差し指でシェルは持たず、
親指だけでカムの持ち上がりを抑える方法。
c0173794_13444591.jpg

文章だけを見た感想はグリグリが安定しないから難しそう・・・と
思ったけど実際にやってみると非常に好印象でした。

右手をロープから放す必要もないし
左手で上手くクライマー側のロープを操作すれば
全く問題なく繰り出しができます!

ただロープが一度ロックしちゃったときに
親指だけでカム解除できるかは不明・・・
これがちゃんとできるようならかなり有望ですね♪

岩場でちゃんとテストしたい物ですね〜
ビレイテストのクライマーは誰が良いかな〜 ( ̄∀ ̄メ)ヒヒヒヒヒ

その他前回書ききれなかったグリグリの豆知識

・ロワーダウン
c0173794_13501257.jpg

c0173794_13501523.jpg

説明書には写真のようにロープをくるっと回すと書いてあります。
この方法だとロープもキンクせずに抵抗も適度について
ロアーダウンが非常にしやすいのですが・・・


岩場で見ると真横に出している人も多々います。
c0173794_1350029.jpg
こんな感じでロープを真横からだしてロアーダウンすると
ロープが激しくキンクします。

ATCを使ってる人も同じ原理でロープの入りに対して
曲がった方向で制動をかけるとキンクします。

キンクしたロープは危険だし使いにくいのでやめましょうね〜


・禁断の流し技

グリグリは流せないという噂が多いのですが
実際には左手のロープを強めに握ると流せます。

これは説明書には「ロックが効かなくなるのでNG」とあるのですが
流す=ロックさせないだからある意味正解なんですよね(笑)

太いロープの時には特に有効で
「ガツン」と止まることが無くなって衝撃荷重が減ります。

もちろん右手を放さないことが大前提で
右手の動きから考えると50cm〜1mくらい流れるようです(たぶんね)

当然ですがこの技術は手袋の使用を前提としています。

この方法は書くかどうか悩んだんだけど
安全か危険かをそれぞれ読んだ人が判断して
実際に行うか決めればよいかと思って書きました。

ビレイポイントに安全に動けるスペースがあるならば
体を浮かせたり移動してショックを吸収する方が確実です。

これらの判断に不安がある人は使うべき技術ではありません。


c0173794_1447296.jpg


アイロンの本音

グリグリのメリットって言うと
心臓発作や落石みたいにやばい物から
チョークとか砂とかが目に入ってしまう程度の所まで
ビレイヤーにアクシデントがあったときにもグリグリは非常に有効だと思います。

でも、それよりも重要だと思う部分があって、、、
本質的な部分でビレイする時って自分の本気トライの合間にするわけだから
ずっと気を張ってるのは現実的ではない気がするんですよね〜

一瞬の気のゆるみで・・・なんてよく言うけど
人間ひたすら張り詰めた状態を維持できないわけですよ(笑)

核心部では集中するけどそれ以外では(良い意味で)手も気も抜く。
右手さえ放さなければクライマーが想定外の不意落ちをしても
フォローアップはできるわけだし。

そう言う意味でグリグリはビレイデバイス自体が
ビレイヤーのフォローしてくれるから安全性が高いと思うんですよね。

去年城ヶ崎(ファミリー)であったグランドフォールとか
クライマーがセルフ取ったらビレイヤーも休むってのが正解だと思います。

ただし安全面を考えたらビレイ側ロープを結んでおくとか
ちょっとした工夫は必要ですよね。

グリグリでもロックが効いた状態で手を放したい場合は
末端側を結べば安全に手を放すことができます。

こういう情報が全く出てこない状況で
根性論的に「集中してビレイを・・・」と言うだけでは
全体として安全な方向に行かない気がします。

我々クライマーは登りに行ってるのであって
ビレイしに行ってるわけではないから。

逆に言うと登る側もビレイヤーの集中力が切れる前に
壁から離れるようにしないといけないんでしょうね。

命を託している人がその任を放棄したくなるような時間
登り続けてはいけないと言うことでしょう。


グチャグチャ色々書いちゃったけど
みんな安全に楽しく登れると良いですよね〜♪
[PR]
by kunkung | 2010-10-26 15:21 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(13)

グリグリの科学

時間できるとギアネタに走るアイロン日記へようこそ!
今回はグリグリ、何が安全で何が危険なんでしょうか?
c0173794_0263756.jpg


まず、当たり前ですが説明書を読みましょう(笑)
ここに書いてあることはそれ以上の部分についてです。
またここの情報を元に事故が起きたとしても責任は持ちません。
オウンリスクでお願いしますよ〜

・基本編 グリグリは何故止まるのか?

c0173794_22483422.jpg

まずは説明書通りにロープを通してみましょう。
上に伸びるのがクライマー側、
下に降りてるのがビレイヤーが持つロープです。
この状態でロープは緩やかにS字を画いているのがわかります。

ここでグリグリを閉じてカラビナにセットするのですが
今回は開けたままでビレイヤーが落ちた時を再現してみましょう。
c0173794_2248914.jpg
赤矢印の部分でカムがロープを挟み込んでいるのがわかります。
グリグリはこの挟み込みの力でロープをロックするわけですね。

ちなみにこのカムは上に跳ね上がった状態の方が
中心点から周辺までの距離が近くなるのがポイントです。


・実際にグリグリがどのような作用でロックするかを見てみましょう。

c0173794_2384636.jpg

1.クライマーが落ちると上に伸びるロープが急激に引かれます。
2.青矢印の部分の摩擦力でカムが跳ね上がります。
3.上に書いた挟み込み効果でロープの繰り出しが減速します
4.クライマーの落下速度は変わらないためにロープの入りと出で速度差が生じます
5.この差を埋めるために緑矢印の部分が短くなるようさらにカムを跳ね上げます。
6.3に戻る

この繰り返しでロープは完全にロックするわけですね。

ここでのポイントは「2」部分の摩擦力で
摩擦が足りずにカムが跳ね上がらないと
それ以降に繋がらないので全くロックが効きません!

逆に言うと一度カムが跳ね上がれば自動的に挟み込みの力が増えて
殆ど力を入れずにクライマーのフォールを止めることができます。

そこでやっとビレイヤーに話が行くのですが
右手でロープをしっかりと持って減速すれば
「2」の摩擦の有無にかかわらず
ロープの入りと出で速度差が生じ直接「4」にいけるわけです。

つまりグリグリの安全な使い方は
いかに右手でロープをしっかりと確保するかなのですが
ここに落とし穴があるんですね〜


・リードビレイと繰り出し

タイトルでわかると思いますがリードビレイをするときに
クライマーが素早くロープを手繰ると誤作動で
グリグリがロックすることがあります。

これを解除するために
「左手でカムを押さえて右手でロープを繰り出す」
このような操作が昔の説明書には書いてありました(今も書いてるのかな?)
私の勘違いだったようです、、、下のコメントを参照してください。


これはキーポイントになる右手を完全に放してしまうので
とてもお勧めできる代物ではありませんが、
実際にロックしてしまったときには一番有効だったりします。

8a.nuには新しい方法として安全な繰り出し方があります。
この方法で殆ど対応できるのですがたまにロックしてしまうと
解除するのはなかなか難しい・・・

とするとビレイをするときになるべく通常の繰り出しや
8a.nuの方法を使って、ロックしてしまったときに必要最低限の範囲で
「左手でカムを押さえて右手で繰り出す」のが現実的です。


これらのことを色々と検証した結果、
ロックしにくいロープを使うと安全につながる! これが私の結論です。
しかもロックしにくいロープだと適度に流れて衝撃も少なくなる特典付き!

相性が悪いと噂されている滑べりやすいロープ、
私は非常に使いやすいと思うのですがいかがでしょう???

※注意 
ロアーダウンも含めこれらの操作は
右手でのロープの押さえが非常に重要になります。
安全第一に手袋着用を推奨します。



c0173794_09398.jpg

ちなみにグリグリで使う安環はD型を使用すると
メジャーアクシスの位置でカラビナが安定するのでお勧めです。
またサイズが小さい方がグリグリが上下に動かなくて快適です。
[PR]
by kunkung | 2010-10-21 23:48 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(15)

昔話

それはまだ私たちがクライミングを始めたばかりの頃、
とある岩場で登ってたら雨が降り出して
「こんな日もあるよね」と仕方なく早帰り。

いつもなら私が運転してるはずの小田原厚木道路
その日はたまたまlimacが運転してまして・・・

ナビをしなれない私と運転し慣れないlimacの
見事なコンビネーションプレイで降りるはずの
厚木西ICをスルーしてしまったのです(TT)

当時はまだ東京西北部に住んでいた私たち、
次の横浜町田で降りて引き返すように帰るのもなんかしゃくだから
クランベリーモールに寄り道です。

何を隠そう私たちがクライミングを始めたのが
ここ、クランベリーモールにあったピナクルなんです。

私たちがクライミングに出会った当時はREIでしたが
今は経営が変わってモンベルになってます。
それでも懐かしく立ち寄ったらたまたまアンケートが。

2人で答えてくじを引いたらlimacが金星をキラリ!
limacの引きの強さは半端ありませんね〜

c0173794_233519.jpg

そんな経緯で私の元にやってきた自転車も
時は流れ〜今は「修理するより買った方が安いよ」なんて。。。
よく頑張ってくれました♪


c0173794_2345161.jpg

それでlimacがちょっと早いけど誕生日プレゼントって
良い妻を持ちました (TT)感動  大事に乗るよ〜


最後は昔話なんだかノロケ話なんだか
わからなくなっちゃいましたね(笑)

おしまい
[PR]
by kunkung | 2010-10-18 23:26 | その他 | Trackback | Comments(6)

初岩場♪

クレイジークライマーさんのご案内で開拓中の某エリアに
おじゃましましてきたアイロンです。

10/17 とある岩場
ここの岩場はまだ未公開なので簡単な記録だけ・・・

c0173794_22543826.jpg
・パパンキー OS
ワイドハンドの凹角、快適なアップルート。


・うりずん OS(写真無し)
かぶったカンテから突然のスラブ、登りの切り替えが難しい。


c0173794_22584024.jpg
・サンセット OS
ここまで快適なワイドはそう無いと思う。
ワイドムーブを習得するのにお勧めルート!


・アナドレナイカンテ OS(写真無し)
本当に侮れなかった(^^;


c0173794_22594182.jpg
・バナナクラック OS
小川にあるバナナと違って素直で登りやすい♪


c0173794_2311849.jpg
・ライフワークR 2RP
今回唯一落ちたルート、フィンガームーブが面白い♪
核心部を掃除したら登れました(笑)


・ライフワークL OS
フィンガーのワンムーブだけどよれてたのか悪く感じた。
ナッツの練習には良いかもしれませんね〜


ここのエリアは大きめなボルダーがごろごろ転がっている感じで
ルート自体は非常に短くてピリ辛なものが多く
今日登った限りではクラックよりもフェイスの方が面白く感じました。

案内をしてくれたクレイジークライマーさんはじめ
まり。さん、をっち君、と楽しいメンバーで登ってたら
いつの間にかヘッ電下山の時刻に・・・
ちょっと遊びすぎましたね(笑)

なんにせよ初岩場は全部OSトライで最高に楽しいですね〜
今回は簡単なルートしか登ってないけど今度来るときは
難しいのも手を出してみたい物です♪

遊んでくれた皆さんありがとうございました
またよろしくお願いします♪
[PR]
by kunkung | 2010-10-17 23:49 | クライミング | Trackback | Comments(8)

新型が気になる

私の愛機LX3もデビューから2年、コンデジとしては息が長いけど
ついに新型が出ちゃいましたね〜
c0173794_23322892.jpg

LX5

このまえヨドバシで実機をみたけどなかなか良さそうな感じです。
ズーム比が上がって望遠がちょっと強くなったし
広角側は明るさも含めて旧タイプと同じだし♪

LX3もファームアップをしたら空の色もそれなりに安定したし
良い感じで使ってるんだけど新しいのを見ると
やはり欲しくなっちゃったりします♪

物欲の秋!!! でも買い換えはしないんだろうな〜
この前カム&ナッツ買っちゃったし(笑)
[PR]
by kunkung | 2010-10-14 23:43 | 写真 | Trackback | Comments(4)

8.9mmのデビュー

c0173794_075410.jpg
私たちの命があのお星様になりませんように!
みんながいるときに新しいロープテストをしてみました♪
テストしたのはリアルチープで買った「セレニティ」です。

このロープ前回の日記でも書きましたが檄細なんです、
その細さなんと8.9mm!!!

最初のトライの時は念のためlimacビレイ+バックアップに
手袋付きT本さんの豪華布陣で挑みます!

大丈夫そうだとわかってから屈強な男の1人ビレイ
最後にlimacの1人ビレイで試してみました。

登ってる分には引きは軽いし引っかかりも少ないし、ルンルンですね〜
でも落ちた後の折り返しゴボウちょっとやりにくかった〜(笑)

ちなみに今回このロープで私もlimacも何回か落ちましたが
私がドカ落ちたときにビレイしてくれていたのは
茅ヶ崎山岳会のS田さんでした。
c0173794_22474626.jpg

使っていたビレイデバイスはシモンキュービックで
私の墜落で浮いちゃうくらいだったけど
このデバイスでビレイ自体に問題はなかったみたいです。

そしてlimacが落ちたときにビレイしていたのは私。
使ったビレイデバイスは・・・「グリグリ」です。
c0173794_2132736.jpg
私のグリグリ、写真のロープはセレニティではありません。

説明書だと太さ9.7mmまでと書いてありますが
私のテストだと右手を放さなければ
6mmのロープスリングでもしっかりとロックしてくれます。

説明書では駄目と書いてありますが
実際の使用感は非常に良かったですよ〜

ロープの繰り出しは非常にスムーズでロックする気配もありません。
そしていざ墜落を止めるとき右手でしっかりと制動をかければ
その後はカムがしっかりとロープをロックしてくれて楽ちんです♪
墜落時は適度にロープが流れてくれるので衝撃は少なくて快適です。

グリグリ2買わなくても良いかも(笑)

ただロアーダウンの時はレバーを引くと突然ロープが流れ出るので
しっかりと準備をしてからロック解除しないと怖いです。
もちろん手袋必須!

※ 注意
ここに書いてある情報は
ATCタイプのビレイデバイスをしっかりと使いこなした上で
応用としてグリグリの使用について書いています。

また、私は手袋など安全装備をしっかりと身につけた上で
limacとの体重差なども考慮に入れた上でビレイを行っています。

これらの意味がわからない人は安易に真似をしようとせず
基本的な装備(10〜10.5mmのロープとATCタイプのデバイス)で
技術を身につけた上でもう一度考えてください。



最後に、落ちてないけどコングゴーストとセレニティの組み合わせ。
c0173794_2325543.jpg
コングゴースト、7.5-10.5まで対応。
今回ロープ経を考えると唯一の推奨のデバイスになります。

「落ちてないから何とも言えないけど
 ロアーダウンでは今まで通り全く問題なし」by limac

だそうです(笑)


本当はshinさんにマムートのスマートを借りて
テストをしてみたかったんだけど登るのに夢中で忘れちゃいました(^^;
また機会があるときに借りてテストしてみたい物です♪


細いロープは色々と気を遣うけど
登るときもアプローチも軽いから良いですよ〜
ただしビレイその他では相当気を遣うから
ビレイヤーを良く選んで使いましょう(笑)
[PR]
by kunkung | 2010-10-13 00:33 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(12)

小川でスーパーマリオになれそうな
キノコを発見したアイロンです、こんにちわ
c0173794_12511883.jpg
これ食べると凄いパワーが出るかもしれませんよ
幻覚とか吐き気とかもありそうだけど(笑)

それにしても週末の天気には泣かされましたね〜

10/10 夕方 小川入り
天気予報によるとこの日までは雨なのでゆっくりと
増富ラジウム温泉で体をほぐして夕方に小川入り。

テントを張ってたき火して♪♪♪
c0173794_11292840.jpg
久しぶりの仲間にあったり、いつものみんなでたき火したり
幸せな時間の過ごし方ですね〜\(^_^ )( ^_^)/

たき火の時に集めた情報によると
面白いクラックが一峰にあるらしい???

10/11 小川山 屋根岩一峰
翌日はスーパーイムジンも考えたけどせっかくみんながいるから
limacと2人だけで登りに行くのも寂しい〜と思って噂のクラックへ!

5月20日のウエディングプレゼント OS
下部はテクニカルに色んなジャミングが出てきて
上ではワイド的な体の使い方をしちゃったりして
なかなか多彩なテクニックを要求される楽しいルートでした。
c0173794_12171145.jpg
5月〜(略)をトライ中のマキ君

引き続き隣のアンデラクロス OS
どうも出だし核心みたいなんだけど
背伸びすると上にあるカチに届いちゃうんだよね〜ご馳走様OS(笑)
c0173794_12215238.jpg
でもこんな体感5.11のルートで
OSグレード更新って言って良いのでしょうか???


勢いに乗ってムーランルージュ 2RP
付いてるグレードは簡単なくせにこっちのルートの方が難しいぞ!
OSトライは核心でドカ落ちして結局2テントップアウト。

c0173794_12383013.jpg

他の人がトラバースしてると思わしきチョーク跡のところよりも
1本上のボルトでトラバースする方が楽なんだけどこれって良いの?
ガバがあるから微妙???

でも勝手に限定するのもあほらしいし
2便目も弱点主義に徹して(私の)オリジナルラインで完登♪

このルート、トポには何も書いてないけど
下部ではカムがあった方が安心かもしれません。

上記二つのルートは記録的な意味でのOSグレード更新とかRPとかは
」が付くかもしれませんがどちらも登り自体は
非常に面白くて楽しいルートでした♪


その後は久しぶりにリードしたlimacがヤッホー元気をRP!
c0173794_1239274.jpg
RPできて終了点でご機嫌のlimac

おめでとう\(^_^ )( ^_^)/
久しぶりのボルトルート&リードだったけど
危なげなく登り切りましたね〜

この岩場は空に向かって登る感じで好印象でした♪
秋晴れの中でこういうクライミングできるなんて本当に幸せです!

何だかんだで夕暮れまで登って下山、楽しかった〜
今回お世話になった皆様ありがとうございました
また一緒に登りましょう♪

雨で登れる日は少なかったけど渋滞は3連休並み(´Д`|||)ゲッソリ
下道と悩んだすえ25kmの渋滞にそのまま突っこんで 23:30に帰宅、
ドライバーの皆さん運転お疲れ様でした。


記録
5月20日のウエディングプレゼント OS
アンデラクロス OS
ムーランルージュ ×
ムーランルージュ 2RP
ヤッホー元気 FL
5月20日のウエディングプレゼント TR
5月20日のウエディングプレゼント 回収便
[PR]
by kunkung | 2010-10-12 14:03 | クライミング | Trackback | Comments(6)