先日の小川でやばいドカ落ちをしたアイロンです、こんにちは
今日はネチネチとビレイの方法を考えてみました。

c0173794_20152821.jpg
イムジンビレイ風景、ビレイヤーは ぱるこさん

まず私がどのくらい落ちたのかを正確に計ってみると?

動画を見てると自由落下してる時間は約30コマ≒1秒
ここで計算すると落下距離は約4.9mで最高時速9.8m/s(時速35km!)になります。
カムも含めて重さを65kgとすると約3kN(約300kgf)の力を持ってるわけです。

ちゃんと計算すると結構な力ですね〜

limacはそこから制動を始め、
落下エネルギーに抗えず吹っ飛び
セルフが伸びきって支点ビレイ状態になって
やっと私が止まったわけです。

引きずられてる間もロープを放さなかったlimacに大感謝なのですが
やはりこういう事は何回もやりたくないですよね〜

では次回からどうすれば良かったんでしょう? 考えられることは・・・

1. 1P目の真下でビレイする
NPビレイの基本なのですが、イムジンで1P目を取る位置を考えると
あまりにも余裕がなさ過ぎて実質支点ビレイ状態になっちゃいます。
しかもカラビナとATCが当たって危険。

2. 猛烈に流して飛ばないようにする
一番無難な気がするけど本当にそんな事出来るのかな?
落下距離が長くなればその分加速するわけだし
体が飛ばない程度にブレーキをかけてフォールを止める
なんて細かい芸当を完璧にこなすのは難しそう・・・

3. 飛ばない程度の短いセルフビレイにする。
これって支点ビレイと同じだよね?
最終ボルトだからOK・・・とは思えないよな〜


今まで通りビレイしてもらったとしても
吹っ飛ぶ方向とかがわかったから大丈夫なのかもしれないけど
なんか「これ!」って解決法無いかな???

limacが太って私より重くなるってのは無しです(笑)
[PR]
by kunkung | 2010-05-28 21:27 | クライミング | Trackback | Comments(6)

小川情報

2日目は雨で「喰らいみんぐ」でした♪
c0173794_23111613.jpg
たまにはこういうのも良いでしょ(笑)


そんなこんなで小川情報です!

・イムジン
c0173794_2251228.jpg
いつ見ても剥がれそうなスタートのフレーク、今年も健在でした♪
登るたびに心配してたけど意外と強いのか???

スーパーイムジンの終了点は残置ビナ×2がありました。
最終ボルトのハンガーがクルクル回るので次回締めておく予定。

イムジンの終了点は未確認です。


・林道
c0173794_22541548.jpg
舗装工事が入った部分はこんなふうになってました。

c0173794_22555837.jpg

ちなみに工事が終わったのは1/4くらいで残りは中断してるみたい。
コーンがあちこちに立ってます。


・薪
c0173794_2257174.jpg
ゲートから入って左側、山荘の正面あたりの木が伐採されてました。
当分薪に困ることはないでしょう♪
でもまだ生木に近くて手を入れてないとすぐに消えるのが難点。

次回は6/5〜6の予定です♪
[PR]
by kunkung | 2010-05-26 23:12 | クライミング | Trackback | Comments(2)

やっと、、、例年より大幅に遅い初小川に行ってきました♪
たき火♪ たき火♪ ルンルンルン♪  

生と死の分岐点を行き来してハイなアイロンです、こんにちは

5/22 小川山
今回の狙いはスーパーイムジン!
c0173794_23454994.jpg

日頃オンサイトにこだわってる私ですが・・・
下部はさわってるし上部はアニマルさんのムーブも見ちゃってるしな〜

はい、アニマルさんの動画と平山ユージのLive in Japanを研究していざ勝負!

============OSトライしたい人は見ない!=============

下部のイムジン部分のフィンガージャムで早くもスリップフォール(笑)
このグレードになると細かい部分を忘れると登れません・・・

仕切り直してイムジンとの分岐、
あまり右に寄っちゃいけないんだろうけど
ランナウトの緊張から懐かしいガバとご対面、駄目だ。。。

スーパーのラインに戻ってから最終ボルトまでテン山、
このあたりランナウトさえなければ繋がりそうなんだけどな〜 (=□=;)心弱し

この最終クリップから終了点まで、兄様曰く「ボルダーの3級」らしいけど、、、

左カチから右足〜右カチを取ってマッチ、
身長ギリギリのハイステップで左足を上げてリップへ手を伸ばす。

最終プロテクションは足下に小さくキラリ!
久しぶりに取ったハンガーボルトが安心なような不安なような(笑)

そんな心細い状況でリップを探るとツル〜ンとしたスローパーだけ、
右足をリップに上げてみる物の安定せず!
でもこのランナウト状態でヒール〜マントルの選択肢は選べませんΣ(×_×;)


===============ここまで===================


必死でホールドを探してみる物の何も無し!!!
ヤバイ ヤバイ ヤバイ ヤバイ〜〜〜 

ウギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


激しいドカ落ちでした、、、
悲鳴より落下時間が長いなんて初めての体験です!

口から魂が飛び出ててきて 「ホッホ〜」って(笑)
でも、下ではもっと怖いことが・・・

落下が止まって一安心で下を見ると
ロープに引きずられて突っ伏してるlimac ("O";)ゲッ

後から聞いた話だとフォールの衝撃でふっ飛んで
危うく岩に唇を奪われるところだったみたいです。

私が置いていったヘルメットしていたので紙一重でセーフ!
夫婦の危機は保たれた・・・の???

他にも手が体の下敷きになったり足をぶつけたり・・・

そんな状況でフォールをしっかり止めてくれたlimacに感謝 m(_ _)m 
ヘルメットと手袋をしていて本当に良かった!

でも

グリグリとかのオートロックデバイスを考えなきゃかも・・・


このフォールで心が折れた私はイムジンから回ってTRを張ります。
上から確認してもめぼしいホールドは無し・・・やはりマントルか(=□=;)

c0173794_23472953.jpg
limac@TRでイムジン

私ももう一度TRでトライしてムーブは殆ど解決。
後はボルダー力とレストですね〜要修行!

結局2人で3便しか出してないのにいつの間にか4時に!

急いで下山してたら楽しそうなクジラ岩が目の前に(笑)
ちょっとエイハブを打ったけど再登できず・・・駐車場へ。

明日が雨なのがわかってたから帰るか悩んだけど・・・
c0173794_23464156.jpg
せっかく来たんだからたき火は必須でしょう♪
久しぶりの赤い光に癒されて就寝。
[PR]
by kunkung | 2010-05-23 23:51 | クライミング | Trackback | Comments(8)

課題山積! 瑞牆記

週末は日曜日帰りで瑞牆入り。
不動沢と悩んで、2シーズンぶりの末端壁に行くことにしました!

5/16 瑞牆十一面末端壁
土日で瑞牆入りしてるひらジュニアパーティーと合流してのアプローチです。

薄暗いガリーから明るい稜線に向けて急登、
美しい木漏れ日にレンズを向けてたら、いつの間にか1人に・・・オロオロ
c0173794_12421687.jpg
皆さんお待たせしてごめんなさい m(_ _)m

久しぶりの末端壁、やっぱり素晴らしいスケールです♪
でも、、、ホントのこと言うとここのルートはどうも苦手系なんだよね〜(^^;


・T&T 再登 アップ
調和が埋まってたからとりあえず。
もう楽に登れると思ったけどオフフィンガーに思ったよりも苦戦しました。
瑞牆の微妙に凸凹したクラックを上手くとらえられませぬ Σ(×_×;)


・ペガサス1P OS
ゴチャッとしたクラックが30mくらい続くけど
色んな登り方が出来るからそれほど疲れないルートです。
T&Tと比べるとかなり簡単に感じるけど・・・
プロテクションが悪いからその分グレードアップしてるのかな???

c0173794_14112296.jpg
ペガサス登攀中@アイロン  下を向いてる不思議生物のように見えるのは私だけ? 

limacはTRながらなんとノーテンで登り切っちゃいました!
クラック力付いてきましたね〜♪


・春うらら1P ×
丁度2年くらい前、TRにも関わらず手も足も出なかったトラウマルート。

出だしのフェイスムーブは問題無くこなして核心部のフィンガーへ。
右手出して、左手出して、チィェンジングコーナーを乗り越えて・・・

スポーン  ("O";) ウギャ〜!

NPドカ落ちクラブの本領発揮!
ギャラリーの注目を一身に浴びつつドカ落ちをくりかえします。

う〜ん、、、最近はフィンガージャムもさまになってきたし
今なら行けるかな〜なんて思いもあったけど
甘い幻想は核心部でビリビリに引き裂かれました _| ̄|○ガックシ

結局ここの核心は越えられずにエイドアップ・・・
2年前と変わったのはリードかTRかって程度ですね(^^;

その後の長いコーナーは何とかノーテンで抜けられたから
核心部のムーブが解決できれば光が見えてくるかな?
次はジャムにこだわらず積極的に周りにフェイスを拾ってみよう!

c0173794_1450897.jpg
limacはTRでチャレンジしてみた物のフェイスムーブで返されてました。
ひらひらさんに回収ありがとうございましたm(_ _)m

それにしても最近ジャミングが上手くなってきたと思ったけど
鼻をポキッとへし折られた気分です・・・ジャミング道は奥が深い!

c0173794_154818.jpg
皆さんお疲れ様でした、また遊びましょ♪
[PR]
by kunkung | 2010-05-17 20:54 | クライミング | Trackback | Comments(6)

こっそりと目標♪

名張情報日記で本文よりも素晴らしいコメントが付くアイロン日記へようこそ!
双方向に行き来する情報がWeb2.0って感じですね(笑)

さてさてこんな日記を書いてからはや3ヶ月。
この間にRP(OS)した主なルートはアダムとスネークマンって所でしょうか。
どちらも素晴らしいルートだけどグレードは5.11台
そろそろ5.12の数字を見たいな〜♪

これからのシーズンは得意系の花崗岩だし
限界を押し上げるには良い頃合いです!

私があこがれる高難度ルート達をリストアップしてみました♪
頑張って1本は落としたいな〜

・大聖堂 5.12ab 
アプローチが遠いけど内容は凄く良いらしい!
でもグレードダウンしたんだっけ? 最新版トポ持ってる人情報求む

・スーパーイムジン 5.12bc
言わずとしれた歴史的ルート! まずはここからトライ開始かな〜
これでグレード更新できたら幸せだよね♪

・アルカイックスマイル 5.12c
岩小屋ルーフエクステンション(なのか?)
見上げてみると面白そうなラインなんだよね〜♪
[PR]
by kunkung | 2010-05-13 23:49 | クライミング | Trackback | Comments(8)

楽しい時間はあっという間でした・・・名張香落渓情報♪

この岩場に興味ある人はまずここをチェックしておきましょう。

c0173794_1856451.jpg
そしてこの看板。
火気使用禁止、ってことは喫煙も禁止ですね♪
それだけでこの岩場が好きになっちゃいます\(^_^ )/


アプローチ
東京からだと高速1000円の間は車で行くのが無難でしょう。
他の交通手段で行ったとしても現地では車必須です。

2010のGW中は県道名張曽爾線で通行止めがあり
途中に車を置いて歩きました。
通行止めは5/26までの予定だそうです。

岩場近くまで行くときも何回か止められます。
合い言葉は「さっちゃんまで」です♪

c0173794_2033534.jpg
第一岩壁への徒渉は水位が低かったようで楽ちんでした。
ルートファインディングをしっかりすれば深いところでも膝まででしたが
身長が低い女性はウエーダーかミニスカート推奨です(笑)



細かい結晶の流紋〜安山岩質の溶結凝灰岩で
教科書になりそうな見事な六角柱状節理がそこここに!  ←なんの情報だ?

あとルートはテラスに上ってから始まる物が多いのでマルチピッチの技術が必須。
セルフ用の長スリングとかデイジーを持って行くと便利です。
c0173794_2055389.jpg
柱状節理の終端がテラスになっててそこからルートが始まる。


プロテクション
スパッと割れた長いクラックが特徴なので
みんなで寄せ集めてカムが3セットあると安心かも。

ナッツ、ヘキセンも良く効くけどストレニュアス度が増すからな〜(笑)


終了点
殆どのルートにボルトハンガーがありましたが
直登の終了点はリングボルト×4でした。
あとスネークマンテラスもリングボルトでした。
心配な場合はカムでバックアップを取りましょう。


ローカルルール
岩場のローカルルールとしてヘルメット着用が推奨されています。
スタンスが少なく長いルートが多いだけに
フットジャムにロープが絡んだり、ロングフォールをする可能性が高くなります。
万が一を考えてヘルメットを着用しましょう。

ここに過去に起こった事故などの情報があります。
しつこいようですが一度確認してください。


その他
ゴールドフィンガー、サブマリンの共通終了点直下に浮き石があります。
ちょうど手がでる位置にあるので要注意です!



c0173794_21263860.jpg
それにしても名張香落渓は素晴らしいクラックエリアでした。
もう少し東京から近ければな〜
[PR]
by kunkung | 2010-05-12 21:28 | クライミング | Trackback | Comments(11)

連休日記も最終章に入ったアイロン日記です、今回は一気に2日分♪

5/6 瑞牆某エリア
ここはトポにのってないエリアだから簡単な記録だけ。
c0173794_17382516.jpg
・フィンガークラック
手順ミス&スタンス見落としで見事にOS失敗 Σ(×_×;)
このあたりのムーブの読みがあまいんだよね〜 これからの課題です。

c0173794_17381043.jpg
・チムニー
まり。さんのあとに登ってFL
途中プアプロテクションでランナウトするところがちょっと怖い。

c0173794_17385879.jpg
私がOSトライしたフィンガークラックを登るlimac。
TRながらスルスルっとノーテンで上まで抜けちゃいました ("O";)ヤル~

私はもう一便TRで出したら今度は楽勝!
TRとリードは別物だし初見と2便目も別物だけど
ここまで体感グレードが違うと嫌になっちゃいますね・・・Σ(×_×;) 要修行!


5/7 昇仙峡
吉田和正大先生とデイドリームを計画するも雨予報で中止。
残念だったけどクラックエリアのアプローチを教えてもらいました♪
c0173794_1754225.jpg
目的のクラックエリア ・コブラ5.11c ・カサンドラクロス5.12
あと5.10台のクラックが1本あるみたいです。

c0173794_175203.jpg

「あれが君たちを待ってるクラックエリアだよ、アイロン君&まり。君」

「オォ〜」

「道はこっちだ!」

c0173794_17563082.jpg
「えっっと ・・・大先生、この岩を飛び移るんですか?」

「大丈夫、スクール生も普通に渡ってるから!」

c0173794_184353.jpg

「・・・・・」

悩んでる間に雨がポツポツ降り始めてクライミングは断念。
観光して東京に帰りましたとさ。


おしまい


(おまけ)
上記の昇仙峡の飛び石での川渡りですが、
吉田スクールではスリングでセルフを取りながら安全に渡ります。
ここの日記は半分ネタで本当に飛び移るわけではありません (^^; 
ここに詳しい渡り方が書いてあります。

誤解した人がいたらごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by kunkung | 2010-05-11 19:10 | クライミング | Trackback | Comments(0)

「私を疲れさせる岩場に連れて行って!」
1人体力あり余るまり。さんのご要望で本数を登れる湯川へ。
c0173794_10494745.jpg


5/5 湯川
この日は日差しが暑くてヌメヌメでした、快適な湯川シーズンはもう終了です。
次に来るとしたら雨日の転戦か秋以降ですね〜

c0173794_1050644.jpg
状態はちょっと悪いけどまり。さんはTRもリードも積極的に登って
コークスクリューとデゲンナーのRPしてました、 オメ!

c0173794_10502586.jpg
limacも久しぶりにクラックRP! デゲンナーオメ♪
着実にクラック力を付けてますな〜 (^^)

c0173794_10504162.jpg
私は湯川で登り残してたフォーサイトをOS。
エイリアンだとプロテクションが悪いから全部ナッツで登ったけど
実力ギリギリの人が取り付くと困惑するかもしれません、要注意。

その後はサイコキネシスを正対ジャム登りトレーニング。
吉田和正大先生のブログには「オールジャムで行けと言われると
12bというところであろうか」と書いてありますが
壁のスタンスを併用して正対して登るだけでも十分に練習になります。

湯川みたいにスタンスが豊富にあると
ジャムとの使用率を上手くコントロールすることで
新しい技術を覚えたりトレーニングしたりするにはとても良いかも。

つづく
[PR]
by kunkung | 2010-05-10 11:40 | クライミング | Trackback | Comments(2)

泣きを入れてレストにしてもらった3日目

5/4 観光

c0173794_20403757.jpgc0173794_20503845.jpgc0173794_2040541.jpg
c0173794_20411477.jpgc0173794_20412367.jpgc0173794_20413030.jpg
c0173794_20413951.jpgc0173794_20414777.jpgc0173794_20415513.jpg


奈良は素晴らしゅうございました!
観光後、アニマルさんと別れて私たちは一路湯川へ移動です

つづく
[PR]
by kunkung | 2010-05-09 00:03 | その他 | Trackback | Comments(4)

目をつぶると五重塔が見える・・・
観光モードに入ったアニマルさんからは名言が飛び出してきますが
廃人モードの私は口から魂が飛び出ていきそうです(笑)
昨日1日登っただけなのに何でこんなに疲れてるんでしょう???

5/3 名張 香落渓 第一岩壁
名張2日目、エリアを変えるか第一岩壁に行くかで悩んだけど
面白そうな5.10台ルートが多い第一岩壁へもう一度Go!
c0173794_1117920.jpg
美しい新緑の中を登ってのアプローチ

昨日のスネークマンOSで体力を絞りきった私は
難しいルートには手を出さず簡単なルートのOSトライのみ。

記録
・直登 OS
アップのつもりがアップアップ(笑)
このクラックサイズでスタンスを拾えないとこんなに大変なのか!
上にあるゴールドフィンガーとサブマリンの為に登ったけど
その2本よりも厳しかったかも(^^;
c0173794_1127283.jpg
ワイドが苦手なlimacは青息吐息のクライミング。

テラスは日を遮る物が無く、直射日光を浴び続けた私。
日傘があった方がいいかも(笑) ←水は必須です。

・サブマリン OS
快適なハンドを越えるとワイド〜フィンガーと多彩なサイズが待ってます。
ゴールドフィンガーとの共通終了点直下のテラスに浮き石があるので要注意!

ゴールドフィンガー OS
サブマリン隣のルートでシンハンド〜フィンガーが最高♪
濡れてることが多いらしいのですが
私が登ったときは運良くぱりぱりに乾いてました! 日頃の行いです(笑)


c0173794_11445641.jpg
直登上のテラスから見る「花テラス」のアニマルさん。

・サキサカ1P OS
本当は54mある長いルートらしいけどその下の部分だけ。
c0173794_11592160.jpg
サキサカを登るlimac、フットジャムが安定してるから名張とは相性が良いのかな?


これしか登ってないけど精根尽き果ててクライミング終了。
当初3日連続で登る予定だったけど
まり。さんに泣きを入れて明日はレストにしてもらいました Σ(×_×;)

もう脳みそから不思議な汁が出て不思議な世界に飛んでいきそうです! デヘヘヘヘ

つづく
[PR]
by kunkung | 2010-05-08 13:59 | クライミング | Trackback | Comments(4)