c0173794_2034524.jpgc0173794_20341357.jpgc0173794_20342267.jpg


2週間ほど海外に旅立ちます。
仕事と切り離された時間を満喫する予定
向こうで写真アップできるかな

写真は何年か前に(仕事で)行ったインドネシア
[PR]
by kunkung | 2008-06-24 20:33 | その他 | Trackback | Comments(1)

中国鍼

腸炎を疑われていたのが実は神経性胃炎だったらしい
ナイーブなアイロンです、こんにちは。

昨日、私の顔色があまりにも悪かったので
心配した母と姉に進められた針治療を受けてみました。

この針の先生は中国の方で、針も当然太いと言う噂の中国鍼。
問診と初めての舌診を受けると・・・

真ん中も腫れてるね〜
舌の先が赤く腫れてるね〜

その腹痛は心の問題ね〜
もっと図太くならないと駄目ね〜
心が弱いね〜

と中国なまりの独特なイントネーションで言われ放題です(笑)

く〜 この親父め と思いつつも
当たっているだけに何も言えず
微妙にムッとしながら顔だけにこやかに  ←だから胃が荒れるんだって!
治療を受け始めます。

まずは足から針を打ち始めます、
日本鍼のように筒を使って「トントン」なんて甘い感じではなく
鍼だけを持ってツボに「ドスン」と打ち込み
直後に「ビリビリビリ〜」って感じで効きます。

2〜3本足に打ってもらっただけで
「ゴキュッ、ゴロロロ〜」っと滞っていた内臓が動き出し
不快感が氷解していきます・・・感動

その後もハリネズミのように足からお腹にかけて鍼を打ちまくり、
30分後には、ここ2〜3日の状態からは考えられないほどの復調です !

参りましたm(_ _)m
名医です !

その鍼で心も強くしてください(笑)
[PR]
by kunkung | 2008-06-22 20:31 | コンディショニング | Trackback | Comments(5)

フリータイムを満喫する予定がまた仕事三昧に戻ってしまったうえ
腸炎が疑われる瀕死のアイロンです、こんにちは 

c0173794_20302314.jpg


1日目の夜、突然の腹痛に見舞われナナーズあたりで死にそうになりましたが
小川が好きの一念で小川入りをした2日目・・・

昨晩の寝汗が嘘のようにすっきりと目が覚めます。
天気は快晴 今日は妹岩のクラック〜オーバーヒートと思ってましたが
熱そうなのでクレイジージャム方面に変更。

c0173794_20295387.jpg


1本目 小川山レイバックが混んでたのでクレイジーから
出だしがしっとり濡れてて焦ったけど
冷静にレイバックで処理して核心のワイドへ。

核心でずりずり登ってると不快感が・・・

うっ 吐きそう (+◇+、)
こんな所で昨日の腹痛の続きなんて

ここで吐いて 「アイロン、クレイジーでゲ○!」 などと
センセーショナルな話題を振りまくわけにはいきません

しばらく必死で堪えながら登ってると不思議なことに
登りがきつくなる方が不快感が消えていきます。

激しくランナウトしながらフィンガー部分に辿り着いたときなど
登り初めよりもはるかに気分で登っていけます。

ランナウトの緊張感や落ちる恐怖で何処かのスイッチが
入ったのでしょうか??? あ〜人間の体って「ふ・し・ぎ」(笑)

このスイッチ、一度はいるとしばらくOKみたいで
limac & erikaぽん☆のビレイをしてさらに
ビクターに移動してボルダーまで遊べちゃいました。

c0173794_20305225.jpg


そして日も暮れ初め、登るのを終えて緊張が解けた瞬間
電池の切れた玩具みたいに腹痛復活・・・

なんて都合に良い体なんだろう、でもこんな無理を続けたら
ある日突然、本当に動け無くなっちゃいそうで怖いな〜(笑)

帰りはゆっくり走って甲府昭和から高井戸まで深夜割りで帰宅。
通勤割りで小仏渋滞にはまるのと、帰り時間はほとんど変わらず
次回から帰宅はこの方法かな〜

因みに八王子10時通過を目指して
5速 90km 2500rpm キープでひたすら走ったら
燃費がなんと14km/Lオーバーです! 素晴らしい

今回の成課
瑞牆ボルダー
阿修羅の隣の岩 無名 3級
契約穴社員 4級
その他再登多数

小川
クレイジージャム 再登
何回登っても素晴らしいライン
最後にのっこしてテラスから見る風景は最高です
[PR]
by kunkung | 2008-06-18 20:28 | クライミング | Trackback | Comments(2)

5月半ばから続いた死ぬほどハードな撮影スケジュールがやっと終わり
フリータイムを満喫しているアイロンです、こんにちは。

c0173794_20264023.jpg


ハードスケジュールで体重が落ちて図らずもダイエット成功???
なんてちょっと喜んだりしてましたが登り初めて気がつきました・・・

落ちたのは筋肉じゃん

そんなこんなでボロボロの瑞牆小川記 1日目です(笑)

朝、瑞牆の森に住まう悪鬼に遭遇して情報収集、まずは皇帝岩です。
軽くアップをすませてカンテあたりにある1級に手を出します。

この課題、途中に小さい一本指ポケットが出てきて
そこにどの指を突っ込むかが悩ましいところです。
小指を含め全ての指を試したところ人差し指を不思議な角度で突っ込むと
バチ効きになることが判明! これで核心突破か

c0173794_2024398.jpg


と思いきや・・・核心は上のスラブでした

見事に敗退

limacも調子が上がらないみたいで二人して敗退を重ねて阿修羅付近に移動。

阿修羅に移動直後からlimacはお休みモードに
私は仕方なく悪鬼の友達に教えてもらってカンテ3級SDに参戦します。

せっ 狭い
危うく敗退するところでしたが辛うじて完登
いや〜瑞牆のグレードは侮れません!

その後、阿修羅でさっくり敗退・・・

c0173794_2023296.jpg


悪鬼にクラックがあるボルダーを教えてもらって行ってみると・・・

これが大ヒットでした\(^_^ )/

高さはたったの3mと行ったところでしょうか、、、
SDスタートでも3手でリップに手が届いてしまいますが、
スタートをフィンガージャムで体を浮かせて1手目のフィンガージャム、
このたった1手のフィンガージャムがこれほど練習になるとは!!!

c0173794_20245583.jpg


連続3回も登ってしまいました(笑)
しかし3回目に指皮を持って行かれて
まだ連続ジャミングに堪えられるだけの指皮じゃないって事ですね〜

その後お休み中のlimacを置いて岩探しの旅へ、
この時期の瑞牆山中を歩くと、なんか風の谷のナウシカ(古い?)の
腐海で遊ぶシーンを連想してしまうのは私だけでしょうか???

c0173794_20253754.jpg


しばらく歩いて苔に覆われたボルダーエリアを通過すると壁が見えてきます。
下部は滲みだしが激しく、苔に覆われている物の
上部には3m程のルーフクラックがあります。

もう誰かが登っているのでしょうか???
あ〜カメラを置いてきたのが悔やまれます

散歩から戻って目覚めたlimacと登り、今日は終了して小川に移動。
明日はクラッククライミングです。
[PR]
by kunkung | 2008-06-16 20:22 | クライミング | Trackback | Comments(1)

悩ましいが・・・ 

c0173794_20191280.jpg
c0173794_20192242.jpg



私の携帯にはJ-Phoneと書いてある・・・
時代はVodafoneを経てSoftBankになっているのだが
まっすぐタイプが好きな私は変えることが出来ずにここまで来てしまった。

これまでもノキアのN73やシャープから出たまっすぐタイプを
検討してみた物の決め手に欠いて機種変出来ず。。。

そんな中、遂にiPhoneが日本上陸です

無線LANでネットが繋がったり
家で使ってるMacとの親和性が高くてバックアップが容易だったり
iPodの替わりになったり・・・

う〜ん魅力的

でもダッチパネルで物理的なボタンがないのは操作しにくそうだし
実際にiPodタッチで文章打とうとすると相当ストレスだったし
そのあたりを考えるとイマイチなんだよね〜

同時に検討中のノキアのN95はやっぱり良い線ついてるのかも・・・
でも機種変更は55000円一括払いのみってのは タカスギ
    
みなさんどんな基準で携帯選んでるのかな???
カパカパの折りたたみは嫌いなは私だけ???
[PR]
by kunkung | 2008-06-11 20:18 | その他 | Trackback | Comments(4)

御岳でリフレッシュ! 

昨日も仕事から帰ったのは日付が変わってからだったけど
気合いと根性で御岳 明日雨なんだもん

c0173794_20173660.jpg


出発は寝坊して昼過ぎ(笑)
それでもこの時期は十分に遊べます♪

今日のお題は3月に手を付けてそのまま放置プレイ状態の
「デッドエンドトラバース」初段です。
最後の部分がどうしても解決できないんだよね〜

そんでもって今回も・・・やっぱり
まあ3週間ぶりのクライミングだったしこんなの物か?
細かいホールドも意外と保持できたから良しとしよう!

同じ課題ばかりやるのも良くないから
超苦手系のイギリス人のトラバースにちょっと参戦

何年か前に手を出したけどあまりの狭さにどうにもならず・・・
今なら多少クライミング上達してるだろうし行けるかも?
って思っていったけどやっぱり狭すぎ

嵐が来て下地を50cmでいいから綺麗さっぱり流してくれないかな〜
ってか、この邪魔な下地を掘ってしまいたい
・・・これもチッピングなのだろうか???

なんだかんだであっという間に夕暮れ時で帰宅タイム
帰りにバーチによってテスタロッサをリソールに出してみた。

ついでに工房の荒川さんとちょっと話をしたけど、
博識に磨きがかかって凄いです〜
次にシューズ買うときはバーチで説明聴きながら買ってみようかな♪
[PR]
by kunkung | 2008-06-07 20:16 | クライミング | Trackback | Comments(2)