Yosemite finish figure 8 その3

皆さん車をジャッキアップしたことありますか?
この実験だと同じくらいの荷重がかかって思ったより大変だったんですよ〜
そんなこんなで昨日の続きで結びのリング荷重テストです、ムギュ〜

c0173794_11414259.jpg

テスト方法は昨日提示した5つの結びを力いっぱい縛って
車のジャッキで押し広げてみました!

テストはそれぞれ2回行いました
記号は解けなければ◯、解けたら×です。

・お馴染みの8ノット(末端処理はなし) ◯◯
・私が使ってる返しに余裕をもたせたYosemite finish figure 8 ◯◯
・Yosemite finish figure 8 No.1 ××
・Yosemite finish figure 8 No.2 ◯◯
・おまけでブーリン ××


8ノットは安定の実力、Yosemite finish figure 8はNo.1とNo.2で大きく差が開きました。
その1でコメントいただいたロープの入る方向(順番?)が肝みたいですね〜

ではその理由を考えてみましょう。

c0173794_12071241.jpg
8ノットが解ける様子を図解してみました(写真の結びだと実際には解けません)

1.まず赤のループ部分にリング荷重がかかると結びを押し広げるような力が加わります(赤矢印)
2.それに伴い青で示した部分が上にせり上がり青矢印のように動きます。
3.ポイントは青矢印の部分で、この肩の部分をロープが通過すると一気に解けます。

Yosemite finish figure 8 No.1はこのせり上がりをガイドするように
ロープが結び目に入っているので強度が大幅に落ちてしまうのでしょう。


おまけの実験で緩めに結んだものも実験してみました。

・お馴染みの8ノット(末端処理はなし) ◯
・私が使ってる返しに余裕をもたせたYosemite finish figure 8 ◯
・Yosemite finish figure 8 No.2 ×

更に一個脱落しました。
肩の部分の通過しやすさを考えたら当然の結果ですね。

そして◯だった2つの結び方も固く結ばって解けなくなっちゃいました。
当たり前だけどどんな結びでも予め力いっぱい結んでおくのが基本です。

c0173794_12293156.jpg
解けなくなった結び目。
ロープはギンギンに伸ばされて弾くとハーブみたいに高い音がw

今回使ったジャッキは1100Kgまで耐えるタイプのものでした。
これがミシミシ言うくらい本気で押し広げたので1000Kg重くらいはかかってると思います。
ループになってるから結び目にはだいたい500Kg重くらいかかってるのかな?
間違ってセルフ取ったりするくらいなら十分な強度ですね。


=====

さて長々とYosemite finish figure 8について色々書いてきましたが、
私はこれを無条件におすすめしているわけではありませんよ〜

JFAなどがおすすめしている8ノット+末端結びに対して
メリットとデメリットがあり、それを明確にしたいだけです。

それらのメリット・デメリットが自分の登りに対してどう影響するのか
結び目にリング荷重がかかるリスクが自分にどのくらいあるのかetc

こういう事を自分で判断できない人や自己責任が理解できない人は
普通にエイトノット+末端結びにしておきましょうね〜








[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/25336405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zaki at 2016-02-25 00:02 x
推測が間違っていなくて良かったです!
ボウラインとカウボーイボウラインは、解けてしまうことより解けなくなるからカウボーイボウラインが間違いみたいなことを言われますが、大事なのは理由と理屈がわかっていることですね。
実験ありがとうございました。
Commented by アイロン at 2016-02-29 21:23 x
zakiさん

アドバイス有り難うございました。
目の前でどういうふうにロープが動くか、とか
実際にやってみてわかったことも多いので良かったです!
by kunkung | 2016-02-24 20:19 | クライミング | Trackback | Comments(2)