Bivy宿泊情報

2015年に出来た新しいクライマーゲストハウスBivy。
これから台湾に行く人のためのBivy情報♪
c0173794_18290452.jpg
まずはオフィシャルページの紹介から。

日本にも有る普通のゲストハウスだけどクライミングに特化してます。
て、この時点で普通じゃないかw

あとHPの通り英語が通じます。
私のような英語オンチでもでもわかるようにやさしい英語を喋ってくれます。

オーナーのQX(名前です)はガイドもやってるので
岩場情報とか聞けば色々と教えてくれます(英語か中国語)

c0173794_21084877.jpg

料金
オフィシャルにある通り
NT$500 〜6泊
NT$400 〜7泊
NT$300 〜30泊

6泊だと7泊よりも値段が高かったりする不思議な設定だけど
この辺りはそのうちに是正されるんでしょうかw


宿泊人数
相部屋は6人+個室2人の最大8人。
予約してから行ったほうが無難でしょう。
c0173794_18015079.jpg
写真は私達が利用した相部屋です。
貴重品ロッカー、ハンガーパイプがあります。
ベッドは2段でスプリングかなり柔らかめ、
毛布は1枚だから寒がりの人は厚着して寝るのが正解かも?

早寝の人は洗濯バサミとかを使ってベッドまわりにカーテンを作ると
幸せに寝られると思います。

個室の方は利用してないのでわかりませんが2段ベッドでした。


飲食系設備
c0173794_18014387.jpg

ありがたいことにフィルター浄水器があって
水を無料で汲むことが出来ます。
海外で安心して水を飲み放題なのは嬉しいですね♪

あとキッチンも使わせてもらえます。
冷蔵庫、トースター(電子レンジはなし)、IHクッキングヒーター
フライパン、皿、コップ、スプーン、フォーク、ポットのお湯があります。
カウンターデーブルで食事を食べる形です。


バス・トイレ・洗濯など

バス・トイレは共通のものが2個。
湯船は無くシャワーのみです。
トイレと共通だからシャワーで2つとも埋まると我慢大会。。。

洗濯機は無料で使用できるものがありました。
洗濯干しもあったけどみんなで使うといっぱいいっぱい。
自分でも紐とかハンガーを多少持って行くといいかも。

他にはスリッパあり、無料WiFiあり。


買い物など
周りにスーパーなどはありません。
朝、車で行商人が来るけど正月だからか不定期にでした。
基隆などの街に出たついでに買い物も済ますのが正解です。
c0173794_21183750.jpg
食事は上の地図のFood Shop麦香屋がオススメ、歩いて10分くらいの所です。
英語が通じないから漢字の筆談が有効です、紙ととペンを持って行きましょう♪
基本的に炒飯か排骨飯を頼んでおけば外しません。


岩へのアプローチ
c0173794_21253693.jpg
宿から一番北のエリアまでは歩いて30分程度でした。
バスを待つよりも歩いちゃったほうが手っ取り早くて良いと思います。
南側はちょっと距離があるからバスになるかな〜


レンタル

c0173794_21365240.jpg
私たちは使いませんでしたがレンタルもあるみたい。
ハーネスからシューズまで有ると書いてあるけど全サイズ揃ってるのかは不明。
借りたい場合は直接問い合わせる必要がありますね。

因みに下2つのトポとチョークは販売価格です。


長々書いたけど龍洞でクライミングするにはベストな宿だと思います。
ここに滞在してると運が良ければトポの製作者とかにも会えるしね♪










[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/25156286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2016-01-10 17:50 | クライミング | Trackback | Comments(0)