龍洞岩場情報

楽しかった台湾クライミング、備忘録的に情報共有です♪

c0173794_17231983.jpg
砂岩だけど鷹取山とかよりはシッカリしてます。
でも脆いところもあるからNPセットは慎重に。

脆いけど粗い感じの岩なのでジャミングするときはテーピング推奨。


トポ
台北にある登山友かBivyで売ってます。
レートにもよるけど日本円で3000円前後でした。
写真をふんだんに使った素晴らしいトポで
赤がトラッド、青がスポートと分かりやすくルートを分けてます。

作成者のMattとも一緒に登ったけどナイス・ガイだったよ〜♪


アプローチ
まずは台北まで飛行機+バス。
そこから1811のバスに乗って龍洞まで行くのが基本になります。
c0173794_21410936.jpg
エリアは9個あってバス停で3〜4つ分に渡って海岸線に岩場があります。
正確なバス停は行くエリアに寄ってまちまち。
駐車場は北側と南側に各1ありました。

私達が利用したBivyからは近い方のエリアは徒歩30〜40分、
遠い方のエリアはバスを利用しました。


ボルト・終了点
私が行ったエリアでは基本的にボルトはケミカルで
終了点も龍路以外はすべてありました。

クラック脇にボルトがあったりしてう〜んと思わなくもないけど
砂岩でNPだと危ないのかもしれないし・・・まあ良としましょう。

こちらではTRをセットするときに最後のボルトにもクリップしておくみたい。
岩場もろくて終了点のボルト2個が崩壊する可能性も考えてるのかな?
この辺りは私の怪しい英語力だと理解不能でした(^_^;)


宿泊
私たちは新しく出来たBivy(小屋岩)と言うゲストハウスを利用しました。
英語OK、宿主はクライマーでとても良い人でした。
後日詳細情報を書く予定。









[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/25155441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2016-01-09 20:19 | クライミング | Trackback | Comments(0)