アームバーの科学

ジャミングの科学もとうとうアームバーまで来ちゃいましたね。
この辺り、本当はナバラーの方が強そうなんだけど
勢いに乗ってガシガシ書いちゃいましょうwww

このくらいのサイズのクラックを登ろうとするとどうしても
クラックから体が外に吐出されちゃうんですよね。

文字だけだとわかりにくいからひらひら姉様をモデルに
写真で説明をしていきましょう(水色部分はクラックの内側想定です)。
c0173794_14084837.jpg
赤丸が重心でここは引力で常ね真下にひかれています。
それに抗う形で肩や左膝や右足などで緑矢印のように踏ん張るのですが
重心とのズレで常に黄色矢印のような体を外に吐き出す力が加わるのです。

しかもこの状態から体をあげようとすると
どうしても写真の右斜め上方向にしか力を加えられないから
動こうとするともっと吐出されて「ぜ〜は〜」しちゃいます。

ここで書くアームバーの使い分けはそのまま
どうやって体が吐出されないようにするかの方法論なので
その辺りをポイントに見てもらえるとわかりやすいかな?

私が使うアームバーは3種類あるのですが上半身を固定する基本は全て
肩の後ろ側とガストンのオポジション+アームバーになります。

ガストンのポイントは左肩がクラックに入ってることと
ガストンが左肩付近にあるところです、離れてると余計な力を使います。


1.手を伸ばしたアームバー
c0173794_13543310.jpg
教科書に出てくる典型的なアームバーですね。
純然たるワイドではあまり使わない気がするけどどうなんでしょ?

クラックがフレアしてると奥にフィストとかハンドが決まったりするし
カチとかがクラック内にあったりするとこの形になりやすいですよね♪

でも純粋なアームバーとして考えると
上腕二頭筋フルパワーですぐパンプしてくるし
支持力もそれほどないので私は使わないことが多いかな〜(^_^;)

実はこうすれば良いなんて情報があれば是非教えて欲しいw


2.手を曲げるアームバー
c0173794_14290164.jpg
私の場合純粋なアームバーでは一番使います。
左肩の近くで手のひらを押し付けるようにしてます。
肘は後ろ側のカベに押し付けることが多いです。

これのメリットは上半身の固定を4種類に分けられるところです。
前方向が右手ガストン+左手のひらで後ろ方向が左肩+左肘です。

実際に登るためにはロックしている4つのどれかを解除する必要がありますが
そのあたりのムーブが一番スムーズに行える気がします。

足で体を摺り上げる時には必然的に左肩のロックが外れるのですが
その時に左肘がフォローに入れます。

右手のガストンを動かすときは左手のひらがフォロー

左手の肘と手のひらを動かすときは肩とガストンでロック

こんな感じで常に上半身がクラックから吐き出されないようにできるから
手がかりのないワイドクラックを登るときは一番使い勝手が良い気がします。


3.手を下にするアームバー
c0173794_14392837.jpg
これは右手のガストンが凄くしっかり効いて
それ一本あれば体が吐出されないような状況で使います。
どっちかというとアームバーというかプッシングですね。

左手でプッシュしながら右手のガストンで耐えて体を上げていきます。
上記の手を曲げるアームバーとは違う筋肉を使うから
これが使える時はなるべく使ったほうが楽です。

でもこれが使えるほど右手が決まる幸せワイドには少ないよね〜

もうちょっとクラックが広がると両手プッシュができるから楽なんだけど
そのサイズはまた次回〜


P.S. ひらひら姉様モデルありがとう♪


[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/24361494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2015-07-07 20:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)