再受傷から26日 聖路加国際病院

今日やっと聖路加国際病院で検査、と言っても
MRIを撮るまでもなく手術がオススメらしい。

靭帯が切れているか切れていないかが大事なのではなくて
機能しているかどうかが大事だと、、、確かに

現状では4本あるうちの1本、前十字靭帯が機能していなくて
他の3本+筋肉で膝を支えている状態らしい。

現状では膝の腫れは引いていてたまに膝のあちこちが軽く痛む程度なんだけど
それは膝が軽くズレて他の靭帯とかに無理がかかって痛んでいるのではないかと。

なるほどだから同じ場所じゃなくて色んな所が軽く痛むのか、納得

膝のズレが起きるなら今後悪化していくのが目に見えているから手術がオススメと。


メモ代わりに具体的な術式
・遺残靭帯をなるべく温存した上での2重束再建手術

これを行っているのは北大と順天堂大学病院だけらしい。
遺残靭帯温存自体は順天堂大学病院でも行っているけどここは1重束再建

・移植靭帯として半腱様筋腱と薄筋腱の両方を使用する
・4重の折り返し+2重の折り返しの2本、トータル6重の折り返し靭帯を作成

靭帯として十分な強度を保つために靭帯を2本とも使うみたい。



私の質問と答え

・私の身長は平均より高くその分長く靭帯を採取できるから1本だけで何とかなりませんか?

1本では必要な長さを確保できないので難しい。
2重折り返し+2重折り返しでトータル4本でやるところもあるけど
聖路加国際病院では靭帯の強度を保つために4重+2重にしているので
2本の採取が必要になります。

手足の長さには自身があったんだけど駄目らしい(ーー;)



・2重束再建手術と1重束再建手術を比べた時のメリットは?

まだ明確な答えが出ていないが医者は自分たちが良いと思う方法で手術をしています。
聖路加国際病院ではこの方法が良いと思って手術を行っています。


・「フットジャムでの立ち込み動作を見せて」
半腱様筋腱と薄筋腱の両方とも取ってしまうと筋力的に問題は出ませんか?

今のような動作であれば大腿二頭筋が主に使われるから影響が無いとはいえないが少ないと思う。


・入院期間が他の病院よりも短いが?

絶対大丈夫と言うレベルまで入院させる病院もあるが
当院はある程度患者さんの事を信用して帰宅してもらう。
注意事項を守った上で日常生活に早く復帰するほうが良いと思います。
勿論病院の経営方針もあると思いますがw


・リハビリはどのくらい通うのですか?

最低2週間に1度、できれば毎週来たほうがいいです。
どちらもメニューは変わりませんが術後の経過観察もあるので多く通院したほうが良いかと思います。


・費用は?

差額ベッド代がかからない病室なら保険診療で一律です。

恐怖の差額ベッド代は一日3万円〜・・・(ーー;)
ベッド空いてなかったら車中泊でいいんですけど・・・てな訳には行かないよねw
この辺りはベッドがあくまでのんびり待つのが吉なのかな?


お世話になった先生は私のアホな質問にも丁寧に答えてくれる良い先生でした。
若くて目も良さそうだし筋肉もしっかりしてたから何かスポーツをやってるのかな?


納得行く説明してもらって先生も良さそうなんだけど
健康な靭帯を2本切り取るのは痛いよね〜
1本で済ませてくれる順天堂大学病院の話も聞きに行ってみたいところ。
もう一発紹介状を書いてもらって行ってみようかな。










[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/23935815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2015-04-17 21:56 | コンディショニング | Trackback | Comments(0)