フィンガージャムの科学 -2

無事に復活第二回を迎えたジャミングの科学へようこそ
前回に引き続きフィンガージャム偏です、今回は順手のボトミング

c0173794_12233043.jpg
ボトミングだけのフィンガーも実は2種類くらいあって
一つは指残置しそうなほどのバッチリフィンガー、
もう1つがフレアしてたりして指を回転させると
そのまま吐出されそうになる微妙なフィンガーです。

フィンガージャム自体の楽ちん度合いで行くと、
バッチリフィンガー→カム効果→微妙なフィンガーなので
ここは! と思った所に指を突っ込んでみて
楽な順にどれが使えるのかを試していくのが正解だと思います。

バッチリフィンガーをきめるポイントは場所の見極で
ピンポイントの場所に指を入れれば後は何をしなくても
そのまま引っかかって体重を支えてくれます。

このジャムをマスターするには地面から届く様なフィンガークラックに
ひたすら指を突っ込んでどんな所が良いのかを覚えるのが近道です。

c0173794_13335514.jpg

それに対してフレアしてたりする微妙なフィンガーはもう大変!
クラックを探っても引っ掛かり感は非常に少なく
他を探してみたもののこれ以上良い場所が見つからない・・・

でもジャムをきめるときはそんな後ろ向きな気分は脇においておいて
フルパワーで手首を内転させて指が動かないようにそ〜っと上に上がります。

自分の手はL字金物と信じてぴくりとも動かしてはいけません。
親指ピンチで楽しようとするとあっという間に外れます。

c0173794_12524691.jpg


あとフィンガージャムで大事なのは指と順手逆手の関係と
体の持って行きかたです。

フィンガージャムではロックさせた指を
他の指で上から抑えこむようにきめることが多いので
基本的にロックさせる指が下に来るように決めます。

だからクラックサイズに合わせて人差し指をきめるときは逆手
小指をきめるときは順手が多いです。

指毎に書くとこんな感じ
人差し指 逆手
中指 どちらでも
薬指〜小指 順手

それから手の送り方は肘がクラックから離れない高さ、
せいぜい肩辺りまで引きつけたら次の手を出しましょう。
手数減らそうと欲張ると突然すっぽぬけちゃうよ〜w


ここで書いたことを基本にレイバックミックスだったり
カチ持ちミックスだったり色々とごまかしながら登ってるのが
フィンガージャムのポイントではないかと思います。





[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/23703060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2015-03-18 21:45 | クライミング | Trackback | Comments(0)