リソールをブツブツと語る

マダガスカルから帰ってきたら旅だったシューズも帰ってきました♪

c0173794_23360016.jpg
今回はみんなのもまとめて出したから合計8足!
帰ってきたシューズと剥がしたソールを見てみるといろんなことが分かりますね〜

c0173794_23354792.jpg
c0173794_23355014.jpg

まずシューズ、上が私の初代カタナレースで3回目のリソール、
下が私の3代目カタナレースで初めてのリソール。

ダウントゥ具合がぜんぜん違います(^_^;)

普通に考えたらリソールを重ねる毎にダウントゥが減っていくと思うんだけど
今回は新しいシューズのほうがストレートになっちゃってます。

これは単純に新しい人が入ったみたいだから
作業した人が違うんでしょうね〜

今まではずっとダウントゥした状態で仕上がってきたから
ダウントゥしてるのが荒川さんが作業したシューズなんでしょうか?

私の場合はクラック用で使うからストレート仕上げもいいかも?
両方履き比べて次回から好みに応じて作業人を指名できないのかな〜♪

c0173794_23360526.jpg
あと、最近は剥がしたソールをもらってます。
集めたみんなのシューズ分も返却してもらって着服してます、はいw

剥がしたソールのシューズは左からミウラー、バイソン、カタナレース、カタナレースです。
ミウラーとバイソンはシャンクがソールにくっついて来ちゃってますね。
それに対してカタナレースはくっついてきている気配がありません。

まだカタナレースを自分でばらしたことはないけど
入ってるシャンクはテロっとした樹脂なんでしょうか?

それに対してミウラーとかバイソンは繊維質の樹脂シャンクで
ソールを剥がすとシャンクが部分的に剥がれてシューズの剛性が落ちます。
この辺りはシューズのリソール耐性に大きく影響しそうな部分ですよね。

ただP3ソールはリソールを繰り返すと突然内部崩壊して
ポコポコになっちゃうことがあるからリソールに強いかって言われると。。。

ただ経験則的に言うとこのP3パーツの接着強度は
初期のものよりも現在のモノのほうが強くなっている気がします。

まわりのみんなも出始めの頃はポコポコになってたけど
最近はそういう話をほとんど聞かなくなってるんですよね〜
もしかしたらバーチの方でコッソリと対策を練ったのかも???
この辺りはただの推測だから間違ってても文句言わないでね〜w


さ、ブログ書いてばっかりじゃなくて登らないとね♪
明日は久し振りのクライミングでビックロック!



[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/23141238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2014-11-30 00:21 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(0)