懸垂下降を考える

懸垂下降は本当に事故が多いんですよね〜
技術的にはシンプルに思われていますが実は奥深く
そしてミスに対する許容範囲が非常に狭いのが懸垂の特徴です。

懸垂の絡みで私も非常に悲しい思いをしました。
ミスを減らして事故を起こさないようにしたいものです。


c0173794_22435434.jpg

さて、懸垂下降はが奥深いと書きました。
それは、セットやロープの捌き、回収やトラバースなどなど多種多様で
その状況に合わせてどんな技術で下るかを判断することが
思っている以上に奥深いという意味です。

このブログですべてのケースのおける事例を書くことは不可能なので
私は2つの安全策を提案したいと思います。

1.トップで下る人はグリグリなどブレーキアシストのデバイスを使う。

トップの人はロープをさばきながら下ることも多いし
どうしても片手作業が必要な時が多いですよね。

でもグリグリなら結び目を作る程度のバックアップで
安全簡単に両手を使えるようになります。

また何らかのミスがあって手を放してしまった時でも
グリグリなら十中八九止ってくれます、あー素敵♪

デメリットは支点セットが回収時に引っかかりやすくなるところですが
セカンドがグリグリ用のセットを解いて普通に下ればそれも無問題です。


2.セカンドが下るときはトップがロープの末端を持ってあげる。

これもセカンドが何らかの事情でロープを放してしまった場合
トップがロープを引っ張ればセカンドの落下は止められます。



この2つの共通点は懸垂下降でのミスを0にするのではなく
「ミスをしても致命傷を防ぐバックアップを取ろうよ」って事です。

人間はどんなに注意しても100%ミスを無くすことは出来ません。
それが注意するべきことが増えた場合指数関数的にミスの確率は増えます。
例えばトラバースしながら下るとか、回収しなきゃいけないとか、etc

シングルピッチで懸垂するときもマルチで懸垂するときも
パートナーのためにちょっと手を添えてあげるだけで
安全性が飛躍的に高まります、どうですかやってみたくなるでしょ?




P.S. 当たり前の事過ぎて書かなかったけど念のため
懸垂の支点セットするときは必ずセルフビレイを取りましょう。
ロープの末端は必ず結びましょう。
支点のチェックは忘れずに。











[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/21105713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えのきど。 at 2013-12-13 00:05 x
想像力が乏しくていすいません、バックアップにグリグリを使うやり方がよくわからないのですが? どんな感じに使うのでしょうか?
Commented by Yt at 2013-12-13 11:49 x
トップで降りる時だけ支点にインクノットでロープをセットするということでしょうか?
片側のロープをエイトノトットしカラビナかけるのもありますが
ロープフィックスしてる場合はグリグリをよく使います。
自分はATCにロープスリングのマッシャーでバックアップを取り懸垂します。
Commented by アイロン at 2013-12-13 15:47 x
えのきど。さん
バックアップにグリグリを使うというのはメインのラペル用デバイスとは
別にグリグリを使うことを想定していますか?

私の想定はメインのデバイスとしてグリグリを使用していた場合に
何らかのミスで手を放してしまっても止ってくれる可能性が高いので
そのミスをバックアップしてくれるという意味で使っています。

グリグリを使用していれば100%止まるとは言い切れませんが
8輪やATCよりもかなり安全だと思っています。


Commented by アイロン at 2013-12-13 15:50 x
Ytさん
インクノットはセカンドが解除するときに誤ってロープを落とす可能性があるので
片側のロープに8結びを作ってビナ×2で止めてます。

マッシャーのバックアップでもいいのですが
理由がない限りなるべくシンプルにシステムを組み立てたほうが
ミスが出ないので私はグリグリを使うことが多いです。
Commented by さち at 2013-12-13 19:56 x
こんなことを教わりました。いつも実行しているわけではありませんが。15㎝くらいのヌンチャクの両端に環付きカラビナを付けて、片方をビレイループに付け、片方に下降器をセットします。下降器より下にマッシャーなどのオートロックのヒッチでバックアップを取ります。こうすればダブルロープの状態で、万一手が離れてもおおむね止まります。積極的に手を放す場合は、脚にロープを巻くとかしたいですけれど。
Commented by アイロン at 2013-12-13 20:34 x
さちさん
それは私も昔やったことがあるのですがセットが煩雑なのと
専用のヌンチャクを用意しなければいけないので止めました。

ただ体から離した位置にデバイスが来ると
ギアを巻き込みにくいなど色々とメリットがあるので
PASにデバイスを付けて懸垂下降をすることは多いです。
手が短いと難しいかもしれませんが(^_^;)

このあたりは続編で後日書いてみようかな〜

Commented by Yt at 2013-12-13 20:52 x
そうですね システム的にはグリグリのラペルもいいと思います。ただマルチやアルパインなどでダブルロープを使う時の為どちらのシステムも現場でスピーディーに出来る必要がありますね。
個人的には下降にバックアップ無しやグローブ無しの人が多いのも気になります
Commented by えのきど。 at 2013-12-17 11:33 x
グリグリで懸垂ということはロープをFixするのですか?

また、マルチや普段登る時にグリグリをぶら下げて登ってるのでしょうか?
Commented by アイロン at 2013-12-18 12:00 x
Ytさん
確かにダブルロープの場合はグリグリを持って行くことは無いだろうから
この方法は現実的ではなくなりますね。

私はダブルロープが必要なルートを登ったことがないので
その辺りは意識の差が出るのかもしれません。

バックアップなどが無いのが気になるというのは私も同意権です。
人間いつミスするかわからないですからね〜
Commented by アイロン at 2013-12-18 12:03 x
えのきど。さん
グリグリで懸垂するときはペツルの説明書どおりにまずセットします。
ただ途中で結び目が引っかかると嫌なので2番めに降りる人に
解いてもらうことがほとんどです。

マルチでも私はグリグリでビレイをしています。
もっとも私はフリーのマルチしかやらないし
ダブルロープも持っていないのでその辺りは特殊なのかもしれません。

Commented by ていうか at 2013-12-20 19:34 x
懸垂って2本のロープで降りるんじゃないんですか?グリグリじゃ1本しか通せないからメインでつかえないですよね?ということをおっしゃってるんではないかと。。。
Commented by アイロン at 2013-12-21 00:24 x
てゆうかさん
なぜ懸垂は2本のロープをデバイスに通さないといけないのですか?
1本懸垂の方法はいろいろありますが
あえて2本に限定する合理的な理由があるのでしょうか?

グリグリの懸垂に関してはペツルで下記の通り説明しています。
http://www.alteria.co.jp/sport/product/descender/grigri-experience/
Commented by ていうか at 2013-12-22 00:35 x
え…いやマルチピッチされるようだったので、フィックスロープでの下降は逆にイレギュラーなんじゃないの、と思った次第です。

マルチで懸垂で降りる時とかどうされてんでしょーか……(素朴な疑問)。
Commented by アイロン at 2013-12-22 20:53 x
てゆうかさん
イレギュラーというのは少数派という意味で使っているのですか?
そうだとすればそのとおりだと思います。

ただ私は安全面の配慮からフリーでもヘルメットをかぶるし
ビレイグローブも必ずするようにしています。
これらもおそらく少数派ですよね?
私は皆んなと同じよりも自分の安全を優先するタイプなんです。

マルチでの懸垂は上記のURLにある通り片方のロープで懸垂して
逆のロープを引っ張れば回収できるようにシステムを組みます。
(私はこれをFIXとは思っていません・・・)

ただこのシステムの場合カラビナが岩に引っかかったり
ブッシュにクリップされたりする可能性があるので
ほとんどの場合2番目に降りるパートナーに解除してもらっています。

パートナーはATCか8環で下り、
私が下でロープを握ることでバックアップとしています。

ちなみに私はソロでは登らないタイプです。



by kunkung | 2013-12-12 22:52 | クライミング | Trackback | Comments(14)