ピーカンの小川 その2

楽しい夜も明けて2日目は酷寒の朝!
せっかく早起きしたのにマッタリ〜www
c0173794_21234668.jpg


10/13 巡礼コース(ハーフ)

この日は膝の怪我のリハビリ最終章で巡礼コース(ハーフ)です。
元々はレイバック〜クレイジー〜イムジン〜バナナ(@未登)と続くのですが
今回は無理しない用にレイバック〜クレイジー〜よきプレのみ。

久しぶりにクレイジージャム登ったけどイイよね〜
この全身岩に挟まれてる感が素敵です♪

引き続き岩に挟まれる感たっぷりのよきプレ!
膝の怪我をしてから初めてワイドのリードをしたけど
こちらも問題なく登り切れました\(^o^)/

一緒に連れて行った2人の女性も
・こんなクライミング初めて!
・岩に包まれてる感が素敵!
など、とっても好評でした(アイロン意訳)

この感じだとワイドクラックが2人のブームになるかもしれませんねwww

c0173794_21321474.jpg


愛妻limacはクレイジーもよきプレもTRながらあっさり。
リハビリも良いけどそろそろリードしてもいいんじゃない?


記録
小川山レイバック 再
クレイジージャム 再
よきせぬプレゼント 再


ちょっと毒吐くからここから先は見たい人だけ・・・

この日のレイバック登ったら終了点にあった残置ビナがひどいことになってたから取り替えたわけですよ。
この終了点もフリーファンとかで外すって告知されてる曰くつきの奴なんだけど。。。

で、私達がアップを終えてクレイジーを登ってたんだけど寒くなって日向のレイバック側に行ったら私が取り替えたばかりの残置ビナでTRしてる馬鹿者が! (-_-メ) 注意したら残置ビナでTRしちゃいけないのは知ってるみたい・・・なんだかな〜

大体カラビナなんて何年かに一度交換するでしょ?10ねんも20年も同じビナをひたすら使い続けるなんてありえないんだから、ちょっと余裕を持って交換して使い終わったビナを残置する側に回ろうよ。

こういう部分を考えるとやっぱりあそこの終了点は外して本来の、初登者が設定した終了点に戻すのがいいんでしょうね。TRしたいならクラックにカムセットすりゃいいだけの話だしマントル怖いならその下で終了すればいいわけでしょ?

次にボルトを外したときはまたボルト打つ人が出ないとイイな〜


[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/20841794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こばやん at 2013-10-19 12:01 x
見かけたら注意していきましょう!

まぁ、知っててもキチンとしない奴は
心の中で「クソ野郎!」と悪態つきつつも

笑顔で常識無いですねぇ~なんてね。。。。

あのボルトをアンカーに変えるのはダメかいね?
Commented by アイロン at 2013-10-20 12:32 x
こばやん
残置TR見つけたら無条件で残置交換させるとかすると効果あるのかもwww

ところでボルトとアンカーってなにか違うの?
アンカーって略してるだけでアンカーボルトのことでしょ?

レイバックの何時も使ってる終了点は初登時は無くて
後からガイドが勝手に設置したらしいんだよね。
だから何かに変えるのじゃなくて撤去が正しいと思うよ。
Commented by こばやん at 2013-10-21 23:23 x
いやいや。今の終了点は、RCCボルトとペツルのボルトでしょ。
通常、アンカーボルトだと、それより、もっと埋め込み長さは
長くて、深いんじゃないかな。
それで、デカイリングかチェーンの終了点の整備を
と思ったけど。
どうなのかな?

初登スタイルでは、終了点無しが正解だろうけど、
有った方が良い様に思うけど。

どうなんでしょ?
Commented by アイロン at 2013-10-22 17:48 x
こばやん

アンカーボルトって構造物に設置するボルトの総称では?
その中にケミカルタイプだったりグージョンタイプだったり
長さも形式も違うのが色いろあるのが私のイメージです。

レイバックのクラック上にあるなんちゃって終了点は
一つはペツルのロングライフ(たぶん)、もう一つは不明です。
RCCで無いことは確かです。

初登時の終了点はスラブの上のテラスに設置されてたらしいのです。
普通に考えれば後から勝手に足されたボルトは撤去して
元の終了点を残すのが正解だと思いますよ〜
Commented by you(動物写真家) at 2013-10-22 22:52 x

14日に小川レイバックに行きました。残置カラビナが摩耗していなかったのは、アイロンさんが交換したからでしたか。

小川レイバックのトップロープ用ボルトは、上側のボルトは手製です。緩んでいるのではなく、元々そういうものです。

JFAはフリークライミング黎明期の人たちがいるでしょう。その人たちがトップロープ用ボルトがなかったことを知っているはずです。撤去はもっと早くやるべきでした。いまさら撤去って、何だかなぁ~。

現在の小川レイバックは土砂が流れ込んで、80年代後半に比べて50センチくらい地面が高くなってます。多くの人が登り、岩が磨かれてフリクションが悪くなっています。
Commented by こばやん at 2013-10-23 00:11 x
ボルトは、そうだったっけ?
建築用のと混在してたかな?
アンカー用のは、長めのスタッドボルトのイメージでしたよ。
ま、ケミカルアンカー(グージョンタイプだっけ?)なら、
いいと思いますが。。。

今のポジションが、使いやすいポイントだと思うけど。
そこまで、撤去が必要かなぁ~
撤去すべきなら、もっと早く撤去していると思うけど、
いい感じなんで、ついつい・・・・と思いますが、
そんなに、今の終了点の位置は、拙いでしょうか?

初登スタイルと異なるから?
Commented by アイロン at 2013-10-23 20:48 x
youさん
あのボルトは手製なんですか、よくわからないな〜と思ってたんですよね。

TR用のなんちゃって終了点は抜かれてもすぐに打たれるって
いたちごっこを繰り返したようなので、岩のダメージを考えると・・・
そういう意味でミニマムボルトが浸透してきたタイミングで
外すのは手だと思いますがどうでしょう?

レイバックの土砂流れ、私はここ10年くらいしか知りませんが
確実に下地が上がってきてますよね。
この前は水の出口部分に石で堤作って
下地が上がるように細工してあったから
人為的になにかしらの細工がされてる可能性もありますね。

私は逆に掘り下げたいくらいなんですけどね〜www
Commented by アイロン at 2013-10-23 20:53 x
こばやん
ボルトに関してかなり混乱してるみたいだね。
ググれば色々と情報が出てくるからちゃんと調べるのをおすすめします。

終了点に関しては便利だからって勝手にルート途中に作るのはNGでしょ?
Commented by こばやん at 2013-10-27 22:35 x
う~ん、いまさら撤去するのも?
散々みんな利用したのなら、やっぱり、あのポイントでいいと思うんですよね。初登者の意見がどうかわからないのですが、あのポイントだから
沢山の人が親しめたルートになったと、思うと
原理主義的に撤去するのも、どうかなぁ~と思った次第です。

ボルトは、エクスパンションのでなく
エポキシ樹脂で埋まるグージョンタイプだっけ?
で、ボルト長を長めにとってくれれば安全だと思いますよ。
Commented by アイロン at 2013-10-28 22:03 x
こばやん
私はボルトが少ないほうがいいと思う。
便利だから打っていいなら岩場はボルトだらけに・・・

あとボルトの種類はかなり誤解があるみたいだから
ググるなり本読むなりで情報を集めたほうがいいよ〜
Commented by こばやん at 2013-10-29 23:31 x
原理的には、撤去が正しいけど、
すでに20年以上もあのポイントで利用されている事に
価値があるのでは?と考えている次第です。

現在の終了点からの上部の短いスラブも面白いですが、
レイバック自体を楽しむ為にトップロープを設置すると
現在のポイントは有効だな。と思います。
長年利用されてきた事にもそれなりに意義があるように
思えたものですから。

追伸。
撤去する場合は、1P目の終了点が、
トップロープの張りやすいポイントに
1P目終了点付近のテラスの
どこかに再設置してもらえればいいかなと思います。
1P目の終了点もかなり怪しいので。
Commented by アイロン at 2013-10-30 21:39 x
こばやん
間違ったことを長年続けてきたたから
それが今後も許されるという感覚は私にはありません。
過ちを改めるのに遅すぎることは無いと思っています。

ちなみに1P目の怪しい終了点はどこのことを言ってるのでしょう?
初登時の位置にあるものであればJFAによる(たぶんね)立派なボルトが付いてます。
それにトップロープの支点なんかカムで作れば十分でしょ?
Commented by こばやん at 2013-11-01 00:31 x
1P目は、かわったのね。おいらの時は、テラスの平面に
リングボルトがあったのみなんよ。
おいらは、初心者の時に、散々利用したから、
今更、間違いだから撤去って言えないなぁ~
by kunkung | 2013-10-18 21:40 | クライミング | Trackback | Comments(13)