テーピングの巻き方

クラックやってて「痛くないんですか?」とよく訊かれるけど
ジャムがズレなければ痛くないんですよ〜 って答えてます。
でもそれはテーピングしてる時限定ねw

って事でアイロン流テーピングの巻き方。
私も昔はかなり適当に巻いてたんだけど
初めて行った瑞浪の岩場で泣きを見てから色々研究したんです。

そしたらやっぱりしっかりテープ巻いたほうが登りやすいんですね〜
特に縁がぺろぺろ捲れるとジャムがずれてきて怖いし痛いしwww

色いろやり方はあるんだろうけどこのやり方が私のファイナルアンサー!


今のところねw


まずは横方向に2枚張ります。
c0173794_0351474.jpg

簡単なルートとかアップだけクラックの場合はこのまま登ることもあり。

ここからちょっと特殊なんだけど長めにテープを切って縦に裂きます。
c0173794_0355219.jpg

裂き方は写真くらいです。

そのテープを小指から縦方向に貼って裂いた部分を指に巻き付けます。
c0173794_0371251.jpg

巻いた部分の最終端は指と指の間に来るように巻くとはがれにくいです。
エッジをカバーするように外側の方を後に巻くこと良いです。

次は人差し指から斜めに貼ります。
c0173794_039720.jpg

最初に貼った横テープ(緑の点線)のカドの上を通過するように貼ります。
これで順手でジャムするときに剥がれやすい部分がカバーされます。

最後に親指から斜めにテープを貼ります。
c0173794_043259.jpg

ここでも横テープ(緑の点線)のカドをカバーするように貼ります。
こちら側は逆手のときに剥がれやすい部分ですね〜

フィストを使う時とか傾斜が強くて逆手を多用するときはここまで巻きますが
私は殆ど逆手ジャムを使わないのでこの段階抜かすことも多いです。

あとはに手首にアンカーを巻いて終了です。

ポイントは手を「グー」にしたり「パー」にしたりして
テープを巻く部分の皮が一番伸びる状態にして貼るところです。


最後にこの巻き方のメリットを箇条書してみましょう。

・テープを比較的薄く巻けるので細いクラックに入れやすい
・指の周りも比較的スッキリするのでホールドをつかむ時とかに指が不自然に開かない。
・同じ理由でスローパーでもゴワゴワしない
・構造的に手の甲などにシワが入りにくいので密着性が上がる
・テープの端をすべて抑えているから剥がれにくい

こんな感じでしょうかね〜♪
[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/19382050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バギー at 2013-02-24 11:20 x
早速アップしてくれてありがとうございます♪
これすごくわかりやすい!(^u^)
Commented by アイロン at 2013-02-26 22:04 x
バギーさん
やっとアップしました〜
忙しくて生活もアップアップwww
Commented by こばやん at 2013-02-27 22:31 x
おいらは、最初のテープは縦派です。(笑)
でも、親指の根元とかは、なかなか上手く貼れないですよね。
一杯一杯のルートで、グジグジやってる時って、
親指根元のふくらみの部分が摺れたり、弛んだりしますね。。。
Commented by アイロン at 2013-02-27 23:32 x
こばやん
テープの貼り方なんて慣れた方法があるならそれが一番でしょ。
親指の根本は可動範囲が広いから貼りにくいよね
そういう所は張らないのが一番!私はよく端折ってますwww
Commented by ngch at 2013-03-01 03:01 x
めからうろこー。
テープを裂いて指にまくのは考えた事なかったです。
今度試してみます!
Commented by アイロン at 2013-03-01 17:58 x
ngchさん
太いテープを2重にするとかさばるけど
このやり方だといいんですよね〜おすすめです♪
by kunkung | 2013-02-24 00:59 | クライミング・ギア | Trackback | Comments(6)