グランドフォール検証-4 その他

しつこく続くグランドフォール検証第四回目。
今回は可能性は低いけどカムが歩いて外れた以外の可能性の追求と
落下距離やグランド後の指示出しなどの考察です。

まずはカムが外れた原因考

1・吉田理論の応用
まずは吉田和正大先生ブログこのページを見ましょう。
ふむふむ、城ヶ崎みたいなパラレルクラックでも斜めから振られ落ちすると
カムが抜ける事例が多いのか〜

この考え方の応用で、私がムーブを探るために登ったりクライムダウンしたりを
繰り返しているときにカムがいつの間にか上を向いてしまった。

そこでフォールしたときにカムが反転してそのまま結晶を砕きながら
カムがはじけ飛んだ可能性があります。

ただ既に8m前後登っていてロープの伸びも十分にある状態で
カムがはじけ飛ぶようなショックが加わるのは考えにくいですよね〜
反転しただけでもはじけ飛ぶんかいな?


2・カムが最初から壊れてた
この日記でもカムが壊れた件を書いていますが
フォールによって壊れたのか最初から壊れていたのか・・・

少なくともバネが外れて引きがおかしい状態ならば
セットするときに気がつくので正常だったと思われます。

c0173794_1135198.jpg

でも新しいカムと比べてみるとわかるのですが
フォールしたカムは歯がハの字に開いてしまっています。
写真だと分かりにくいかな? カムの歯の右側が広がってます。

この症状は度重なるフォールトかドカ落ちで
カム軸が曲がり歯の平行が崩れてしまう状態です。

カムがフォールを止める原理を簡単に書くと
対数螺旋のカムが左右の壁を押し広げることで
壁の中にカムを押しとどめてくれるんですね。
詳しく知りたい人はキャメの取説でも読んでね〜

ポイントはフォールの方向とカムの回転軸が揃うところなんですが
ハの字に開いてたら明らかに揃わないですよね・・・

角度がどのくらいずれるとフォールを止める力が無くなるのかわかりませんが
少しでも角度が変わればベストな状況で無くなることは確かです。

で、何時からハの字に開いてる状態だったのかが問題になるのですが
おそらく今回ので突然曲がったわけではない気がします。

これだけが原因じゃないと思うけどカムが外れた一因にはなってるかも???


ビレイとその後
今回はビレイヤーの悪鬼とサポートしてくれたかねちんさんには感謝感謝なのですが
具体的にどのようなところに感謝してるかを記録しておきましょう。

感謝1・落下距離
私の体感で8mちょっと登った状態でフォールして5m弱の地点にあるカムでぶら下がる。
ランナウトは3.5mくらいでしょうかね? 
単純計算で 4.8-3.5=1.3m 
実際には斜上してるから余裕が1mあるかないかだと思われます。
スタティックロープでビンビンに張ってたとしても
足は地面についちゃいますよねw

実際にオンサイトトライで次の手を取る瞬間に落ちていることなどを考えると
ロープを張り気味にしておくなど考えられませんし
出だしで取ったカムでロープが屈曲していることを考えると
驚異的に少ない距離で止まっていると思います、感謝


感謝2・グランド後の指示出し
私の頭がぼんやりしている状態で悪鬼から指示が飛んでいるのが聞こえました。
体が動くか、かねちんさんをすぐに呼んで引っ張り上げる準備をするとか・・・

正確には覚えていませんが私がボケッとしているあいだに
かねちんさんが上に来て私を引っ張り上げてくれました。

私が最後にロアーダウンをするところで結びが甘かったのが
唯一の反省点ですがこのあたりは自己責任、
自分でマズイと思ったらお願いするくらいでいいのかもしれません。

今回のビレイ&サポートに関しては
慌てず騒がず必要なことを正確に行う、学ぶべきところが多かったです。

パートナーに恵まれて無事下山できて本当に感謝です、ありがとうございました!!!


今回は幸いにして大きな怪我もなく自力下山出来ましたが
一歩間違えばヘリが飛んでいてもおかしくない状況でした。

カム計画などこれから少しづつ良い方向に持って行きたいと思ってます。
これ読んだ人も事故起こさないように気をつけてね〜
[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/18380356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kunkung | 2012-08-25 12:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)