グランドフォール検証-2 カムセット

カムセットには自信があったのですがこの前のグランドフォールでボッキリ_| ̄|○
形ある物は壊れるしセットしたものは外れるのが通りなのでしょうか。。。

問題のセット・・・私のセットの記憶なので主観です。

セットした場所はダブルクラックの始まったすぐ上の左クラック。
ちょうどハンドサイズからフィンガーに変わったあたりの場所です。

セットは初め緑エイリアンを考えたのですが
使いやすいエイリアンを後に取っておこうと考えてc0.3に変更。

多少ガタガタしているもののほぼパラレルの場所を見つけてセット。
これは確実に止まると判断しました。


c0173794_12563986.jpg

フォール時に外れたc0.3の現在の姿です。
歯が1枚完全に開かなくなっています。

落ちた直後は歯は開くものの動きが渋く平行が崩れた状態だったのですが
カチャカチャ動かしていたらバネがパチンと外れた(折れた?)のか
そのまま開かなくなってしまいました。

ビレイヤーの証言ではほとんど衝撃無くカムが抜けたようなので
その程度の力で壊れてしまうなんてよほど変な方向に力がかかったのでしょうか?

c0173794_1332720.jpg

壊れた歯のアップを見てみると端の方に新しく付いたと思われる傷があります。
ただしこの程度の傷は普通のフォールでも付くものだし
カムが壊れるほどの力とは思えません。


カムをセットした方向は覚えていませんが
この傷が今回付いたものだと判断すると
傷の方向から考えて外歯を左、内歯を右にセットしたと思われます。

この仮定が正しいとしてクライマー側からカムの歯に番号を振って
ルーペで観察しながら比較的新しい傷位置をマーキングしたのが下図。

c0173794_21194710.jpg


1の歯
ベストな位置に傷が入ってます。

2の歯
壊れた歯でこの位置に傷が入るのはカムがかなり開いているはずです。
カム歯の背中側(なの?)にも傷が入ってます。

3の歯
この歯が疑問で、ベストな位置に結晶を潰したような深い傷があり
その傷は横にズレているような感じです。
またカムの歯が開ききる位置まで傷が点々と入ってます。
点々と入っている傷は浅めです。

c0173794_2242320.jpg

疑問が残る3の歯


4の歯
この歯は完全に開ききった状態でフォールしたようです。。。


ここまで観察すると容易に想像がつくのですが
クラックの奥のほうが広がっていてカムが歩いてしまったのでしょう。

3の歯が何故このような傷の付き方になったのかも含めて
その場面を追いながら想像してみましょう。


ハンドサイズをすっ飛ばしながら登ってきた私は
オフフィンガーセクションでストップ。

このオフフィンガー手前でカムを1本とろうと探りを入れて
バッチリ効くフィンガーにぶら下がりながらカムセット。

その時上記のとおりエイリアンを使おうと思ったのですがc0.3に変更。

カムをセットしたのは顔のほぼ目の前なのですが
上にフィンガージャムを決めてぶら下がった状態なので
当然クラックの中は真っ暗です。

光が届く範囲ではパラレルと思ったのですが
おそらくそこからさらに奥が広がっていたのでしょう。

そんなことは夢にも思わず指の感触と目視でパラレルと判断した私は
大安心のセットが出来たと思いオフフィンガーのムーブに集中しました。

ちょっと登ってオフフィンガーセクションを探っては
ハンドセクションにクライムダウンを繰り返して
その情報を元にムーブを考えて突っ込んだものの失敗してフォールします。

このオフフィンガーを探るための往復かでおそらくカムは歩いてしまい
4の歯が完全に効かない状態になってしまっていたのでしょう。

この状態でフォールしたので当然衝撃をカム3枚で支えることになります。
特に3の歯は相方の4の歯が効いていないので相当な力が加わります。

3の歯はおそらく結晶に引っかかって狭い部分に残っていたものの
フォールの衝撃で結晶を砕いてクラック奥の広がったところに
ズレてしまったのではないかと思うのです。

この時に荷重がかかった状態でカムが開いていくから
外周に沿って点々と傷が残り最終的には完全に開ききった状態になります。

この時点で衝撃を支えようとしてくれる歯は1と2だけになり
バランスを崩してカムが回転を始めてしまう。

回転の歪みでカムの並行が狂ったりバネが外れたりすると同時に
フォールの衝撃を支えきれずにそのままカムはスッポ抜ける。


考えられるシナリオとしてはこんな感じでしょうか?


つづく
[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/18334921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ngch at 2012-08-14 07:23 x
カムをセットしてテスティングする時に下には引いてもそれ以外の動きに関してはあまり注意を払う事は無いですよね。僕も先日下に引いて「効いてる」と思ってセットしたカムが、そこからさらに2mくらい上まで行ったときに、ロープに上向きに押されて簡単に抜けました。
スリングを足してロープがカムに干渉するのを押さえるのも、こうした危険を回避する手段の一つですよね。
Commented by こばやん at 2012-08-15 01:07 x
傷跡を見ると、せん断力がかかったように見えます。
結局、カムはある程度動いて衝撃を吸収するのが役割ですよね。
動いた先のクラックの形状で、たまたま、カムに
せん断力が働く形状部分に嵌まったという事でしょうか
・・・・。
カムがスポッ!と抜けたという事は、
その一瞬で、カムを破損する力が働いたので、
その可能性が高い気がします・・・・。。。。

しかし、そうなるとカムセットって・・・・。
Commented at 2012-08-15 08:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アイロン at 2012-08-15 16:07 x
ngchさん
私はスモールカムの場合セットした後多少上下に振ったりします。
あの時にどの程度チェックをしたかもう覚えていませんが
最低限のチェックはしてたと思うんです、でもカムは抜けている・・・

ヌンチャクの延長は有効ですよね、
このときはルートが直線的だったので考えなかったのですが
核心部で昇り降りをする場合は考えたほうが良さそうです。

固め取りと同時に技術の引き出しにしっかりと入れておきます♪
Commented by アイロン at 2012-08-15 16:18 x
こばやん
せん断力?  カム歯の動きに対して
斜めに力が加わってるのは間違いないと思うけど・・・

カムが歩いてステム方向が常に力の方向にかかるのは同意します。

でも今回はカムが歩く事によってたまたま外れたり壊れたのではなく
カムが歩いたら外れたり壊れるような場所にセットしてしまったが故の
必然だと思っています。

カムが抜けるのはよくあることだけど壊れるのは珍しいので
これからこのあたりも検証してみる予定です。
by kunkung | 2012-08-12 22:07 | クライミング | Trackback | Comments(5)