薪を担いで小川山 その2

凄い焚き火から明けて2日目

c0173794_11461374.jpg


6/24 小川山ボルダー

毎度のパターンでルートの後はボルダー、
今回はがまルートに行く途中にある林道ボルダーへ!

本当に沢になってる八幡沢をまたいで目的地に着くと・・・濡れてる
奥にも登れそうな岩があったけどすべてヌレヌレ(T_T)

しょうがないからビクターに転戦と思いきやそのまま左岸スラブへw

ひげたぬきさんご一行がいるのを知ってたから
ハーネスだけ荷物の中に忍ばせてたんですよね〜♪

アップでブラック&ホワイトのOSトライ。
皆さんが取るのを苦労している(らしい)ポケットに
ガバスタンスから届いて何の苦も無くOS、ごちそうさまです。

引き続きひげたぬきさんがご執心のアルピニスト@TR
簡単なスラブを登って核心部が2mくらい???
激しいハイステップが解決出来ればな〜
この時期だと絶望的に感じるけど条件が良くなればいけるのかな?

(秘密メモ)
左足はベタ足スメアシューズ、右足はエッジシューズが良さそう。
核心後は完全に立ち上がってから腰クリップ。

皆さんロープありがとう♪ 
アップを終了してそのままビクターへ

c0173794_11461343.jpg

limacのコンケーブは遠いカチ手前までは何の問題も無し。
そこからカチまで伸び切りの状態でもあと届かないから
何かしらムーブを考えないとですね〜

穴社員もそうだけどちびっ子には辛い課題です・・・

キャンプ場で昼飯を食べてからウィスキーボトル&くじら!

c0173794_11461598.jpg

穴社長は2手目の左ポケットすら止まらなくなってました。。。
核心でもなんでもないところなんだけどな〜弱し


なんだかんだで2日間クライミング&焚き火を満喫♪
お世話になった皆様ありがとうございました〜又遊びましょ\(^o^)/


記録
ブラック&ホワイト OS
アルピニスト TR テン山
ボルダー色々
[PR]
トラックバックURL : http://crazyjam.exblog.jp/tb/18155197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りゅうへい at 2012-06-27 23:32 x
いいですね、小川山、たき火に岩、近く行きたいと計画しております。
お会いできること楽しみにしてます。
Commented by kiyomi at 2012-06-28 00:51 x
あれ〜ニアミスでしたねえ!アルピニスト、先月お会いした次の日にやりました。私はtrですが、パートナーのおかちはリードトライしてました。すごい難しいですよね。よく似たのが御在所の中尾根バットレスにありますわ〜〜
Commented by アイロン at 2012-06-29 22:45 x
りゅうへいさん
焚き火もクライミングも楽しいですよ〜
ぜひ一緒にあそびましょう♪
Commented by アイロン at 2012-06-29 22:46 x
kihomiさん
あれ、やりましたか〜
条件で激変しそうなルートですよね〜
秋になれば花崗岩慣れした上に
岩も乾いてくるからもうちょっと可能性を感じるんでしょうか???
by kunkung | 2012-06-27 12:11 | クライミング | Trackback | Comments(4)